徹底レビュー|ガーミン Index Smart Scale:Garmin Connectと直接連携できる体重計

ガーミンのランニングウォッチを長年使っているが、体重の計測データを「ガーミンコネクト」に転送できないのが不満だった。そこでガーミン謹製の体重計「Garmin Index Smart Scale」を買ってみた。ガーミンコネクトと連携すれば、体重、体脂肪、BMIなどのデータを自動でアップロードしてくれる。

#ガーミン

とも

ガーミン Index Smart Scale」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

ガーミンと直接連携できる体重計

今回紹介する「Garmin Index Smart Scale」の特徴以下のとおり。

  • 体重、体脂肪、BMI、体水分、骨格筋量、骨量が計測可能
  • Bluetoothで「ガーミンコネクト」に計測データを自動でアップロードできる
  • 日本市場向けは未発売

最大の特徴は、体重計で計測したデータを「ガーミンコネクト」に直接アップロードできること。「Garmin Index Smart Scale」とスマートフォンを連携しておけば、体重計に乗るだけで計測データをガーミンコネクトにアップロードしてくれる。

Index Smart Scaleの評価

今回はAmazonで北米仕様の「Garmin Index Smart Scale」を注文した。

アメリカンな超ビッグサイズの体重計が届くのかと思っていたら、日本の住宅でも違和感のない大きさでホッとした。

電力は単三電池4本。ちゃんと同梱されているのが嬉しい。

カーペットの上で使用する際に安定感を高めるキャスター用キャップも付属している。

電源を入れる

電池を入れると、自動的に電源が入る。体重計に乗ると自動的に電源が入り、放置するとしばらくして消える仕様。

初期設定が済んでいない場合は、下の写真のようにスパナー(工具)のアイコンが表示される。

ガーミンコネクトでディバイスを追加する

次にスマートホンのガーミンコネクトで「Garmin Index Smart Scale」をディバイスとして追加する。

ここまでは、ガーミンのランニングウォッチを登録する方法と同じ。

端末を選んでペアリングを開始すると、わずか2秒で完了!驚くべき速さで感動した。

プロフィールを追加

続いてプロフィールを入力する。身長、体重、生年月日、トレーニングレベル(低・中・高)をインプット。

最後にwi-fiネットワークを選択して、設定完了。あとは「Garmin Index Smart Scale」に乗るだけ。

データ計測&アップロード

初計測の結果は以下のとおり。

  • BMI(20.4)
  • 体脂肪(7.0%)
  • 体水分(71.1%)
  • 骨格筋量(27.3kg)
  • 骨量(4.2kg)
  • 体重(59.3kg)

ガーミンコネクトにも反映されていた。

複数アカウントにも対応

ちなみに、娘が「Garmin Index Smart Scale」に乗ってみると、別のユーザと認識された。これなら家族が勝手に使っても、ガーミンコネクトに記録される僕のデータが上書きされる心配はなさそう。 Garmin Index Smart Scale

#ガーミン

とも

ガーミン Index Smart Scale」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

「Garmin Index S2 Smart Scale」は、GPSウォッチ世界最大手のガーミン社が作った体重計。計測したデータは自動でガーミンコネクトに自動で転送でき、アクティビティデータと連携可能。ガーミンコネクトで体重を手入力をしている人におすすめの一台だ。前モデル「Index Smart Scale」との比較を含め、使い勝手を紹介する。続きを読む

Garmin Index S2 Smart Scale」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。