シンガポール乗り継ぎ。4時間半で「入国→ビーチでランニング→出国」は可能か?

シンガポール乗り継ぎ。4時間半で「入国→ビーチでランニング→出国」は可能か?|ともらん


作成| 更新

日本からインドのバンガロールへ向かう途中、シンガポールのチャンギ国際空港で飛行機を乗り継ぎました。いわゆるトランジットというやつです。

チャンギ国際空港での待ち時間は4時間半。免税店でショッピングするには長すぎるし、シンガポールへ日帰り観光に出かけるには短すぎる、中途半端な時間です。

そこで思いついたのが「旅ラン」。要するに、走って旅(観光)すれば移動時間も短縮できて、4時間半でもなんとかなるんじゃないかと。

チャンギ国際空港の近くには、地元ランナーに人気の「イーストコースト公園」があります。砂浜もあって、巨大タンカーが行き来する様子を眺めながら、ビーチでランニングが楽しめます。シミュレーションをしてみると、ギリギリなんとかなりそうです。

あとは実行するのみ!ということで、わずか4時間半でシンガポールに入国し、イーストコースト公園のビーチでランニングして、再びチャンギ国際空港へ。果たして、無事に出国できるのか?

5分刻みの計画

今回の乗り継ぎ時間は4時間半。あと1〜2時間あれば余裕のある計画が組めるのですが…。

  • シンガポール到着 15時25分
  • シンガポール出発 20時05分

まず絶対に変えられない条件として、シンガポールに到着してから出国するまでに30分はかかり、出発の2時間前にはチャンギ国際空港に戻る必要があること。つまり、移動時間も含めて自由に使える時間はたったの2時間という計算になります。

そこでチャンギ国際空港〜イーストコースト公園の往復移動時間に1時間、イーストコースト公園でのランニングに1時間割り当てることにしました。

移動は、地下鉄(MRT)を使います。タクシーよりも地下鉄の方が渋滞に巻き込まれるリスクが少ないですし、運賃もずっと安いですからね。

チャンギ国際空港で荷物を預ける

定刻通りチャンギ国際空港に到着。

天気予報では降水確率が90%だったので、ランニングは諦めていましたが、到着した時は曇りでした。シンガポールではゲリラ豪雨のような「スコール」が突発的に降るので、天気予報は毎日が雨なんですね。

チャンギ空港は広い!出国まで1キロほどの道のりを歩きました。ウォームアップにちょうど良い!

出国(Immigration)に到着。呆れるほどシンプルで、手続きを終えるのに5分もかかりませんでした。ただ「出発が20時なのに、オマエはなぜ出国するんだ?」と尋問されましたが。

出国ゲートを出てすぐに、有人の荷物預け場所「Left Baggage」があります。小型のスーツケース1個を24時間預けて、料金は300円ほどでした。コインロッカー並みの料金ですね。

着替えは不要。日本を出発するときにアウトドア(ランニング)ウェアを着ていたので。

最近のアウトドアウェアはファッション性・機能性が優れているので、飛行機に乗っていても違和感ないですし、何よりもパジャマ並みにリラックスできます。ぼくは長時間フライトの時は必ずアウトドアウェアを着るようにしています

メトロ(MRT)で移動

荷物預け場からチャンギ国際空港の地下鉄駅までは歩いて3分。ここから6駅、乗り換えなしでイーストコースパークに最も近い Paya Lebar駅へ向かいます。

チケットは自動販売機で購入。クレジットカードが使えるはずなんですが、ちゃんと認識してくれなくて現金を使うはめに。しかも両替で50ドル紙幣しか持っていなかったため、地下鉄の窓口で10ドル紙幣に両替してもらいました。思わぬタイムロスにちょっと焦り始めています。

地下鉄は、途中から地上を走ります。いつ雨が降ってもおかしくないような天気です。

リバーサイドラン

地下鉄 Paya Lebar駅で下車してイーストコーストパークへ向かって走ります。幹線道路を走ると信号待ちが多いので、街中を流れるゲイラン川(Geylang River)沿いを走ることにしました。

この辺りは東京でいうところの「天王洲アイル」ですね。カナル沿い高級マンションが立ち並んでいます。ゲイラン川沿いは歩道が整備されていて、とても走りやすかったです。

イーストコースト公園

Paya Lebar駅から走ること15分、ようやく目的地のイーストコーストパークに到着しました。

自転車は左側、歩行者は右側を走ります。

レンタルサイクルもやっていました。公園に何か所かショップがあるので、乗り捨ても可能です。

喉が渇いたので売店で地元のスポーツドリンク「Sportade」を購入。アイス・ブルーベリーという変わった味でしたが、不味くはなかったです。

ずっとこんな感じで走りつづけます。それにしても、今にも雷が落ちて着そうな天気ですね。

園内にはトイレもあるので安心です。

しばらく走るとビーチエリアに到着しました!海沿いのビーチは、黄土色の硬めの砂なので走ることもできます。見てください、この景色。砂浜のすぐ近くを大型タンカーがビッシリと行き来しています。海運大国シンガポールならではの光景ですね。

こちらはアンバー・ビーチと呼ばれるエリア。南国とはいえ、さすがに11月に泳いでいる人は見かけませんでした。

メトロ(MRT)で移動

時間に余裕があれば、イーストコーストパークをずっと走りつづけてチャンギ空港へ戻ることも可能ですが、タイムリミットが近づいてきました。公園を出て、住宅街を走り抜けて地下鉄Kembangan駅を目指します。

そしてようやくKembangan駅に到着しました。

チケットを購入してチャンギ空港行きの車両に飛び乗ります。

予定通り、出発の2時間前までにチャンギ国際空港に戻ってきました。預けた荷物を受け取り、出国手続きを済ませます。

チャンギ空港には有料のシャワールームがたくさんあり、700円ぐらいで利用できます。

結論

ということで、4時間半で「入国→ビーチでランニング→出国」は可能でした。あと1〜2時間長ければ、もっと余裕を持って走れたんですけどね。

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。