旅ランニング|須賀川ウルトラマン通り:全13体のキャラクターを制覇

福島県

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

福島県須賀川市の商店街に突如として現れる「ウルトラマン通り」を旅ランしてきたので紹介します。

須賀川市はウルトラマンの故郷であるM78星雲と姉妹都市提携を結んでおり、ウルトラマン通りには13体のキャラクター像が建っています。

JR須賀川駅から走れば30分、歩けば1時間半で往復できるので、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

目次と内容

アクセス

ウルトラマン通り(正式名称:松明通り)は、福島県須賀川市の中心地にある商店街の愛称です。

JR須賀川駅から走って5分でアクセスでき、歩道沿いにはウルトラマンのキャラクター像が13体も拝めます。

Googleマップで検索する時は「ウルトラマンタロウ モニュメント」で探しましょう。

今回は「円谷幸吉メモリアルマラソン」を完走した後に、ウルトラマン通りに寄り道して走りながら13体のキャラクター像を「コンプリート」してきました。

JR須賀川駅から往復するのに30分もかかりませんでしたよ。

須賀川はウルトラマンの街

そもそも、なぜ須賀川市の真ん中にウルトラマン通りがあるのでしょうか?

実は、福島県須賀川市はウルトラマンの生みの親である円谷英二氏の故郷なのです。

そんな円谷氏の故郷からウルトラマンの魅力を発信すべく、須賀川市はウルトラマンの故郷であるM78星雲と姉妹都市提携を結んでいます。

JR須賀川駅のホームには、「須賀川市は M78星雲 光の国と姉妹都市になりました」の看板がデカデカと掲げてあります。

JR須賀川駅のホームにて

駅前の広場には、ややデフォルメされたウルトラマン像が立っていました。後ろに見える建物は、須賀川駅の駅舎です。

ウルトラマン像

須賀川駅前から緩やかな上り坂を進み、釈迦堂川を渡った先に、ひとつ目のウルトラマン像があります。進行方向右手にある「岩瀬病院」が目印です。

それでは、13体すべてのキャラクターを紹介していきます。

13体のキャラクター像

こちらは現地で見つけた案内マップです。これを見れば詳しい配置場所が分かります。

ウルトラマン像のマップ

1. ウルトラマンタロウ

ウルトラマンタロウ

2. ウルトラマンエース

ウルトラマンエース

3. ウルトラの母

ウルトラの母

4. ゼットン

ゼットン

5. ゾフィー

ゾフィー

6. 宇宙大怪獣ベムスター

宇宙大怪獣ベムスター

7. ウルトラマンジャック

ウルトラマンジャック

8. ウルトラセブン

ウルトラセブン

9. 宇宙怪獣エレキング

宇宙怪獣エレキング

10. 古代怪獣ゴモラ

古代怪獣ゴモラ

11. 友好珍獣ピグモン

友好珍獣ピグモン

12. コイン怪獣カネゴン

コイン怪獣カネゴン

13. ウルトラマン

ウルトラマン

というわけで「ウルトラマン通り」にある全13体のキャラクター像をコンプリート(制覇)そてきました。

それにしても、何の事前情報なしに商店街でこんなものを見かけたら誰でも驚きますよね。実は「tomo」も「円谷幸吉メモリアルマラソン」のレース終盤でここを通り、「えっ?!」となりました。

おまけ

関連記事

#福島県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。