読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

PULSE 7in Shortsレビュー:収納力抜群のランニング短パン

▶︎ #ランニングウェア#Salomon#ショートパンツ

夏のランニングに向けてハーフパンツが欲しかったのでサロモンの「パルス 7インチ ショーツ(Pulse 7inch Short)」を購入した。汗で濡れても肌にベタつかない快適性と、ウエストポーチ並みの充実した収納力が特徴。

この記事の目次

Pulse 7 Shortsを選ぶ理由

サロモンは、フランス・アルプスで誕生した世界的アウトドアブランド。もともとマウンテンスポーツを得意としていたが、最近はランナー向けの商品も充実している。

今回紹介する「パルス 7インチ ショーツ」の最大の特徴は、ウエストポーチ並みの充実した収納力。腰回りにポケットが4つもあるので、補給食や小型の給水ボトル、スマートフォンなどが余裕で収納できる。

これさえあれば、マラソン大会や日帰りの旅ランなどで、荷物を持たずに手ぶらでランニングが試しめる。

速乾性に優れた「QuickDry」採用

それでは「パルス 7インチ ショーツ」を詳しく見ていこう。

腰回りにフロントポケット1個、サイドポケット2個、バックポケット1個の合計4つの収納ポケットを配置。

バックポケットはジッパー付きで、6インチのスマートフォンも余裕で入る大型サイズ。

日々の練習だと、自宅の鍵、スマートフォン、現金を持って走るので4つのポケットに分散できるのは助かる。レースでもエイド類の他、スマホや貴重品類が楽々収納できる。

内側にはブリーフが内蔵されているので下着は不要。洗濯物が減って助かる。

左側には5本のリフレクター(反射材)を配置。前からも後ろからも見えるので、夜のランニングでも安心だ。

素材には速乾性に優れた「QuickDry」を採用。また、紫外線カット率は「UPF30+」。暑い夏に威力を発揮してくれそうだ。

パルス 7インチ ショーツの評価

パルス 7インチ ショーツ」は、肌に馴染む短パン。汗で濡れても足にまとわりつかず、サラサラ感をキープしてくれる。それなのにゴワゴワせず、肌触りが優しい。

伸縮性が非常に高く、股関節をフル稼働させるスピードランでもストレスフリーで走り続けられる。

先日参加した「山中湖ロードレース」では気温が高く汗でビショビショになったが「パルス 7インチ ショーツ」のおかげで快適に走り続けることができた。

ジッパー付きのバックポケットは大きくて便利な反面、コンパクトサイズ(5インチ)のスマホだとポケットの中で揺れてしまうのが唯一の難点。

この記事で紹介したモノ

サロモン パルス 7 ショーツ Pulse 7'' Short

関連記事

OUTLINE HZ MIDレビュー:サロモンの暖か軽量ミッドレイヤー

SENSE PRO 5レビュー:サロモンの羽織る5Lバックパック

GLIDE 7 INCH SHORTレビュー:ホカオネオネの2in1パンツ

XA Sun Shieldレビュー:サロモンの後付けネックシェード

XA 7 inch SHORTレビュー:サロモンの収納力抜群のハーフパンツ

Hybrid Shortsレビュー:Onのショーツとタイツの2in1

#Salomon#ショートパンツ

ピックアップ

2021年に買ったランニングシューズ10足:おすすめは「METASPEED SKY」

【2022年最新】ランニング日誌:ランナーズ・クリールの付録を徹底比較

スポーツバルム レビュー:冬マラソンにおすすめの防寒ジェル

モルテン Drink Mix 320 レビュー:キプチョゲ御用達のスポーツドリンク

旅とグルメが最高すぎるマラソン大会:おすすめ3選を紹介

BLACKUBEキャップライト レビュー:頭上から照らすランニングライト

最新記事

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画