勝田全国マラソン遠征記:結果は3時5分0秒(2019年/フル)

2019年1月27日に茨城県ひたちなか市で開催された「勝田全国マラソン」を走ってきた。

NIKE ZOOM FLY FLYKNIT

今回のレースで着用したのは、ナイキの最速級マラソンシューズ「ZOOM FLY FLYKNIT」。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「勝田全国マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年1月に茨城県ひたちなか市で開催
  • 種目はフルマラソン・10km
  • エントリーは10月から先着順にて受付
  • コースはひたちなか市~東海村

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

茨城県ひたちなか市で開催

「勝田全国マラソン」は、茨城県ひたちなか市で開催される。東京から120kmほど離れているが、特急「ひたち」に乗れば約1時間半で最寄りの勝田駅に到着。

しかも、勝田駅から大会会場までは歩いて10分。さらに、フルマラソンのスタート時間は10時半なので、当日に現地入りしても余裕を持って移動できる。

歴史と伝統あるマラソン大会

「勝田全国マラソン」は、2019年で第67回目の開催。第1回目は「読売全国マラソン」という名称で1953年に開催。1981年には女子マラソンも新設され、大会名が「勝田全国マラソン」となる。大会名にある「全国」は、「読売全国」の名残りというわけ。

1月に走れる本格フルマラソン

2〜3月の本命レースの予行演習として「勝田全国マラソン」を選ぶランナーは多い。僕も「東京マラソン」の予行演習に走ることにした。

遠征日程

今回は前泊せずに、当日に茨城入りした。自宅の埼玉県さいたま市からは車で向かった方が近いものの、エネルギーを温存するために電車を利用した。

一旦上野に出てから、特急「ひたち」に乗る。事前に指定席特急券を購入しておいた。もちろん、帰りの分も合わせて。

上野から勝田までは約1時間半。水戸駅の次が勝田駅。

スタートライン

「勝田全国マラソン」の会場は、勝田駅から徒歩10分のひたちなか市石川運動ひろばにある。

勝田駅に到着すると、人の流れに沿って大会会場まで歩いていく。無料シャトルバスもあるが、徒歩10分なのでウォームアップ代わりににちょうど良い。

会場に到着。

参加賞の「完走いも」を受け取る。ひたちなか市は、日本一の「ほしいも」の産地だとは知らなかった。

更衣室の前で着替え。

会場では甘酒や麦茶、日清チキンラーメンを無料で配っていたが、今回はパスしておいた。

荷物置き場

こちらは荷物置き場です。100円を払って中に入るのだが、しくみがよく理解できず呆然としていると、ボランティアの方が「ナンバーカードの下1桁の数字のレーンに置いてください」と教えてくれた。

ただし、レーンは長いので、置いた場所をピンポイントで覚えておかないと、受け取りの時に苦労するし、実際に苦労した。

スタートは表町商店街から

会場を後にしてスタートブロックのある表町商店街を目指す。

今日は天候に恵まれ、日向にいれば半袖・半ズボンでも寒くないが、日陰だと体感温度がグンと下がる。整列する場所選びは大事。

コース攻略

「勝田全国マラソン」のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタートは勝田駅から徒歩5分の表町商店街
  • ゴールは「ひたちなか市石川運動ひろば」
  • コースはひたちなか市〜東海村をめぐる
  • 20〜25kmと30〜35kmは緩やかなアップダウン

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

最初にコース高低図を見たときは「なんだ大したことないじゃん」と思ったが、実際に走ってみるとアップダウンによるダメージは小さくない。特に20〜25kmと30〜35kmのアップダウンは疲れたカラダにずしんと響くので、前半は余力を残して走ると良い。

前半(スタート〜中間地点)

今回は「Cブロック」からのスタート。商店街の道幅は狭く、号砲が鳴ってからスタートラインに到達するまでに1分半もかかった。

最初の1kmは片道1車線の狭い道路を通るのでかなり渋滞する。目標ペースは4:30/kmとは程遠い、5:30/kmからのスタート。

1kmあたりで片道2車線の大通りに出る。ここからようやく普通に走れる。

5kmの手前でダラダラとした坂を上っていく。しばらく住宅街を走った後は、国道245号を一直線に走る。

原子力関連施設がある東海村に入り、13kmあたりで高低差20mのアップダウン。これは結構脚にきた。

15kmで「日本原子力研究開発機構」の横を通過。「テロ警戒」の看板が印象に残っている。

しばらくフラットな直線コースを進んでいく。この辺りは沿道の声援も多かった。

「勝田全国マラソン」の給水ポイントはわかりにくく、何度かスルーしそうになった。一回だけ受け取りが間に合わずにスルーしてしまうと、後ろから男性ランナーが「これ飲みなよ」と飲みかけたコップを手渡してくれた。

後半(中間地点〜ゴール)

ここまでは4:25/kmペースで順調に走ってこれた。呼吸は落ち着いているし、脚も疲れていない。ペースアップしたい気持ちはあるが、まだ半分。少なくとも30kmを過ぎるまではペースを維持することにした。

結果的にそれが正解だった。緩やかなアップダウンが続き、一気に脚が重くなる。25kmあたりで初めて「疲れ」を意識し始める。それでもランニングフォームを崩さないように心がけながら走った。

30kmを過ぎてから「そろそろペースアップしようかな」と思いきや、延々と続くアップダウンを目にして気が失せた。

35kmからアップダウンが収まり、4:15/kmまでペースアップした。ところが今度は向かい風がビュンビュン吹いてくる。緩やかなアップダウンもあり、35〜40kmはかなり体力を消耗した。それでも4:20/kmはなんとかキープ。ここはもう粘るしかない。

ラスト2kmは気合いで走り切った。時計を見る余裕もなく、自分がどれくらいのペースで走っているのかも気にしなかった。

ゴール会場が見えてからフィニッシュするまでは異様に長く感じましたが、最後はダッシュしてゴール!

ゴールの後で

「勝田全国マラソン」の完走タイムは、ネットで3時5分0秒、グロスで3時6分27秒だった。「ベルリンマラソン2018」の自己ベストを2分以上も更新することができた。

本日の戦利品

Tシャツ、ポカリ、バナナ、記録証。

シューズ

今回のレースで使用したシューズは、ナイキの「ZOOM FLY FLYKNIT」。フルマラソンで履くのは今回が初めて。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

NIKE ZOOM FLY FLYKNIT

今回のレースで着用したのは、ナイキの最速級マラソンシューズ「ZOOM FLY FLYKNIT」。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >