自費レビュー|アシックス メタライド

アシックスシューズ

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

2019年2月に発売されたアシックスのランニングシューズ「メタライド(METARIDE)」を紹介します。

革新的なガイドソール・テクノロジーを採用し、長時間走り続けても疲れにくいシューズです。主な特徴は以下のとおり。

  • 新技術「ガイドソール」を初めて採用したモデル
  • クッションは「FLYTEFOAM」と「GEL」を搭載
  • 重さは287g(メンズ25.5cm)
  • 定価は29,160円

早速履いてみたので詳しくレビューします。

購入ガイド

アシックス メタライド」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

ガイドソール・テクノロジー

アシックスでは、トップマラソン選手やシリアスランナー向けのシューズを「パフォーマンス・ランニングシューズ」と呼んでいます。

そのカテゴリにおいて、かつての覇者だったアシックスは2017年頃からナイキに負け続けています。

世界のマラソン大会で上位に走る選手のほとんどがナイキの厚底シューズを履いている現実を突きつけられました。

そんなアシックスがパフォーマンス・ランニングシューズでトップを奪還するために投入したのが、ガイドソール(Guidesole)と呼ばれる新技術です。

そして2019年2月には「東京マラソン2019」の開催にあわせて、ガイドソールを初めて搭載したランニングシューズが発売されました。

その名は「メタライド」。主な特徴は以下のとおりです。

  • 新技術「ガイドソール」を初めて採用したモデル
  • クッションは「FLYTEFOAM」と「GEL」を搭載
  • 重さは287g(メンズ25.5cm)
  • 定価は29,160円

ガイドソールは弓形にカーブしたソールデザインが特徴です。つま先上がりの構造にすることで、力を入れずとも足が自然と前に出る設計になっています。

脚に負荷をかけずに長距離を走ることができ、「RUNを、もっとラクに、もっと長く」をコンセプトにした「メタライド」にぴったりのソール技術と言えます。

デザインとスペック

それでは「メタライド」を詳しく見ていきましょう。

アシックス出展ブースで試走

今回は「東京マラソン2019」のエキスポ会場で「メタライド」を試着する機会に恵まれました。

アシックスの出展ブースには「メタライド」の試走ができるコーナーまであり、実際に走ってみるとその履き心地の虜になりました。

税込29,160円という強気の価格設定でしたが、その場で思い切って購入しました。

出展ブースのスタッッフの話では、ターゲット層は初フル〜サブ4とのこと。

箱は高級感あふれるブラックにゴールドの線が入ったデザインでした。

外観まとめ

一見すると、よくある厚底シューズに見えますよね。

でも側面(外側)に目を向けると、ソールが二層になった独特なフォルムをしています。さらにシューズの真ん中が空洞です。こんなシューズ、見たことありません。

側面(内側)の様子。

靴底。アウターソールのラバー素材はグリップ性能が優れています。

真上から見た様子。

インナー(中敷)は立体構造で足にピタリとフィットします。

メンズ25.5cmの重さは実測値で287gでした。手に持った時は、見た目の割に軽いなという印象です。

ソールの厚さは、最も厚いところで4cm弱あります。紛れもない厚底シューズですが、ナイキの厚底とは別物ですね。

構造的に気になるのが、ミッドソールのカカトの部分。軽量でクッション性能に優れた「FLYTEFOAM」をベースにしつつ、衝撃緩衝材の「GEL」を挟んでいます。

真ん中の部分は、まるで現代アートのような「空洞」が設けられています。なんとも不思議な形ですね。

履いてみた感想

ここからは実際に「メタライド」を履いてみた感想をまとめます。

ファーストインプレッション

初めて足を入れると、足首周りのサポートの高さに驚きます。特にアキレス腱あたりのアンクルパッドが柔らかくて気持ちが良い。

クッションは硬めです。両手で折り曲げようとしてもビクともしません。つま先が上に反ってカーブを描いているため、重心を前に移動すると、カクンとなり、自然と足が前に出ます。

転がして走る

走り方を選ぶシューズです。従来のランニングシューズのように、反発力を利用して推進力を得るというよりは、ロッキングチェアのように転がして前に進みます。慣れるまでに時間がかかりますが、慣れてしまうと爽快です。

羽生さわかやマラソン

実戦でも履いてみました。平均ペース4:25/kmのハーフマラソンなら余裕でした。

吉川なまずの里マラソン

平均ペース4:03/kmのハーフマラソンでも着用しました。ラスト5kmは3:55/kmまでペースアップしましたが、グイグイ進みました。

走行距離100km

100km走り込んだ後の状態。アウターソールとミッドソールの接着部分が若干歪んでいますが、摩耗には強そうな印象。

雨の日でも滑らずに快適

意外と優秀なのが、濡れた路面での走行性能。靴底のラバーがいい感じに地面を捉えてくれるので、雨の日でも安定した走りをサポートしてくれます。

おまけ

ナイキの厚底シューズに対抗するために、アシックスが出した答えが「楽に、長く走れるシューズ」。

「メタライド」はエリート選手やシリアスランナー向けのモデルではありませんが、アシックスの新たな展開を予感させるシューズです。

購入ガイド

アシックス メタライド」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#アシックス#シューズ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。