徹底解説|ガーミンでSuicaを使う方法:対応機種と初期設定

ガーミン

2020年5月からガーミンのウェアラブル端末で「Suica」が使えるようになった。ここでは、対応機種や初期設定、支払い時の使い方について紹介する。

目次と内容

ガーミンで使えるSuicaの機能一覧

2020年5月からGarminの最新機種が交通系ICカード「Suica」に対応した。これでApple Watchのように、Garminを「ピッ」と端末にかざすだけでSuicaを使った支払いが可能となる。

Suicaの全機能が使えるわけではない

ただし、Garminで使えるのは発行、チャージ、利用・残高表示など、基本的な機能に限定される。スマートフォンですでに発行済みのSuicaを利用したり、Suicaの定期券を購入したりすることはできない。

以下はGarminで利用できるSuicaの機能一覧。「店頭での現金チャージ」と「券売機等での現金チャージ」はGarminのみで利用可能。それ以外の機能はGarmin Connectアプリを使う。

機能・サービス対応状況備考
新規発行 発行と同時に最低 1,000 円のチャージが必要
クレジットカードによるチャージ Google Pay(Google アカウントに登録されているクレジットカード)からのチャージを行う
店頭での現金チャージ
券売機等での現金チャージ 一部の駅に設置されているトレイ型の券売機等
SF(電子マネー)による鉄道利用 バス利用も可
SF(電子マネー)でのお買いもの
残額表示 ウェアラブルデバイスでも表示可
履歴表示 前日分までの表示
払いもどし 手数料(220 円)が必要
タッチで Go!新幹線 券売機での利用開始登録が必要
新幹線 e チケットサービス えきねっとへの申込が必要
JRE POINT のポイントを貯める JRE POINT WEB サイトでの登録が必要
スマート EX 東海道・山陽新幹線のサービス
銀行チャージ ×
再発行 ×
機種変更による残額引継ぎ ×
定期券の購入 × バス定期券も不可
Suica グリーン券の購入 ×
ネット決済 ×
JRE POINT によるチャージ ×
エクスプレス予約 × 東海道・山陽新幹線のサービス

対応機種一覧

2020年以降に発売された機種の多くはSuicaに対応している。それ以前に発売された機種でも上位モデルであればソフトウェアアップデートで対応している。

以下は2022年9月時点の対応機種一覧。最新の情報は公式サイトで確認できる。

シリーズ対応機種
fenixfenix 6、fenix 6X、fenix 6S、fenix 7、fenix 7X、fenix 7S
ForeAthleteForeAthlete 745
ForerunnerForerunner 255、Forerunner 955
VenuVenu Sq、Venu 2、Venu 2S、Venu 2 Plus
vivomovevivomove 3、vivomove 3S、vivomove Luxe、vivomove Style
vivoactivevivoactive 4、vivoactive 4S
EnduroEnduro、Enduro 2
quatixquatix 7
InstinctInstinct 2、Instinct 2S、
tactixtactix 7
DescentDescent GI、Descent Mk2
epixepix
ApproachApproach S62
LegacyLegacy Hero、Legacy Saga

2019年に購入した「fenix 6X」はソフトウェアアップデートでSuicaで使えるようになった。

2022年に購入した「Forerunner 255S」は中位モデルだがSuicaに対応している。

初期設定の流れ

初期設定の手順は以下のとおり。設定には、ガーミンとガーミンコネクトの同期が必要。

  1. ソフトウェアを更新する
  2. Garmin Payを設定する
  3. Suicaを発行する

ここでは「fenix 6X」と「iPhone 11 Pro」を使って説明する。

ソフトウェアを更新する

iPhoneでGarmin Connectアプリを起動し、「設定→Garmin Pay」を選択。Suicaを設定するには最新のソフトウェアをインストールする必要がある。

Garmin Payを設定する

ソフトウェアの更新が終わったら、再度、「設定→Garmin Pay」を選択。初めて利用する場合は4桁の「パスコード」の入力が求められる。パスコードは決済の際に必要となる。カードの種類は「交通」、交通系ICカードは「Suica」を選ぶ。

Suicaを発行するために、氏名・生年月日・性別・電話番号を入力。最低1000円をチャージする必要があり、Garmin Payと連携している「Google Pay」で支払う。

Suicaを発行する

チャージが完了すると、GarminにSuicaが発行される。同期が完了すると、チャージ残高が「1000円」と表示された。最新の残高や利用履歴はGarmin Connectアプリで確認できる。

残高が足りなくなったらGarmin Connectアプリでチャージする。

実際に使ってみた

それでは早速、GarminのSuicaを使って支払いをしてみたい。

以下は「fenix 6X」の場合だが、左上のボタンを長押ししてメニュー画面を開き、「ウォレット」を選択。

初期設定で登録した4桁のパスコードを入力。これが結構面倒くさい。

「読み取り部分にかざしてください」が表示されている間に、「ピッ」とかざして電子マネーの決済を行う。

パスコードは省略可能

パスコードの入力を省略したい場合は、「ラピッドパスコード」に設定すると「ピッ」とかざすだけで決済できる。

近所のスーパーでコカ・コーラを1本買ってみた。読み取りの感度は良好で、かざして1秒以内に反応した。

まとめ

以上、ガーミンでSuicaを使う方法を解説した。Apple WatchだとiPhoneで発行したSuicaを使えるが、ガーミンだと専用のSuicaを発行しないといけないのが面倒。定期券もサポートされていないのも使いづいらい。

ただしスマートフォンを忘れてしまった時に、バックアップとしてSuicaが使えるのは安心だ。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

#ガーミン

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。