GarminがSuicaに対応:使える機種と初期設定を解説

2020年5月からGarmin(ガーミン)のウェアラブル端末で「Suica」が使えるようになった。ここでは、対応機種や初期設定、支払い時の使い方について紹介する。なおGarminで使うにはSuicaを新たに発行する必要があり、定期券の購入やネット決済には対応していない点に注意してほしい。

Garmin ForeAthlete 245

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

Garminで使えるSuicaの機能一覧

2020年5月からGarminの最新機種が交通系ICカード「Suica」に対応した。これでApple Watchのように、Garminを「ピッ」と端末にかざすだけでSuicaを使った支払いが可能となる。

Suicaの全機能が使えるわけではない

ただし、Garminで使えるのは発行、チャージ、利用・残高表示など、基本的な機能に限定される。スマートフォンですでに発行済みのSuicaを利用したり、Suicaの定期券を購入したりすることはできない。

Garminで利用できる機能

以下はGarminで利用できるSuicaの機能一覧。「店頭での現金チャージ」と「券売機等での現金チャージ」はGarminのみで利用可能。それ以外の機能はGarmin Connectアプリを使う。

機能・サービス対応状況備考
新規発行 発行と同時に最低 1,000 円のチャージが必要
クレジットカードによるチャージ Google Pay(Google アカウントに登録されているクレジットカード)からのチャージを行う
店頭での現金チャージ
券売機等での現金チャージ 一部の駅に設置されているトレイ型の券売機等
SF(電子マネー)による鉄道利用 バス利用も可
SF(電子マネー)でのお買いもの
残額表示 ウェアラブルデバイスでも表示可
履歴表示 前日分までの表示
払いもどし 手数料(220 円)が必要
タッチで Go!新幹線 券売機での利用開始登録が必要
新幹線 e チケットサービス えきねっとへの申込が必要
JRE POINT のポイントを貯める JRE POINT WEB サイトでの登録が必要
スマート EX 東海道・山陽新幹線のサービス
銀行チャージ ×
再発行 ×
機種変更による残額引継ぎ ×
定期券の購入 × バス定期券も不可
Suica グリーン券の購入 ×
ネット決済 ×
JRE POINT によるチャージ ×
エクスプレス予約 × 東海道・山陽新幹線のサービス

対応機種

2020年5月時点で、以下のシリーズがSuicaに対応している。最新の対応機種一覧は公式サイトで確認しよう。

  • Approach S62 シリーズ
  • fenix 6X シリーズ
  • fenix 6X Pro Dual Power シリーズ
  • fenix 6S シリーズ
  • fenix 6 シリーズ
  • Legacy シリーズ
  • Venu シリーズ
  • vivoactive 4/4S シリーズ
  • vivomove 3/3S シリーズ
  • vivomove Style/Luxe シリーズ

というわけで早速、「fenix 6X」にSuicaを設定してみる。

初期設定

初期設定の手順は以下のとおり。設定には、GarminスマートウォッチとGarmin Connectアプリの同期が必要。

  1. ソフトウェアを更新する
  2. Garmin Payを設定する
  3. Suicaを発行する

ここでは、「iPhone 11 Pro」を使って説明する。

【1】ソフトウェアを更新する

iPhoneでGarmin Connectアプリを起動し、「設定→Garmin Pay」を選択。Suicaを設定するには最新のソフトウェアをインストールする必要がある。

【2】Garmin Payを設定する

ソフトウェアの更新が終わったら、再度、「設定→Garmin Pay」を選択。初めて利用する場合は4桁の「パスコード」の入力が求められる。パスコードは決済の際に必要となる。カードの種類は「交通」、交通系ICカードは「Suica」を選ぶ。

Suicaを発行するために、氏名・生年月日・性別・電話番号を入力。最低1000円をチャージする必要があり、Garmin Payと連携している「Google Pay」で支払う。

【3】Suicaを発行する

チャージが完了すると、GarminにSuicaが発行される。同期が完了すると、チャージ残高が「1000円」と表示された。最新の残高や利用履歴はGarmin Connectアプリで確認できる。

残高が足りなくなったらGarmin Connectアプリでチャージする。

使い方

それでは早速、GarminのSuicaを使って支払いをしてみたい。

以下は「fenix 6X」の場合だが、左上のボタンを長押ししてメニュー画面を開き、「ウォレット」を選択。

初期設定で登録した4桁のパスコードを入力。これが結構面倒くさい。

「読み取り部分にかざしてください」が表示されている間に、「ピッ」とかざして電子マネーの決済を行う。

以下は一連の流れをまとめた動画。

パスコードの入力を省略したい場合は、「ラピッドパスコード」に設定すると「ピッ」とかざすだけで決済できる。

使ってみた感想

近所のスーパーでコカ・コーラを1本買ってみた。読み取りの感度は良好で、かざして1秒以内に反応した。

モバイルSuicaと連携できないのは残念。Garmin用に新しいSuicaを発行しないといけないし、モバイルSuicaで定期券を使っている場合は、Garminで「ピッ」と使えない。

ただ、スマートフォンを忘れてしまった時に、バックアップとしてSuicaが使えるのは便利だ。

関連情報

Garmin ForeAthlete 245