tomo.run

「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」レビュー

「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」レビュー

ユニクロの定番ジョギングパンツ「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」を紹介します。

素早く汗や水分を乾かすドライ機能、スマホや小物などが収納できるポケット、ウエストのフィット感を調整できるドローコードなど、ジョギングパンツに求められる機能がすべて揃って1枚1990円は衝撃的です。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

ユニクロのランニングパンツ

今回紹介するユニクロの「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」の特徴は以下のとおり。

  • 速乾性に優れたジョギング用ロングパンツ
  • ポケットが左右に2個。ジッパー付きポケットが1個
  • ドローコード(紐)でウエスト調整が可能
  • デザイン性に優れた杢カラーを採用
  • 定価は税込1,990円

最大の特徴は1,990円の価格。

素早く汗や水分を乾かすドライ機能、スマホや小物などが収納できるポケット、ウエストのフィット感を調整できるドローコードなど、ジョギングパンツに求められる機能がすべて揃ってこの価格は驚きです。

例えば、パタゴニアの「テルボンヌ・ジョガーズ」はお気に入りのジョギングパンツのひとつですが、定価が12,100円もします。

履き心地や機能面では「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」よりも優れていますが、価格と同じ分だけ「6倍」も優れているかと問われると、そんなことはありません。

1990円で高コスパ

それでは「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」を詳しく見ていきましょう。

第一印象は、何というか「暑苦しくない」。見ただけで薄手の生地であることが分かりますし、速乾性に優れたユニクロのスポーツウェアらしい素材です。

さらに「杢カラー」という2色の糸を織り交ぜているので、近くで見ると単一カラーのジョギングパンツにありがちな野暮ったさがありません。とてもオシャレですね。

ウエストは伸縮素材が使われており、胴回りにぴたりとフィットします。ドローコードも付いているので、キュッと結んで固定することも可能です。

ポケットは左右に2箇所。結構深さがあるので、スマートフォンを入れても飛び出す心配はありません。

さらに右ポケットの内側には、ジッパー付きポケットがもうひとつあります。財布や鍵などの貴重品を入れるのに便利ですし、かなりの収納スペースなのでスマートフォンもすっぽり入ります。

足首にも注目してほしいですね。しっかり作り込まれているので、ランニング中でも安定します。

履いてみた感想

ここからは、実際に「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」を着用して気づいた点をまとめます。

ポケットは微妙

左右ポケット+ジッパー付きポケットは文句なしの収納力ですが、スマートフォンなど重量のあるものを入れて走ると、ポケットの中でピョンピョン跳ねます。飛び出す心配はありませんが、跳ねるのは気になります。

あまり伸び縮みしない

スポーツメーカーの高性能ジョギングパンツとの違いはここ。伸縮性が低いので、ストライドが大きくなるにつれてジョギングパンツが動作の邪魔になります。

ちょっとした違いではありますが、何千、何万回も同じ動作を繰り返すランニングでは大きな違いとなる。ただしスロージョギングなら問題ありません。

快適サラサラ

さすがユニクロのスポーツウェア。汗はしっかり吸収してくれますし、すぐに乾きます。長時間のランニングでも快適サラサラ。

足首周りが安定する

地味に気に入っているのが足首の部分。キュッと締め付けるわけでもなく、ヒラヒラと舞うわけでもない。シュッと落ち着くのでランニング中は快適ですし、立ち止まった時のシルエットが美しいと思います。

おまけ

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。