【千波湖】水戸駅から10分、1周3000mのランニングコース

千波湖(せんばこ)は茨城県水戸市にある淡水湖。JR水戸駅から走って10分ほどでアクセスでき、湖の周りには周回3000mのランニングコースが整備されている。視界を遮るものがないコースは、とにかく開放感が素晴らしい。家族旅行のついでに走ってきたので紹介する。

アクセス

千波湖はJR水戸駅南口から南西に1kmほどの場所にあり、千波大橋を経由すれば走って10分ほどでアクセスできる。周回コースのスタート地点は湖の西側にあり、JR偕楽園駅から歩道橋を渡ってアクセスすることも可能。

住所:茨城県水戸市千波町666

コース

湖の周りには周回3000mのランニングコースが整備されており、500m毎に距離表示もある。以下は2020年10月18日時点の情報。

スタート地点

どこからでも走り始められるが、スタート地点は湖の西側にある。コース上の距離表示もここが起点。

フラットなコース

全体的に起伏の少ないフラットコースで、湖の北側に少しだけアップダウンがある程度。コースの内側はゴムチップ舗装され、走りやすくなっている。視界が遮るものがないので、開放的で気持ちよく走れる。

湖の北側には「桜川」が流れている。左手には千波湖、右手には桜川があるので、まるで水上を走っているような気分。

距離表示

500m毎の距離表示はこんな感じ。保護色なのと、草陰に隠れているの見落としやすい。一部、路面にも100m毎の距離表示があるが、抜けていたりするので紛らわしい。

湖畔の遊歩道

ちなみに湖の南側はランニングコースよりもさらに内側、湖畔間近の遊歩道も走れる。ただし、フラつくとドボンしてしまうので、走るならランニングコースがおすすめ。

お役立ち情報

スタート地点近くには「徳川光圀公像」や「徳川斉昭公・慶喜公像」があり、観光で訪れた際にはぜひチェックしておきたい。

湖が一望できるカフェ「好文cafe」もあるので、ランニングの後に寛いでいくのも良さそう。今回はホテルの朝食に間に合わなくなるのでパス。

千波湖〜水戸駅方面に戻る途中、「藤田東湖誕生の地」の史跡を発見。江戸時代の藩校「弘道館」の創設に大きな足跡を残した人物で、歴史好きならピンとくる名前だ。

藤田東湖といえば、司馬遼太郎の小説『最後の将軍 徳川慶喜』が印象に残っている。水戸藩を代表する「知の巨人」だったらしい。

最後の将軍 徳川慶喜