旅ランニング|シンガポール:乗り継ぎ4時間半でビーチラン

日本からインドのバンガロールに向かう途中、シンガポールのチャンギ国際空港で飛行機を乗り継ぎました。チャンギ国際空港では4時間半のトランジットがあります。空港で過ごすには長すぎますが、市内観光するには時間が足りません……。そこで空港と都心部の中間にある「イーストコーストパーク」でランニングすることにしました。園内には砂浜もあり、ビーチランを楽しめます。

目次と内容

5分刻みの計画

今回の乗り継ぎ時間は4時間半。あと1〜2時間あれば余裕のある計画が組めるのですが…。

  • シンガポール到着 15時25分
  • シンガポール出発 20時05分

まず絶対に変えられない条件として、シンガポールに到着してから出国するまでに30分はかかり、出発の2時間前にはチャンギ国際空港に戻る必要があること。

つまり、移動時間も含めて自由に使える時間はたったの2時間という計算になります。

そこでチャンギ国際空港〜イーストコースト公園の往復移動時間に1時間、イーストコースト公園でのランニングに1時間割り当てることにしました。

移動は、地下鉄(MRT)を使います。タクシーよりも地下鉄の方が渋滞に巻き込まれるリスクが少ないですし、運賃もずっと安いですからね。

チャンギ国際空港で荷物を預ける

定刻通りチャンギ国際空港に到着。

天気予報では降水確率が90%だったので、ランニングは諦めていましたが、到着した時は曇りでした。シンガポールではゲリラ豪雨のような「スコール」が突発的に降るので、天気予報は毎日が雨なんですね。

チャンギ空港は広いです。出国まで1キロほどの道のりを歩きました。ウォームアップにちょうど良い。

出国(Immigration)に到着。呆れるほどシンプルで、手続きを終えるのに5分もかかりませんでした。ただ「出発が20時なのに、オマエはなぜ出国するんだ?」と尋問されましたが。

出国ゲートを出てすぐに、有人の荷物預け場所「Left Baggage」があります。小型のスーツケース1個を24時間預けて、料金は300円ほどでした。コインロッカー並みの料金ですね。

着替えは不要。飛行機ではランニングウェアで過ごしていたので、そのまま走りに出かけられます。

メトロ(MRT)で移動

荷物預け場からチャンギ国際空港の地下鉄駅までは歩いて3分。ここから6駅、乗り換えなしでイーストコースパークに最も近い パヤ・レバー(Paya Lebar)駅へ向かいます。

チケットは自動販売機で購入。クレジットカードが使えるはずなんですが、ちゃんと認識してくれなくて現金を使うはめに。しかも両替で50ドル紙幣しか持っていなかったため、地下鉄の窓口で10ドル紙幣に両替してもらいました。思わぬタイムロスにちょっと焦り始めています。

地下鉄は、途中から地上を走ります。いつ雨が降ってもおかしくないような天気です。

リバーサイドラン

パヤ・レバー駅で下車してイーストコーストパークへ向かって走ります。幹線道路を走ると信号待ちが多いので、街中を流れるゲイラン川(Geylang River)沿いを走ることにしました。

カナル沿いには高級マンションが立ち並んでいます。ゲイラン川沿いは歩道が整備されていて、とても走りやすかったです。

イーストコーストパーク

走ること15分、ようやく目的地のイーストコーストパーク(East Coast Park)に到着しました。

自転車は左側、歩行者は右側を走ります。

レンタルサイクルもやっていました。公園に何か所かショップがあるので、乗り捨ても可能です。

喉が渇いたので売店で地元のスポーツドリンク「Sportade」を購入。アイス・ブルーベリーという変わった味でしたが、不味くはなかったです。

ずっとこんな感じで走りつづけます。それにしても、今にも雷が落ちて着そうな天気ですね。

園内にはトイレもあるので安心です。

しばらく走るとビーチエリアに到着しました!海沿いのビーチは、黄土色の硬めの砂なので走ることもできます。見てください、この景色。砂浜のすぐ近くを大型タンカーがビッシリと行き来しています。海運大国シンガポールならではの光景ですね。

こちらはアンバー・ビーチと呼ばれるエリア。南国とはいえ、さすがに11月に泳いでいる人は見かけませんでした。

メトロ(MRT)で移動

時間に余裕があれば、イーストコーストパークをずっと走りつづけてチャンギ空港へ戻ることも可能ですが、タイムリミットが近づいてきました。公園を出て、住宅街を走り抜けて地下鉄ケンバンガン(Kembangan)駅を目指します。

こちらがケンバンガン(Kembangan)駅。

チケットを購入してチャンギ空港行きの車両に飛び乗ります。

予定通り、出発の2時間前までにチャンギ国際空港に戻ってきました。預けた荷物を受け取り、出国手続きを済ませます。

チャンギ空港には有料のシャワールームがたくさんあり、700円ぐらいで利用できます。

おまけ

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。