徹底解説|ガーミンで「睡眠モニタリング」を使う方法

ガーミン

ガーミンの新機能「Advanced Sleep Monitoring」を使えば、睡眠時間だけでなく、深い眠り・浅い眠り・レム睡眠など、睡眠の質を知ることができる。

目次と内容

睡眠モニタリング機能

あまり知られていませんが、Garminウォッチには就寝時の睡眠時間や睡眠パターンを記録できる「Advanced Sleep Monitoring」という機能がある。

ガーミンを付けたまま寝ると、寝ている間の身体の動きや心拍数、そして心拍数の変化を計測してくれる。

また、ガーミンコネクトを使えば「深い眠り」「浅い眠り」「レム睡眠」など、眠りの質を細かく分析することができる。

対応機種

睡眠モニタリング機能を利用するには「Advanced Sleep Monitoring」に対応している必要がある。

2018年以降に発売されたGarminウォッチのほとんどの機種で利用可能。最新の対応機種は公式サイトで確認できる。

初期設定と使い方

初期設定

睡眠モニタリング機能を使うには以下の設定が必要。

  1. ガーミンとガーミンコネクトをペアリングする
  2. 就寝時間・起床時間を設定する

就寝時間・起床時間は設定しなくても睡眠モニタリング機能を使うことがdけいるが、設定しておくと精度の高い分析結果が得られる。ガーミンコネクトのアプリの「設定→ユーザー設定」で設定しよう。

就寝時間と起床時間の間は「睡眠モード」となり、メールやカレンダーなどの通知機能がオフになる。

使い方

初期設定が終われば、あとはGarminウォッチを装着したまま寝るだけ。

ここからは、Garmin Connectで睡眠モニタリングの分析結果を見ていこう。データはモバイルアプリの「健康情報の統計→睡眠」で確認できる。

まずは1週間(7日間)の睡眠データ。棒グラフを見ると睡眠時間と睡眠の質(深い・浅い・レム・非睡眠)が一目で分かる。

この週の平均睡眠時間は7時間17分。深い睡眠時間は28分、浅い睡眠時間は4時間17分、平均レムは2時間32分だった。

また、睡眠時の呼吸に関するデータも参照でき、この週は平均で1分あたり13回(13bpm)呼吸していることが分かる。

次に、日別の睡眠データ。合計睡眠、深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠、非睡眠の時間が参照できる。また、タイムラインでは時系列で1時間毎の睡眠パターンが確認できる。

さらに、体の「動き」と「呼吸」の推移も確認できる。

まとめ

以上、ガーミンの「睡眠モニタリング」の使い方を解説した。

ランニングのパフォーマンスを高めるには、良質な睡眠時間を確保することが大切。「Advanced Sleep Monitoring」を使ってトレーニング内容だけでなく、睡眠もしっかり管理しよう。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

#ガーミン

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。