tomo.run

「Apple Watch Series 6」レビュー:GPS精度はGarminと互角

「Apple Watch Series 6」レビュー:GPS精度はGarminと互角

Apple Watchはランニングウォッチとして使えるのか?2020年9月に発売された「Series 6」を使って検証します。

汗や水しぶきへの耐水性能、走行距離やペースを正確に捉えるGPSセンサー、心拍数度を計測する光学式心拍センサーなど、ランニングウォッチに必要な機能は備えています。

Garminと比較しても、GPS精度は遜色ないレベルでした。

ワークアウト機能などシリアスランナーが求める機能はありませんが、ランニングアクティビティを正確に記録する目的は果たせます。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

ランニングアプリ

Apple Watch Series 6は、ネイティブアプリの「ワークアウト」でランニングのアクティビティが簡単に計測できます。

また「Nike Run Club」や「Runkeeper」や「Strava」など、サードパーティーのランニングアプリにも対応しており、お気に入りのアプリを起動して直接計測することも可能です。

防水・耐水性能

Apple Watch Series 6は、防水仕様ではありませんが、耐水性能はあります。

ランニングで使用する分にはまったく問題ないと言ってよいでしょう。

汗で濡れたらサッと拭けば良いですし、水道水でジャブジャブ水洗いしてもできます。

ウォッチバンドは「スポーツバンド」を選ぶと、耐久性に優れて肌触りが良く、ランニング中でもズレなく、ガシガシ使えます。

GPS位置情報の計測

結論からいうと、Apple Watch Series 6のGPS位置情報の精度は高く、Garminと遜色ないといえます。

実際に装着して、1周3000mのランニングコースで走行距離を計測してみたところ、Apple Watch Series 6は3.04km、Garmin fenix 6は3.07kmという結果が出ました。市民ランナーが使う分には誤差の範囲です。

ただし位置情報を細かく比較すると、スタート・ゴールの捕捉や直進走行時の計測はGarmin fenix 6Xの方が精度が高いのが分かります。

ペースの計測

平均ペースで見ると、Apple Watch Series 6は4:58/km、Garmin fenix 6は4:55/kmと大差ない。しかし瞬間ペースだと、Apple Watch Series 6のペース計測はかなり大雑把でGarminに劣ることが見て取れました。

例えば最速ペースはApple Watchは4:28/kmであるのに対し、Garminは3:27/kmでした。

心拍数度の計測

心拍数度については、Apple Watch Series 6の計測精度はGarminと遜色ありません

3000mのランニングで心拍数度を計測してみたところ、Apple Watch Series 6は145(最小104〜最高155)、Garmin fenix 6Xは143(最小91〜最大157)でした。

血中酸素濃度の計測

前作「Series 5」から進化したポイントのひとつが、新しく搭載されたセンサーによる「血中酸素濃度」の計測です。

血中酸素濃度は、身体がどれだけ酸素を取り込んでいるかを知ることができ、健康状態を把握するための大切なバロメーターとなります。

現時点ではApple Watch専用の「血中酸素ウェルネス App」を使って計測し、「ヘルスケア」アプリで確認できます。

ランニングアプリでの活用シーンはまだないが、今後の展開に期待したいですね。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「Apple Watch Series 6」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

Apple Watch Series 6

Amazonで最大8%ポイントアップ「スマイルSALE」開催中(4/22まで)