ともらん

徹底レビュー|ユニクロ ドライEX クルーネックT

ユニクロのスポーツTシャツをランニングで使ってみた。速乾性能は期待したほどではないが、後ろ半分にメッシュ素材を採用し通気性は抜群。普段着としても使いたい。

目次と内容

ドライEX クルーネックTとは?

「ドライEX」は、ユニクロと東レが共同開発した高機能速乾素材の名称。汗をかいてもすぐに乾くので、運動時でも快適な状態が長続きする。

ドライEXに使用される生地は、肌から素早く汗を吸収し、生地の表面に広く拡散させることにより優れた速乾性を発揮します。これにより、汗による肌面のべたつきを防止することができます。汗による不快感を軽減、軽量でさらりとした着心地で競技中のパフォーマンスをサポートします。ーー東レ公式サイト

例えば夏のランニングをイメージしてみよう。炎天下で走ると汗が滝のようにながれ、シャツがびっしょり濡れる。これは汗を吸収するスピードが発散させるスピードよりも速いためだ。

「ドライEX」は汗の発散させるスピードを速めることで、シャツがびしょ濡れになるのを防いでくれる。

今回購入した「ドライEX クルーネックT」は、この素材の特性を最大限に生かしたユニクロのスポーツTシャツだ。

1枚1500円の高機能Tシャツ

「ドライEX クルーネックT」の特徴は以下のとおり。

  • 速乾性に優れたスポーツTシャツ
  • 通気性に優れたメッシュ素材を後ろ半分に編み込んでいる
  • 定価は税込1500円

魅力:通気性抜群

前と後ろで生地の編み方が異なり、後ろ半分はメッシュ状になっているのが特徴。運動時に体温が上昇しても熱がこもらず、背中から熱をどんどん逃してくれる。

おかげで炎天下でランニングしていても体感温度が2〜3℃低く感じる。

欠点:速乾性能はイマイチ

肝心の「ドライEX」の速乾性能は期待していたほど凄くはなかった。炎天下で1時間ほどランニングすると前面は汗でびっしょり濡れた。背面は通気性の良いメッシュ素材なので濡れにくい。

デザインとスペック

それでは「ドライEX クルーネックT」を詳しく見ていこう。

シルエット

シンプルで飽きないデザイン。製品カテゴリではユニクロのスポーツ向けシリーズ「スポーツユーティリティウェア」だが、普段着のTシャツとしても違和感なく使える。

丈夫な作り

首周りと前面は生地にやや厚みがあり、カラダのラインが目立ち過ぎない。だからこそ、普段着としても使えるわけだ。

メッシュ素材

背面にはメッシュ素材を採用。宙にかざすと反対側が透けて見えるのが分かる。

汗をかきやすいワキの下にもメッシュ素材を配置し、通気性を高めている。

前面と背面は編み地を変化することで一体化させている。上の写真は左側が前面、右側が背面。間に継ぎ目がなく、途中から編み方が変わっているのが分かる。

さらに拡大した写真。継ぎ目がないため、激しい運動で長時間使用しても肌を傷める心配もない。

まとめ:夏のランニングにおすすめ

僕は普段、ランニング用のTシャツを買う機会がない。というのも、マラソン大会に出場すると参加記念としてTシャツをもらうので、毎年10枚前後のランニングTシャツがコレクションに加わる。

なので、そもそもお金を出して買う必要がないのだ。

とはいえ、参加記念でもらうTシャツは必ずしも通気性や速乾性が高くはない。春や秋など比較的涼しいシーズンなら問題ないが、夏の暑い時期だと通気性や速乾性はパフォーマンスに直結する。

そこで今回「ドライEX クルーネックT」を買ってみたわけだが、通気性の高さは申し分なく、体感温度が2〜3℃低く感じられた。

一方で、速乾性能は期待したほどはなく、炎天下でのランニングでは汗で濡れることは避けられないようだ。

それでも1枚1500円で涼しさを感じられるランニングTシャツが手に入るなら安いものだ。

今回は、ユニクロの人気ハーフパンツ「ウルトラストレッチ アクティブ ショートパンツ」とセットで購入した。上下合わせて3,490円。コスパ最高。

意外だったのは妻のコメント。新しいランニングTシャツを買ったよと言って見せたら「普段着でもいいんじゃない」とのこと。

ランニングウェアとしてだけでなく、夏の普段着としても活用していきたい。

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

「Tシャツ」に関する記事一覧

「ユニクロ」に関する記事一覧