円谷幸吉メモリアルマラソン遠征記:結果は1時間23秒57秒(2018年/ハーフ)

2018年10月21日に福島県須賀川市で開催された「円谷幸吉メモリアルマラソン」を走ってきた。種目はハーフマラソン。

孤高のランナー 円谷幸吉物語

円谷幸吉というランナーについて知りたいなら、青山一郎さんの著書『孤高のランナー 円谷幸吉物語』がおすすめだ。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「円谷幸吉メモリアルマラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年10月に福島県須賀川市で開催
  • 種目はハーフマラソン・10km・5km・親子ランなど
  • 地元中学校の新人ロードレースも兼ねる

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

福島県須賀川市で開催

須賀川市は、福島県の中部、郡山市の南側に位置する。

円谷幸吉の故郷

大会名にある円谷幸吉は、1964年の東京五輪の男子マラソンで銅メダリストを獲得した選手。生まれも育ちも須賀川市。

以前、青山一郎さんの『孤高のランナー 円谷幸吉物語』を読んで円谷幸吉というランナーに興味を持ち、参加してみようという気持ちになった。

遠征日程

今回は東北新幹線を利用して、レース当日に現地入りした。大宮発の始発に乗って福島を目指す。

スタートライン

「円谷幸吉メモリアルマラソン」の会場は、須賀川アリーナに設置される。最寄駅の須賀川駅からは、大会専用のシャトルバスが運行する。会場までの所要時間は15分ほど。

会場では、ナンバーカードを見せて参加記念Tシャツを受け取る。

参加記念Tシャツ

更衣室やトイレやは須賀川アリーナ内にある。荷物預け入れもできるが、100円コインロッカーがたくさんあるので、ぼくはそちらを利用した。使用後に100円が戻ってくる。

100円コインロッカー

円谷幸吉メモリアルホール

受付エリアの近くに「円谷幸吉メモリアルホール」がありました。小さな博物館だが、円谷幸吉さんのランニングシューズや五輪メダルが展示されている。

円谷幸吉メモリアルホール

釈迦堂川でウォームアップ

スタートまで1時間ほどあったので、近くの釈迦堂川でウォームアップしてきた。

釈迦堂川でウォームアップ

コース攻略

「円谷幸吉メモリアルマラソン」のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは「須賀川アリーナ」
  • 高低差30~40mの坂が幾度もあるアップダウンの多いコース

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

スタート〜6km

9時半にハーフマラソンの部がスタート。スタートブロックは目標タイム別に分かれているが、自己申告制。

スタート直後は渋滞を避けながら4:00/kmのペースで巡航。最初の3kmは息がまったく乱れず順調に進んでいく。「翠ヶ丘公園」が見えてくると、なだらかな下り坂が始まる。

「翠ヶ丘公園」付近の下り坂

調子が良いので、3:50/kmまでペースアップ。5kmあたりで「円谷幸吉の生家」を通過した。

「翠ヶ丘公園」付近の下り坂

6km〜12km

6kmあたりで 10kmの部と分岐する。7kmから片道二車線の国道118号の直線コースを走る。

国道118号へ

9kmあたりでアップダウンの多い国道63号へ。阿武隈(あぶくま)川を越えた後の上り坂はキツかった。

国道63号の上り坂

12kmでようやく折り返し地点に到達。

ハーフ折り返し地点

12km〜17km

14kmあたりで阿武隈川を再び通過。

コースから見た阿武隈川

16kmあたりが一番ツラかった。アップダウンの疲れがジワジワと体を蝕んでいく。それでもこのまま4:00/kmのペースを維持できれば、自己ベストも射程範囲内。最後まで諦めずに走ろうと決意した。

17km〜ゴール

ラスト4kmは高低差30mほどの下り坂です。ここまで来れば、あとは気合いで走り切れる。19kmあたりの住宅地で「TSUBURAYA MEMORIAL MARATHON」の横断幕を通過。

ラスト3km

ラスト2kmは須賀川のメインストリートを駆け抜ける。「ウルトラマン通り」とも呼ばれるこの道には、道路の両脇にウルトラマンのキャラクターが立っている。以下はレース後に撮影した写真。

ウルトラマン通り

再び須賀川アリーナに戻り、ゴール。

円谷幸吉メモリアルマラソンのゴール

ゴールの後で

「円谷幸吉メモリアルマラソン」の完走タイムは、ネットで1時間23秒57秒、グロスで1時間24分1秒だった。

今回は4:00/kmペースで始まり、前半はペースアップして攻めの走りを心がけた。予想以上にアップダウンがキツく、16kmあたりで心が折れかけたが、ラスト5kmはペースを持ち直してゴール。ハーフの自己ベストを更新することができた。

記念撮影

ゴール前で記念撮影。 ゴール前で記念撮影

本日の戦利品

記録証は即日発行。総合順位は26位だった。

円谷幸吉メモリアルマラソンの記録証

ご当地グルメ

スポーツドリンクを飲みながら須賀川アリーナへ向かうと「お饅頭」と「なめこ汁」が振舞われていました。疲れた時の味噌汁は最高。

お饅頭 なめこ汁

シャトルバスで須賀川駅へ

更衣室で着替えた後は、シャトルバスで須賀川駅へ向かう。

シャトル乗り場

15分ほどで須賀川駅に到着した。しかし郡山駅行きの電車が1時間に1本しかなく、次の電車まで40分以上も待つことになる。

須賀川駅の改札口

ウルトラマン通りへ

ただボーッとしているのはもったいないので、須賀川駅から徒歩10分の「ウルトラマン通り」まで走りに行ってきた。

郡山で入浴

郡山では、新幹線に乗る前に「郡山湯処 まねきの湯」で疲れを癒してきた。

郡山湯処 まねきの湯

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

孤高のランナー 円谷幸吉物語

円谷幸吉というランナーについて知りたいなら、青山一郎さんの著書『孤高のランナー 円谷幸吉物語』がおすすめだ。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >