アシックス「メタレーサー」徹底レビュー

2020.06.20 > 

2020年6月に発売されたアシックスのレース用ランニングシューズ「メタレーサー(METARACER)」をレビューします。

メタレーサーの特徴

2019年2月にアシックスから「メタライド」という革新的なランニングシューズが発売されました。爪先にかけてソールが上に反り上がる独特な構造を持ち、身体の重心を前に傾けると自然と蹴り出してしまうシューズです。

ガイドソール(GUIDESOLE)と名付けられたこのテクノロジーはその後、メタライドの軽量版の「エボライド」にも採用され、アシックスのランニングシューズのメインストリームとなりつつあります。

そして2020年6月には、ガイドソールテクノロジーにカーボンプレートを搭載した「メタレーサー」が発売されました。アシックスを愛用しているランナーにとっては、待ちに待ったハイスピードモデルの誕生です。レースはもちろん、スピード走やインターバル走での活躍が期待できます。僕もその目的でメタレーサーを購入しました。

メタレーサーの特徴は以下のとおり。

まず注目すべきはカーボンプレート。メタライドもエボライドもガイドソールテクノロジーを採用し、似たような形状をしています。メタライドはソールの形状をしっかり維持する反面、重すぎるのが弱点でした。一方でエボライドはメタライドよりも軽量ですが、ソールの形状が保たれにくいのが弱点でした。

メタレーサーは、カーボンプレートを搭載することで両者の弱点を解消し、ソールの形状をしっかり維持しつつ、さらなる軽量化に成功しています。僕が履いているメンズの25.5cmだと実測値で191gと200gを切っています。

通気性と通水性の良さもメタレーサーの特徴です。アッパーには斜めに裁断したメッシュ構造を採用し、爪先の先端には空気や水の通りを良くする穴が設けられています。また、アッパーは吸水しにくい構造になっているため、汗や雨で濡れても足元を快適に保ってくれます。

また、実際に履いてみて感じたのは、足首まわりが絶妙にフィットすること。ちょうど足首にあたるパッド(黒い部分)がキュッと締まり、シューズをしっかり固定し、高い安定感を実現しています。

デザイン・重さ

それでは、メタレーサーの外観を詳しく見ていきましょう。

今回はメンズ25.5cmを選びました。カラーは鮮やかなオレンジとブラックの対比が印象的な「SUNRISE RED/BLACK」。かなり派手で街中でも目立ちます(笑)。

側面(外):弓状のフォアフットとグイッと上を向いた爪先が特徴。ミッドソール(白い部分)には斜めに溝が入っており、クッションの耐久性を高めています。アッパーには斜めに裁断されたメッシュ素材を採用。

アッパーには「TOKYO」の文字がプリントされています。2020年7月に開催される予定だった東京五輪に向けて準備していたんでしょうね。。

側面(内):内側はメッシュが少ないですね。

靴底:オレンジ色のアウターソールは、爪先・フォアフット〜ミッドフット・かかとの左右2カ所に分割されています。曲線を描くように彫られた溝がグリップ力を高めています。

爪先の部分はアウターソールが分割されています。

よく見ると通気孔の穴が開いています。どれだけ効果あるのかは未知数(笑)。

上部:アッパーにはメッシュ素材を採用。足首まわりは柔らかいパッド(黒の部分)で包まれます。

重さは実測値で191gでした(メンズ25.5cm)。200gを切る軽さはレース向き。

サイズ・カラー

メタレーサーのサイズ展開は以下のとおり。

メンズ ウィメンズ
24.5cm〜30.5cm(0.5cm毎) 22.5cm〜28.5cm(0.5cm毎)

サイズ感については、僕はメタライドもエボライドも25.5cmを履いていますが、メタレーサーも25.5cmでちょうどぴったりでした。

また、普段は足幅のあるワイドタイプ(2E・4E)を選びますが、メタレーサーは通常タイプでも横幅に余裕がありました。

メタレーサーのカラー展開は1色のみ(2020年6月の発売日時点)。

メンズ ウィメンズ
SUNRISE RED/BLACK SUNRISE RED/BLACK

履いてみた感想

ここからは実際にメタレーサーを履いて感じたことをまとめます。以下はあくまでも僕個人の見解です。

ファーストインプレッション

デビューランは12kmのビルドアップ走。5’30/kmから3’30/kmまでのペースでメタレーサーの履き心地を検証しました。

4’30/kmまでは軽やかに走れます。シューズが軽いと足取りも軽くなるんですね。着地は硬めなので、ジョギングするならもう少しクッションが欲しいかなと感じます。

4’30/kmを超えるあたりから、ガイドソール特有の蹴り出しが体感できました。体の重心を前に傾けると、弓状のソールがカクンと前に倒れ、自然と走り出します。

4’00/km前後がスピード・安定性のバランスが取れている気がしました。硬めのクッションもこのペースだと快適に感じます。

3’30/kmでも安定感を保ってくれました。インターバル走でも活躍してくれそうです。

足首まわりのフィット感が絶妙!

メタレーサーの公式サイトではあまり触れられていませんが、実際に履いてみて気に入ったのは足首まわりのサポート。足首に触れるパッド(黒い部分)が足首をキュッと締め、シューズがしっかりと固定され、高い安定感を保ってくれます。

購入ガイド

メタレーサーは2020年6月12日〜一部の取扱店舗とアシックス公式サイトで先行販売を開始し、6月26日〜取扱店舗が拡大します。

今回僕は先行販売開始当日にアシックス公式サイトで注文しました。6月12日に注文→1週間後の6月19日に届きました!

価格は税込22,000円と、かなり強気の価格設定です。価格帯はメタライドとエボライドの中間ですね。

まとめ

以上、アシックスのレース用ランニングシューズ「メタレーサー(METARACER)」をレビューしました。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

この記事も読まれています

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事