シンガポールのスポーツドリンク3種比較。おすすめは「100PLUS」

シンガポール滞在中に現地のコンビニ・スーパーで買ったスポーツドリンクを3つ紹介する。シンガポールは街の至る所でセブンイレブンを見かけた。

モルテンドリンク

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

100PLUS(100プラス)

xxxx

100PLUSはシンガポールの Fraser & Neave Limited社が出しているスポーツドリンク。シンガポールではスポーツドリンクのトップシェアブランドだ。

毎年12月に開催される「シンガポールマラソン」のオフィシャルドリンクにも採用されている。シンガポール以外ではマレーシア、タイ、ミャンマーをはじめ東南アジアで人気らしい。

炭酸入りの「100PLUS」と炭酸なしの「100PLUS ACTIVE」の2種類あり、ランニングには「100PLUS ACTIVE」がおすすめ。甘さが控えめで喉の渇きを潤してくれる。日本のスポーツドリンクに例えると「キリン・ラブスポーツ」に近い味。電解質、炭水化物に加えてビタミンB(B3, B6 & B12)も含まれているので体調を整えてくれる。

炭酸入りの「100PLUS」も飲んでみたが、こちらはレッドブルを3倍の水で薄めたような味。正直、美味しくない。

xxxx

LUCOZADE(ルコゼード)

xxxx

さすが旧英国領。全英シェア60%を誇るスポーツドリンクの「LUCOZADE」を発見。パッケージに「UK No.1」と書かれているが、やはり旧英国領のシンガポールだと「全英No.1」はキャッチコピーとして響くのだろうか。

ルコゼードのオリジナル版は炭酸入りだが、こちらは炭酸なしスポーツ仕様の「LUCOZADE SPORTS」。甘みがとても強く、日本のスポーツドリンクに例えるとポカリスエットに近い味だった。

SPORTADE(スポーテード)

xxxx

シンガポールの Field Catering & Supplies社が出しているスポーツドリンク。アメリカで人気のスポーツドリンク「ゲータレード」や「パワーレード」に似た名前ですが、資本関係はない。

甘みは控えめ。砂糖水を薄くしたような味で、日本のスポーツドリンクにはないタイプ。

まとめ

以上、シンガポール滞在中に僕が現地のコンビニ・スーパーで見つけたスポーツドリンクを3つ紹介した。個人的におすすめなのは、甘さ控えめの「100PLUS」。

xxxx

番外編

シンガポールでは定番の飲み物である「スイカジュース」も紹介しておきたい。スイカの旨味と甘みをギュゥ〜と凝縮した究極のフルーツジュース。

xxxx

こちらは南国ならではの「ココナツジュース」。甘すぎず、ゴクゴク飲める。

xxxx

モルテンドリンク