旅ランニング|霞ヶ浦・土浦駅周辺:おすすめは港町エリア

茨城県

JR土浦駅からアクセスしやすい霞ヶ浦のランニングコースを紹介。今回は「かすみがうらマラソン2022」の前日に、川口運動公園〜港町〜霞ヶ浦運動公園を走ってきた。

購入ガイド

GORUN RAZOR 3 HYPER」の最新価格を今すぐチェック!

この記事の内容

土浦はどこ?

土浦は「つちうら」と読む。土浦市は茨城県の南側に位置する人口14万人の市。東側には日本で2番目に大きい湖、霞ヶ浦(かすみがうら)が広がる。

市の中心部はJR土浦駅。東京駅からは常磐線特急で約1時間でアクセスできる。

今回は「かすみがうらマラソン2022」のフルマラソンの部に参加するため、土浦駅近くのホテルに前泊した。

レース当日はコースの後半から霞ヶ浦を見ながら走れる。しかし景色を楽しむ余裕なんてないだろう。

そこでレース前日に、土浦駅東口を起点に霞ヶ浦を散策してきた。川口運動公園〜港町〜霞ヶ浦運動公園をめぐる約10kmのコース。

早速、JR土浦駅東口を出発。飲食店が多い西口に比べると、東口はやや寂しい感じがする。

川口運動公園

まず向かったのは、土浦駅の北側にある「川口運動公園」。駅から500mほど北上すると入口がある。

外周は1kmにも満たない小さな公園だ。

公園の敷地内には市営球場の「J:COMスタジアム土浦」がある。陸上競技場もあり、「かすみがうらマラソン」のゴール会場としても使われる。

こちらは川口運動公園の隣にある「りんりんポート土浦」。霞ヶ浦を1周するサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の拠点のひとつ。トイレや休憩所、メンテナンス用の工具や空気入れ、さらには足湯まである充実した設備だ。

いつかは霞ヶ浦1周(約130km)をランニングで制覇してみたい。

休憩所の屋上からは霞ヶ浦が見渡せた。

港町

次に向かったのは、土浦駅の東側に広がる港町エリア。

駅からすぐの場所にこんな素敵なマリーナがある。

港町は三方を水に囲まれ、水辺には遊歩道が整備されている。

こちらは霞ヶ浦に突き出た先端のあたり。

港町の南側は、土浦市を流れる桜川に沿って走る。桜並木が続くが、花見のシーズンには遅すぎたようだ。

霞ヶ浦総合公園

最後に、土浦駅の南東に位置する「霞ヶ浦総合公園」まで足を伸ばした。駅から霞ヶ浦沿いを走って行くと4kmほどになる。

霞ヶ浦に面した公園の東側には広々とした芝生や、日帰り入浴施設「霞浦の湯」がある。公園を走った後に汗を流すのに良さそうだ。

見どころは公園の中心部にそびえ立つ風車だ。4月中旬だと、ちょうどチューリップの花が見頃だった。

園内に遊歩道が張り巡らされており、自由にランニングが楽しめる。1周1.5kmのジョギングコースもある。

まとめ

以上、土浦駅東口を起点に、川口運動公園〜港町〜霞ヶ浦運動公園をめぐるランニングコースを紹介した。

土浦駅近くに宿泊し、霞ヶ浦を見ながら気軽にランニングを楽しみたいなら、土浦駅東口からすぐにアクセスできる港町エリアがおすすめだ。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

GORUN RAZOR 3 HYPER」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

GORUN RAZOR 3 HYPER(ゴーラン レイザー 3 ハイパー)は、スケッチャーズのエリートランナー向けランニングシューズ。Hyper Burst(ハイパーバースト)と呼ばれる超軽量クッショニングシステムを採用することで驚くほどの軽さを実現。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

Skechers GORUN RAZOR 3 HYPER」の最新価格を今すぐチェック!

#茨城県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。