ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ

Garmin(ガーミン)

注目記事:ガーミン「ForeAthlete 935」レビュー。マラソンでも職場でも使えるオールマイティーな時計

日本でもランナーに人気のガーミンGPS時計。無料のランニングアプリでも、走った距離や位置情報を記録できますが、やっぱりガーミンGPS時計のほうが使いやすいですし、計測の精度も正確です。最新のモデルでは手首で心拍数を計れる機能も付いていて、もはや「GPSウォッチ」の域を超えています。

そんなガーミンGPS時計に欠かせないのが、ガーミンコネクト(Garmin connect)。パソコン・モバイルでガーミン時計の初期設定や走行データの管理ができるツールです。

ガーミンGPS時計を使い始めたけど、ガーミンコネクトの使い方がわからない!という方のために、参考になる情報をまとめました。

ガーミンアカウントの初期設定

まず、ガーミンコネクト↗ にアクセスし、ページ上部の「サインイン」をクリック。

Garminアカウントにサインインします。FacebookやGoogleアカウントでもサインインできますが、メールアドレス登録を求められるので、Garminアカウントを持っていない人はアカウントの作成をおすすめします。

アクティビティの種類を選択します。ランニングの場合は「フィットネス」を選択。

ダッシュボードが作成されました。この時点では、まだ何も表示されません。

ページ左にナビゲーションが集約されています。一番下のアイコンをクリックして「設定メニュー」をクリックします。

 まず、ディスプレイ設定を日本仕様にカスタマイズしましょう。日本仕様しましょう。言語は「日本語」、タイムゾーンは「日本」、表示単位は「メートル」、日付は「2009/12/31」。

アクティビティ名は「場所とタイプ」を選ぶと、位置情報を自動で検出してタイトルをつけてくれます。ただ、日本の地名にきちんと対応できていないので「タイトルなし」がおすすめ。

次は、プライバシー設定をしましょう。プロフィール、新規アクティビティの公開範囲はデフォルトで「自分のみ」に設定されています。セグメントに参加しますか?今のところ「参加しない」でOK。

そして、個人情報もできるだけ入力しておきましょう。生年月日、性別、体重、身長だけでも入力しておくと、カロリー計算の制度が上がります。

ガーミンコネクトと同期する

アカウントの初期設定が終わったら、次はガーミンGPS時計をガーミンコネクトと同期していみましょう。モバイルのアプリでも同期できますが、自宅にパソコンがあるなら、一度はパソコン経由で同期することをおすすめします。ガーミンGPS時計のソフトウェアの更新なども行えるので。

まず、ガーミンGPS時計を付属の充電キットにセットし、USBをパソコンに接続します。

次に、ガーミンコネクトのスタート画面を開きます。いろんな種類のガーミンGPS時計が表示されるので、お使いの機種を選びます。

ここから英語になります。「Computer Setup」をクリックし、パソコンでの設定画面へ進みましょう。

Windows・Macを選んで、Garmin Expressをインストールします。

以下のリンクからもダウンロードできます。

インストールが終わったら「Garmin Expressを起動」をクリック。「ディバイスを追加」をクリックすると、パソコンに接続されているガーミンGPS時計を自動で検出してくれます。正しく検出されていることを確認し、「ディバイスの追加」をクリック。

サインインを求められるので、Garminアカウントにサインイン。

ガーミンGPS時計がガーミンコネクトと同期されました。右下の「Garmin Connect」のボタンをクリックして、ガーミンコネクトのページを開きましょう。

ガーミンGPS時計で記録した走行データ(アクティビティ)が表示されました!

ガーミンコネクトモバイルと同期する

モバイルのアプリを使えばもっと簡単に、ガーミンGPS時計をガーミンコネクトと同期できます。旅先で、外出先で、あるいはレース直後に走行データをすぐに確認できるので便利です。

また、いったんガーミンGPS時計とアプリをペアリングしておけば、ガーミンGPS時計を起動するたびに走行データがガーミンコネクトモバイルに自動で転送されます。走った後に、毎回USBでパソコンにつなぐ手間が省けて便利ですよ。

早速、アプリ(無料)をダウンロード。

インストールしたら、アプリを開いてGarminアカウントでサインイン。

指示に従って、お使いのガーミンGPS時計の機種を選択します。機種の写真が表示されるので、同じものが表示されているか確認しましょう。「ディバイスを検索」をタップします。

あと、モバイル端末のBluetooth設定がオンになっていることを確認しましょう。ガーミンGPS時計とモバイルはBluetoothで通信します。

ここからがちょっと複雑。

まず、ガーミンGPS時計のロックを解除し、設定 → Bluetoothを選び、Bluetoothの設定を「オン」にします。

次に、ガーミンGPS時計の設定 → ペアリングを選択。「ペアリング中」と4ケタの数字のパスコードが表示され、しばらくすると「ペアリング完了」のメッセージがでます。

再びモバイルのアプリに戻ります。ディバイスが検知できると、自動でペアリングの設定が始まります。1~2分でペアリングが完了します。

ペアリングが完了すると「マイデイ」画面に移動します。右下の「アクティビティ」をタップすると、ガーミンGPS時計で計測した走行データ(アクティビティ)が表示されました!

おすすめガーミンGPS時計

アマゾンで最新価格とレビューをチェックする

ガーミン関連記事

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について