旅ランニング|寺院巡りだけじゃない!奈良公園でトレイルラン

奈良県

東大寺・春日大社など世界遺産から、若草山・春日山原生林など緑豊かな自然まで、奈良の魅力が凝縮された奈良公園を走ってきたので紹介する。個人的には春日山遊歩道のトレイルランニングがおすすめ。

目次と内容

奈良公園とは?

奈良公園は、奈良県奈良市にある都市公園。観光スポットとして有名な「東大寺」や「春日大社」などがあるエリアだけでなく、東側に広がる若草山や春日山原生林も含まれる。

広大な敷地を1日で制覇するのは、ランニングですら難しい。事前に公園マップを確認して気になるスポットを確認しておこう。奈良県公式サイト公園マップがとても分かりやすかった。

今回は、若草山周辺のホテルに宿泊したため若草山頂駐車場をランニングの拠点とした。

そこから春日遊歩道を走って麓まで降り、春日大社→東大寺→二月堂→若草山を巡りならジョギング。最後は若草山頂駐車場まで戻り、標高約324mの若草山頂から夕日に染まる奈良の街を一望する機会に恵まれた。

参考までにストラバのアクティビティを載せておく。走行距離は8kmだが、走り始めてから2時間ほどかかっている。市街地から若草山頂まで標高差が200mほどある。

若草山頂

東大寺の東側にある標高342mの若草山。市街地から見ると、鮮やかなグリーンの芝生に覆われた斜面が印象的だ。

山頂までは「山嶺ゲート」から徒歩でアクセスできるが、車で奈良奥山ドライブウェイを一気に登ることもできる。ただしドライブウェイは有料で歩行者・自転車の通行ができない。

今回はドライブウェイの中腹にある「ANDO HOTEL 奈良若草山」という宿に泊まった。そこから山頂まで走る予定だったが「通行禁止」の看板を目にして、しかたなく車で若草山頂駐車場まで向かった。

駐車料金は無料。公衆トイレや自販機もある。ちなみに奈良公園のマスコット的存在とも言える鹿もいた。

駐車場から緩やかな坂を300mほど上がると、山頂にアクセスできる。山頂からは奈良の街並みが一望できるので一度は訪れる価値あり。

山頂から若草山を降ることもできるが、今回は春日山原生林の中に整備された「春日山遊歩道」を走って麓に出ることにした。

春日山遊歩道

若草山頂駐車場のすぐ近くに春日山遊歩道の入口がある。麓の春日大社までの距離は約3km。

原生林の中の道ということで「酷道」を走るのかと思いきや、道幅が広くて砂利できれいに整備されており、普通に自動車で通行できるレベルだった(実際には許可された車両のみ通行可能)。

春日山遊歩道を走る様子を動画でも撮影した。

途中ですれ違ったハイキング客は5組。標高差200mを歩いて登る人はそんなに多くない。

春日大社

春日山遊歩道の終着点は、ちょうど春日大社の北側。近くに春日大社本殿バス停と大型駐車場があるので、ここを拠点に走るのも良いだろう。

春日大社は全国の春日大社の総本社であり、ユネスコ世界遺産「古都奈良の文化財」のひとつでもある。

敷地が広いので歩いて観光すると時間がかかるが、走ればあっという間。もちろん、境内では走ったりしないが。

春日大社は午前中に家族と一緒にじっくり観光したので、今回はスルーして参道へ抜けていった。

途中、広々とした丘陵地帯が広がっていた。「飛火野」と呼ばれるエリアらしい。

その一角に「明治天皇玉座跡」と書かれた大木を発見。明治天皇の玉座跡に植樹された大楠で、三本の木で構成されている。

この辺りも鹿が多い。

東大寺

自動車道に出ると、進路を北に変えて東大寺を目指した。

東大寺に続く道は観光客が多い。そして観光客が持つ「鹿せんべい」を目当てにしているのか、鹿の数もハンパない。

写真撮影に勤しむ人たちをかき分けて南大門へ。

その先に、あの有名な大仏が鎮座する東大寺がある。

「平城京の東側にあったから東大寺なんです」と後日、平城宮跡資料館の方に教えていただいた。ちなみに西側には東大寺よりも大きい西大寺があったらしい(現在の西大寺とは異なる)。

こちらは翌日に家族を連れて観光する予定だったのでスルー。東大寺の西側から北側に抜けて、東側にある「二月堂」を目指した。

こちらが二月堂の建物。

若草山

二月堂から南へ進むと、鮮やかなグリーンが印象的な若草山の斜面が目に入ってくる。

ここから1.5kmの登山道を上ると、山頂にたどり着く。

ただし登山道は北側と南側の二カ所ある入山ゲートを通る必要がある。通行できる時間が9時〜17時と知らずに、ちょうどゲート前に到着したのが17時3分。ギリギリ間に合わなかった。若草山を上って山頂に戻りたかったのに……。

まあ旅なんてそんなもの。こういう予想外の展開を楽しめばいいのだ。

というわけで、春日大社から再び春日山遊歩道を駆け上がり、若草山頂駐車場まで戻った。

まとめ

以上、奈良公園のランニングの様子を紹介した。今回は春日山原生林の中を走るトレイルランと、春日大社〜東大寺周辺の街ランが両方楽しめたのは良かった。

一方で、奈良公園を走っていると「鹿のフンを踏んでしまわないか」という不安が常に付きまとう。今回はなんとか無事に走る終えることができたが、翌日の観光では思いっきり踏んでしまった。

お気に入りのランニングシューズ、ナイキの「ズームフライ5」が悲惨なことに……。奈良公園を走る際には鹿のフンにお気をつけ下さい!

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

2022年の夏休みは16日間の旅行に出かけた。フェリーでマイカーと一緒に徳島へ渡り、最初の5日間はひとりで淡路島を走って1周。その後、家族と合流して兵庫・大阪・奈良・京都・滋賀・三重をめぐるドライブ旅を楽しんできた。

2022年7月に発売されたナイキの「ズームフライ5」を実際に履いてみたので紹介する。前作「ズームフライ4」からメジャーアップデートされ、全く別のシューズと言って良い。履き心地は好き嫌いが分かれそうだ。

ナイキ ズームフライ5」の最新価格を今すぐチェック!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。ペガサスやヴェイパーがお得に買えるクリアランスセールもこまめにチェックしよう。

クリアランスセールをチェック

#奈良県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。