自費レビュー|Thule Aion トラベルバックパック:シューズ収納付き

THULE収納

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

2022年の新作、Thule Aionシリーズの「トラベルバックパック28L」を紹介します。

側面のジッパーを開くと、容量を4L分増やせます。主な特徴は以下のとおり。

  • 容量は28Lから32Lに拡張可能
  • シューズを保管する収納袋付き
  • 防水ワックスキャンバス素材を使用
  • スリーブ、収納ポケット多数

内側にはシューズや汚れ物を保管する袋付き。マラソン遠征でレース用シューズや汚れたウェアを入れておくのに便利ですよ。

購入ガイド

Thule Aion Travel Backpack 28L」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

シューズ収納付きリュック

Thule(スーリー)は北欧スウェーデン発のブランドです。

自動車のルーフボックスやキャビンで世界トップシェアを持つ企業ですが、近年はキャリーバッグやビジネスバッグの領域でも存在感を高めています。

今回紹介するのは、2022年5月に発売された「Thule Aion(スーリー アイオン)」のコレクションのトラベルバックパックです。

主な特徴は以下のとおり。

  • 容量は28Lから32Lに拡張可能
  • シューズを保管する収納袋付き
  • 防水ワックスキャンバス素材を使用
  • スリーブ、収納ポケット多数

側面のジッパーを全開すれば、4L分の収納スペースが生まれるので、旅の途中で荷物が増えても安心です。

また、内側にはメイン収納の間仕切りを兼ねたTPUライニングの袋を配置。ランニングシューズはもちろん、汚れ物などを保管できます。

デザインとスペック

「Travel Backpack(トラベルバックパック)」は、小さめの28Lと大きめの40Lの2サイズが選べます。基本スペックを表にまとめました。

Travel Backpack 28LTravel Backpack 40L
サイズ縦47cm・幅28cm・高さ23cm縦52cm・幅33cm・高さ23cm
重量1230g1450g
容量28〜32L40L
定価30,800円34,100円

いずれも飛行機の機内持ち対応可能なサイズです。収納容量を調整できるのは28Lタイプのみ。

それでは「Travel Backpack 28L」を詳しく見ていきましょう。

まずは外観から。生地は600D防水ワックスキャンバス素材を使用。耐水コーティングによって、湿気や汚れを寄せ付けません。

中央のフラップの内側にはカラビナなどが装着できるループを配置。

側面にあるジッパーを開くと、収納容量を28Lから32Lに拡張できます。

ジッパーの下に隠れたマチの部分が4L分の容量に相当します。

上部のジッパーを開けると、サブ収納にアクセスできます。こちらは貴重品や小物類などを保管するのに便利ですね。

上部のもうひとつのジッパーを開けると、メイン収納にアクセスできます。こちらは全開できません。

先ほどの拡張用のジッパーとは別の、側面にあるもうひとつのジッパーを開くとメイン収納が全開します。

そしてこちらがメイン収納の間仕切りです。ジッパーで完全に閉じることもできます。

間仕切りを使わなければ、クルクル巻いてコンパクトに収納することも可能です。

ここからが肝心なのですが、このTPUライニングの間仕切り自体が収納袋になっており、シューズや汚れ物などを他の荷物と分けて保管することができます。

背面の内側には16インチまでのノートパソコンが収納できるメインスリーブと、13インチまでのタブレットが収納できるサブスリーブを配置。

大きめのジッパー式ポケットは充電ケーブルなどを保管するのに最適です。

裏側はこんな感じです。

上部にはパスポートやスマホが余裕で入るジッパー式ポケットを配置。

バックパックをスーツケースのハンドルに固定するバンドも付いています。

専用のドリンクボトルポケットには500mlのペットボトルが余裕で入ります。

使ってみた感想

ここからは実際に「Travel Backpack 28L」を使ってみた感想をまとめます。

大容量のメイン収納

容量28Lのほとんどがメイン収納に割り当てられているため、荷物をまとめて収納できます。間仕切りにシューズを保管しても、2〜3泊分の着替えが余裕で入ります。

圧縮袋を活用すればもっといけそうです。

メイン収納が全開できて楽

上部からもサッと取り出せますが、やはり全開できると荷物が見つけやすいですし、整理整頓もしやすいです。

シューズ収納が嬉しい

マラソン遠征ではレース用のシューズを別途持っていくので、間仕切りの袋にランニングシューズを保管できるのは有難いですね。

シューズを入れてもまだ余裕があり、汚れたウェアなども入ります。

横持ちしやすい

基本的には背負って利用しますが、このように横にして持つことも可能。重心のバランスが良いので疲れません。

縦には持ちにくい

逆に縦に持つと、重心が偏るので腕が疲れます。しかも取手が2つあるのに、同時に持つのは難しいですね。

傷が気になる

これは「Thule Aion」のシリーズに共通した仕様なのですが、ワックスキャンバスは傷が目立ちます。そういう素材感を楽しむものなので、傷が気になる人には向いていないでしょう。

おまけ

同じシリーズの小型スーツケース「キャリーオンスピナー」も持っていますが、こんな感じにハンドルの部分に「トラベルバックパック」を固定できます。

個人的には大きなスーツケースを1個よりも、2個に分けて持っていく方が楽に感じますね。これで最大67L(35L+32L)分の荷物が入ります。

購入ガイド

Thule Aion Travel Backpack 28L」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#THULE#収納

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。