オン ランニングキャップ Lightweight Cap【レビュー・評価】

最終更新日:

新しいランニングキャップが欲しかったのでオンのLightweight Capを購入しました。特徴や使用感を分かりやすく紹介します。

この記事のもくじ

オン ランニングキャップ Lightweight Cap【レビュー・評価】

ランニングキャップを新調しました。オン(ON)は、ランニングシューズだけでなく、ランニングウェアやアクセサリーも秀逸なんですよね。

オン(ON)を選んだ理由

オン(ON)は、高機能ランニングシューズやウェアの開発・販売を手がけるスイスのスポーツ用品メーカー。チューリッヒ工科大学と共同開発したオンのランニングシューズは、今や日本のマラソン大会でもよく見かけるようになりました。「東京マラソン 2019 EXPO」にも、出展ブースを構えていました。

以下は、僕が使っているオンのシューズやアクセサリー。いつの間にか増えていますね。

オンといえば、独特なデザインのランニングシューズが有名ですが、近年はランニングウェアやアクセサリーにも力を入れています。

そのクオリティは素晴らしく、ランニングショーツは僕の本番レースの定番ウェアとなりました。「東京マラソン2019」でも、きっちりと仕事をしてくれました!雨なのにベタつかず、最後まで快適サラサラ。

信頼できるブランドだからこそ、新しいランニングキャップを探している時に、真っ先に候補に挙がったのがオンでした。機能もさることながら、オンはデザインがイケていますからね。

公式オンラインストアで注文

というわけで、オンのランニングキャップ「Lightweight Cap」を公式オンラインストアで注文しました。

注文した当日に出荷、翌日に佐川急便で届きました。

箱を開けると、ランニングキャップの他に、注文書と返送用の伝票(着払い)が入っていました。

ダンボールの縁を見ると、両面テープが貼ってありました。保護シールをめくれば、返品用の箱に早変わり。これは、アマゾンのプライム・ワードローブと同じ仕組みですね。こうして気軽に返品できる体制が整っていると、現物を見なくても安心してネットでお買い物ができます。

外観・スペック

それでは、ランニングキャップ「Lightweight Cap」を詳しく見ていきましょう!

大きさはワンサイズのみ。カラーは「ブラック」、「ネイビー」、「グレー」の三色展開。いつも暗い色を選んでいるので、今回は明るめの「グレー」を選びました。灰色というより、限りなく白に近いグレーです。

左右には小さな穴がたくさんあり、通気性に優れています。

サイズは後ろのバンドで調整が可能です。

個人的に気に入っているのが、内側に張り巡らされたスウェットバンド。これまでランニングキャップを被っていても、額に汗が垂れてきていましたが、Lightweight Capは、このスウェットバンドが汗を全部給水してくれます。これが超絶快適!

Engineered in Switzerland. Made in China. 本国スイスで設計された、メイド・イン・チャイナです。

使用感

練習やレースでの使用感をまとめました。

とにかく軽い

第一印象は、「軽いのに丈夫なんだな」ということ。実測値では、重さはわずか54g。商品名が英語の「軽量」を意味するLightweight(ライトウェイト)なので、名は体を表していますね。

でも頑丈

頭を覆う部分は極薄の素材が使われていますが、キャップのつばの部分はやや厚みがあります。内側に張り巡らされたスウェットバンドも厚みがあるので、薄っぺらい感じはしません。むしろ、頭をしっかりと守ってもらっている感じがします。

作りがしっかりしているので、ソニーのアクションカメラを装着してもちゃんと固定されます。

頭の大きい僕でも深々とかぶれる

僕は頭が大きい方です。これまでのランニングキャップは頭がきっちり収まりきらなかったのですが、Lightweight Capは頭がすっぽりと入りました。

汗が額に垂れてこない

使ってみて一番嬉しかったのはこれですね。これまでは汗が額に垂れてきて不快な思いをしましたが、Lightweight Capは、内側のスエットバンドが全て吸収してくれます。

特にレースだと汗が垂れるとストレスになるので、ストレスフリーで走り続けられるのは有り難いです。

まとめ

今回も機能性に優れたランニンググッズが手に入って満足しています。オンの素晴らしいところは、機能性に加えてデザイン性も優れていること。Lightweight Capをかぶるだけで、テンションが上がりそうです!

Profile
プロフィール

埼玉県さいたま市在住のマラソンブロガー&IT会社員&二児パパ。地元浦和から世界の果てまで、そこに道があれば走っています。マラソン遠征や大会レポ、話題のランニングシューズや最新ガジェットのレビューをブログで発信中。