どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

シンガポール出張中、空き時間を見つけて地元の人気ランニングスポットを走っています。

ランニングに欠かせないのがスポーツドリンク。日本だとポカリスエットやアクエリアス、ヴァームなどがメジャーですが、シンガポールにはシンガポールならではのスポーツドリンクがあります。

「郷に入れば郷に従え」の教えどおり、シンガポール滞在中はできるだけ多くのスポーツドリンクを試してみました!

100PLUS(100プラス)

100PLUSはシンガポールの Fraser & Neave Limited社が出しているスポーツドリンク。シンガポールではスポーツドリンクのトップシェアブランド。毎年12月に開催される「シンガポールマラソン」のオフィシャルドリンクにも採用されています。シンガポール以外ではマレーシア、タイ、ミャンマーをはじめ東南アジアで人気を博しています。

炭酸入りの「100PLUS」と炭酸なしの「100PLUS ACTIVE」の 2種類あり、ランニングには「100PLUS ACTIVE」がおすすめ。甘さが控えめで喉の渇きを潤してくれます。日本のスポーツドリンクに例えると、キリン・ラブスポーツに近い味ですね。

電解質、炭水化物に加えてビタミンB(B3, B6 & B12)も含まれているので体調を整えてくれます。

炭酸入りの「100PLUS」も飲んでみましたが、こちらはレッドブルを3倍の水で薄めたような味。正直、美味しくありません…。

LUCOZADE(ルコゼード)

シンガポールにもありました、ルコゼード。1927年にイギリスのニューキャッスルで設立され、90年経った今でも全英シェア 60%超を誇る人気のスポーツドリンクです。元英国領のシンガポールだからこそ「UK No.1」のキャッチコピーは響くのでしょうね。

ルコゼードのオリジナル版は炭酸入りですが、ルコゼード スポーツは炭酸なしのスポーツ仕様。甘みがとても強く、日本のスポーツドリンクに例えるとポカリスエットに近い味です。

SPORTADE(スポーテード)

シンガポールの Field Catering & Supplies社が出しているスポーツドリンク。アメリカで人気のスポーツドリンク「ゲータレード」や「パワーレード」に似た名前ですが、資本関係はないようです。

甘みは控えめ。砂糖水を薄くしたような味で、日本のスポーツドリンクにはないタイプだと思います。

番外編

厳密にはスポーツドリンクではありませんが、スポーツドリンク代わりに飲めるシンガポールならではのドリンクも紹介します。

まずは定番の「スイカジュース」です。スイカの旨味と甘みをギュゥ〜と凝縮した究極のフルーツジュース!

そしてこちらが、南国ならではの「ココナツジュース」です!甘すぎず、ゴクゴク飲めちゃいます。

さいごに、余談ですが

これらのスポーツドリンクは、すべて現地のセブンイレブンで購入できます!あ、そういえばポカリスエットも売ってましたよ。

この記事を読んで走りたくなったら

シンガポールのスポーツドリンク飲み比べ」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!