Garmin専用「 防塵プラグ」徹底レビュー。充電ポートに装着するだけで耐久性アップ

Garminウォッチは防塵・防水性能を備えているが、唯一の弱点は充電ポートの金属パーツがむき出しになっていること。ここが腐食してしまうと、故障の原因になる。そこでおすすめなのが、充電ポートを汗や水滴から守る「防塵プラグ」だ。ランニング好きの叔父が教えてくれたので紹介する。

Garminウォッチの弱点

Garminウォッチはランニングやスイミングで使うことを想定しているため、ほとんどの機種が防水性能を備えている。

例えば、人気エントリーモデルの「ForeAthlete 45」の防水等級 は「5ATM」で、水深50mに相当する圧力に対応できる。僕が使っている最上位機種の「fenix 6X」は水深100mまで耐えられる。

そんな強固な防水性能を持つGarminウォッチにも弱点はある。それは充電ポートだ。充電する時にUBSケーブルを差し込む部分で、電流を通すために金属パーツがむき出しになっている。

一応それなりの耐久性はあるものの、汗や水滴が溜まりやすい部分なので、しっかり手入れをしないと金属が腐食してしまう。それがGarminウォッチの故障の原因となる。実際に、僕の叔父はそれでGarminウォッチが作動しなくなったらしい。

防塵プラグで保護

対策としては、こまめな水洗い・乾燥を徹底すること。しかし完璧に乾かすのは難しいし、ランニングの度に手入れをするのは面倒だ。

そんな人におすすめなのがGarminウォッチ専用の「防塵プラグ」だ。ネット通販サイトで「Garmin 防塵プラグ」で検索するとたくさん出てくる。高価なものではなく、10個入りで1000円もしない。叔父は10個もいらないということで、3個をおすそ分けしてくれた。

ゴムやシリコンの素材で出来ていて、Garminウォッチの充電ポートにすっぽり収まる形をしている。

写真のように、充電ポートの金属パーツにかぶせて使用する。

片側には小さな突起が付いており、ここに爪をひっかけると取り外しやすい。

使用時の注意点

一点だけ注意するとしたら、水に濡れた状態で防塵プラグを装着しないこと。充電する時だけに外して使うと良い。また、小さいものなので外した時に無くさないように気を付けたい。

Garminの「防塵プラグ」は10個1パックで販売しているものが多く、いずれも1000円以下で買える。万が一無くしても痛手ではないし、これで故障するリスクが軽減できるなら安いものだ。

Garmin 防塵プラグ 充電ポート用

Garminは防水仕様だが、Apple Watchは耐水仕様。どちらもランニングで使用する分には問題ない。