tomo.run

Ergostar「クロステーピングソックス」レビュー:テーピング要らず

Ergostar「クロステーピングソックス」レビュー:テーピング要らず

ケガや痛みの予防に、テーピング機能を持ったランニングソックスが欲しい…。

そんな願いを叶えるべくエルゴスターの「クロステーピングソックス」を購入しました。

X状に配置された「クロステーピング」により、足のアーチがしっかりと意識できます。

個人的には足裏に配置された滑り止めのグリップ性能が絶妙なのが気に入りました。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

エルゴスターとは?

エルゴスター(ERGOSTAR)は、奈良県に本社を置く株式会社キタイのブランド。

「ランナーが自分らしく走るためのソックス」をコンセプトに、機能性を重視したスポーツソックスを展開しています。

初めて聞く名前でしたが、大手スポーツブランドのOEMで培われた技術力と、日本国内製造という点に惹かれ、試しに購入してみました。

主な特徴

「クロステーピングソックス」の主な特徴は以下のとおり。

  • 足のアーチを支えるクロステーピング機能を搭載
  • 足裏に必要最低限のグリップを配置
  • 丈はショート・ミドル・ロングの3段階
  • 5本指タイプも選べる

最大の特徴は、足が本来持っている衝撃吸収の力をサポートするクロステーピングの構造にあります。

経験豊富なランナーなら、ケガや痛みの予防にテーピングを使ったことがあると思います。

しかし正しくテーピングするためには知識が必要ですし、毎回貼り直す手間があります。

「クロステーピングソックス」は靴下にテーピング機能を持たせることで、履くだけでテーピングと同じような効果が期待できます。

デザインとスペック

今回はくるぶしがすっぽり隠れるミドル丈を選びました。詳しく見ていきましょう。

まずは上から見た写真。足の部位ごとに伸縮率の異なる生地を配置しています。

下から見た写真。足を裏の3つのアーチを支えるため、真ん中に「X」状の補強が施されています。

つま先、前足部、カカトの部分には滑り止めのグリップを配置。

足の形にピタリとフィットさせるため、もちろん左右個別の設計。それぞれ「L」と「R」がプリントされています。

カカトの部分は袋のような立体構造になっています。

サイズ感

「クロステーピングソックス」のサイズ展開は以下のとおり。

  • S:22.5~24cm
  • M:24.5~26cm
  • L:26.5~28cm

ショート丈、ミドル丈、ロング丈のいずれも3つのサイズが選べます。

自分はランニングシューズのサイズが25.5cm〜26.0cmです。

Mだとギリギリだしキツイかな…と思いましたが、伸縮性に優れているため、ピタリとフィットしました。

履いてみた感想

ここからは実際に「クロステーピングソックス」を履いてみた感想をまとめます。

そのままだと履きづらい

まあこれはテーピング機能を持ったソックスなら仕方ないですね。

どうしても普通の靴下よりも圧力(コンプレッション)がかかるので、足を入れる際に力が必要です。

正しい履き方

今回はAmazonで購入しましたが「正しい履き方」と書かれた説明書が同梱されていました。

それによると、まず出来るだけ短く縮めるのがポイントらしいです。

つま先から足を入れて、あとは引っ張るだけ。

フィッティングの確認も重要。足裏の「X」グリップが母指球あたりに来るように調整します。

そして「ERGOSTAR」のグリップはカカトの下に来ればOK。

正しく履かないと靴下が持っている機能を生かしきれないわけですので、こうして「正しい履き方」にこだわる姿勢は良いなと思いました。

隙間なくフィット

足の形に寄り添うようにピタリとフィットします。特に側面のフィッティングが素晴らしいですね。

カカトも袋状になっているので履いた状態でもストレスフリー。

「TABIO」や「RxL」や「FOOTMAX」など老舗靴下メーカーが持つ立体製法に引けを取りません。

30km走で使用

早速、30km走で履いてみました。シューズはアシックスの「マジックスピード3」です。

まず感じたのはグリップが強過ぎず、弱過ぎず、絶妙だなということ。

滑り止め加工が過度に配置されていると、逆に不自然な感じがするんですよね。「クロステーピングソックス」はそれがありません。

テーピングの効果は、違いが実感できるほどではありませんでした。

まあでもキュッと締め付けられて足のアーチが意識できるので、衝撃吸収に役立っているのでは。

おまけ

「クロステーピングソックス」は、テーピング機能を持ったランニングソックスとして非常に優秀だと思いました。

過去に足王(ソッキング)のソックスを使っていましたが、縫製と耐久性がイマイチでしたね。

C3fitの「クォーターソックス」もテーピング機能を持っており結構気に入っています。

Ergostar「クロステーピングソックス」レビュー:テーピング要らず

この記事で紹介した「エルゴスター クロステーピングソックス」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

関連記事

アーチサポート クォーターソックス(Arch Support Quarter Socks)はその名の通り、足裏のアーチを支える機能を持ったクォーター丈のランニングソックスです。 実際に履いてみたので詳しくレビューします。

RxL(アールエル)のランニングソックス「ワイルドペーパー ラウンドソックス」を紹介します。 実はこの靴下、紙で出来ているのです。 正確には和紙糸ですけどね。和紙で作った糸をナイロン糸で補強しているので、破れる心配はありません。 靴下によく使われるメリノウールに比べると、紙

創業から100年近くの老舗靴下メーカーが特許技術を惜しみなく投入した「フットマックス 5本指」は、とにかくフィット感が抜群です。

今回紹介するのは「レーシングラン プロ」というTabioのレース用ランニングソックス。カカトから指先までピタリとフィットする立体縫製、疲労を軽減するアーチサポート、シューズとのズレを抑えるグリップ性能など、靴下専門メーカーならではの技術力を集結した1足です。フルマラソン「サブ3」