ブレスサーモ ショートソックス レビュー:冬ランに暖かい発熱する靴下

最近のランニングシューズは通気性が良いため、寒い時期のランニングでは足元が冷える。そこでおすすめなのがミズノの発熱するランニングソックス「ブレスサーモ ショートソックス」。人体から発生する水分を吸収して熱に変えてるので真冬でもポッカポカ。特に冷え性の人におすすめだ。

ミズノ ブレスサーモ ショートソックス

この記事の目次

冬ランに暖かい発熱する靴下

今回紹介する「ブレスサーモ ショートソックス」の特徴は、人体から発生する水分を吸収して発熱する素材「ブレスサーモ(Breath Thermo)」を使っていること。

発熱する素材といえばユニクロのヒートテックが有名だが、ミズノはそれよりも前にブレスサーモを開発し、1993年には「吸湿発熱」の理論で特許申請をしている。

最近のランニングシューズの多くはアッパーにニット素材やメッシュ素材を採用してため、軽くて通気性に優れている反面、真冬は風が入り込んで足が冷たくなる。

そこで重宝するのが「ブレスサーモ ショートソックス」。これを履けば真冬 のランニングでも足元がポッカポカ。

土踏まずのアーチサポート

ブレスサーモ ショートソックス」は暖かさをウリにしているが、ランニングソックスとしての機能も優れている。詳しく見ていこう。

素材は、主に綿とアクリルを使用。メイド・イン・ジャパン(MADE IN JAPAN)で品質も安心。

ブレスサーモ ショートソックス

足の形に合わせた立体構造なのでピタリとフィットする。特に土踏まずの部分は心地よい程度に締め付けられるのでサポートも抜群だ。

ブレスサーモ ショートソックス

足裏には「BREATH THERMO」とミズノのロゴが入っている。

ブレスサーモ ショートソックス

ブレスサーモ ショートソックス 評価

実際に「ブレスサーモ ショートソックス」を履いてみた感想としては、まず生地の厚さがちょうど良い。薄すぎると冬だと寒いし、厚すぎても足が窮屈に感じる。厚手の靴下にありがちなゴワゴワした感じや、締め付け感はない。伸縮性に優れているためソックスを履いたまま足指を楽に広げらる。

ブレスサーモ ショートソックス

いつも履いているナイキの「ペガサス 35」はアッパーがメッシュ素材のため、シューズの中に冷たい風がピューピュー入ってくるが、「ブレスサーモ ショートソックス」を履いていれば寒さを感じない。

ブレスサーモ ショートソックス

ランニングはもちろん、日常生活にも使える。関東で珍しく雪が降った日に「ブレスサーモ ショートソックス」を履いたらポッカポカだった。

雪の上

ミズノ ブレスサーモ ショートソックス