「Apple Watch Series 6」はランニングウォッチとして使える?性能を徹底検証

2020年9月に発売された「Apple Watch Series 6」は、ランニングウォッチとしての基本的な性能を備えている。汗や水しぶきへの耐水性能、走行距離やペースを正確に捉えるGPSセンサー、心拍数度を計測する光学式心拍センサーなど。Garminウォッチと比較しながら、ランニングウォッチとしての使い勝手を紹介したい。

ランニングアプリ

Apple Watch Series 6は、ネイティブアプリの「ワークアウト」でランニングのアクティビティが簡単に計測できる。また「Nike Run Club」や「Runkeeper」や「Strava」などのランニングアプリにも対応しており、お気に入りのアプリを起動して直接計測することも可能。

防水・耐水性能

Apple Watch Series 6は、防水性能はないが、耐水性能はある。本体はプールや海で泳ぐアクティビティで使用できる50メートルの耐水性能(ISO規格22810:2010)を備えており、ランニングで使用する分にはまったく問題ない。汗で濡れたらサッと拭けば良いし、水道水でジャブジャブ水洗いしても良い。

ウォッチバンドは防水・耐水性能のモデルを選ぶ必要がある。僕は「スポーツバンド」を選んだ。耐久性に優れて肌触りが良く、ランニング中でもズレないのが気に入っている。

GPS位置情報の計測

結論からいうと、Apple Watch Series 6のGPS位置情報の精度は高い。実際に装着して、1周3000mのランニングコースで走行距離を計測してみたところ、Apple Watch Series 6は3.04km、Garmin fenix 6は3.07kmという結果が出た。市民ランナーが使う分には誤差の範囲と言える。

ただし位置情報を細かく比較すると、スタート・ゴールの捕捉や直進走行時の計測はGarmin fenix 6Xの方が精度が高いのが分かる。

ペースの計測

平均ペースで見ると、Apple Watch Series 6は4:58/km、Garmin fenix 6は4:55/kmと大差ない。しかし瞬間ペースだと、Apple Watch Series 6のペース計測はかなり大雑把でGarmin fenix 6Xに劣ることが見て取れる。例えば最高ペースはApple Watchは4:28/kmであるのに対し、Garminは3:27/kmだ。

心拍数度の計測

心拍数度については、Apple Watch Series 6の計測精度はGarmin fenix 6Xと遜色ない。3000mのランニングで心拍数度を計測してみたところ、Apple Watch Series 6は145(最小104〜最高155)、Garmin fenix 6Xは143(最小91〜最大157)だった。

血中酸素濃度の計測

すでに「Apple Watch Series 5」を持っている僕が「Apple Watch Series 6」に買い替えようと思った理由。それは、新しく搭載されたセンサーにより「血中酸素濃度」が計測できるようになったから。

血中酸素濃度は、身体がどれだけ酸素を取り込んでいるかを知ることができ、健康状態を把握するための大切なバロメーターである。現時点ではApple Watch専用の「血中酸素ウェルネス App」を使って計測し、「ヘルスケア」アプリで確認できる。

ランニングアプリでの活用シーンはまだないが、今後の展開に期待したい。

Apple Watch Series 6は、42,800円(税別)から購入できます。

Apple Watch Series 6

前モデルのApple Watch Series 5のレビューはこちら。

今回比較したGarminウォッチの「fenix 6X」のレビューはこちら。