tomo.run

Adidas「ソーラーブースト」レビュー

Adidas「ソーラーブースト」レビュー

2018年5月に発売されたアディダスのランニングシューズ「ソーラーブースト」を紹介します。

アッパー部分に「テーラードファイバープレースメント」という新製法を採用しシューズのフィット感を高めています。

早速履いてみたので詳しくレビューしたいと思います。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

絶妙なホールド感

今回紹介するアディダスの「ソーラーブースト(SOLAR BOOST)」の特徴は以下のとおりです。

  • コンセプトは初マラソン挑戦者たちへ捧げる、新たなランニングシューズ」
  • ミッドソールにクッション性と反発性を両立した「BOOST」を搭載
  • アッパーに「テーラードファイバープレースメント」を新たに採用

最大の特徴は、シューズのアッパー部分に「テーラードファイバープレースメント」と呼ばれる新素材が使われていること。

何重にもレイヤードされた特殊構造を持ち、見た目はボテっとした仕上がりになっています。靴下のように薄いナイキの「フライにニット」とは対照的ですね。

しかしこの「テーラードファイバープレースメント」が生み出すフィット感は絶妙で、圧迫感を与えずに足をがっしりと固定してくれます。

デザインとスペック

それでは「ソーラーブースト」を詳しく見ていきましょう。実は今回、人生で初めてアディダスのランニングシューズを履きます。

上から見ると、アッパーの両サイドに厚みがありますね。「テーラードファイバープレースメント」の存在感が強いです。

こちらが「テーラードファイバープレースメント」の拡大写真。外側には三本線のロゴが入っています。

内側にはロゴは入っていません。

靴底のアウターソールには、グリップ性の高いコンチネンタル( CONTINENTAL)のラバーを採用しています。

アウターソールとミッドソールの間には、ピンク色のプラスチック素材を挟んでいます。これはトルションシステム(TORSION SYSTEM)と呼ばれ、中足部のねじれをコントロールする役割があります。

ミッドソールのクッションは「adizero takumi sen boost」にも使われている「BOOST」を搭載。

質感は、発泡スチロールのツブツブをギュッと固めたような感じです。

メンズ25.5cmの重さは実測値で266gでした。そんなに軽くはないですね。

履いてみた感想

ここからは実際に「ソーラーブースト」を履いてみた感想をまとめます。

ファーストインプレッション

着地は硬めの印象。クッション性よりも反発性の方が強く感じます。

まず驚くのが足全体が包み込まれるようなホールド感。下からはBOOST、上からはテーラードファイバープレースメント、カカトからはヒールカウンターが程よい圧力で足をガッチリと固定します。

幸手市さくらマラソン

ターゲットが「初フルマラソン」なので高速ペースには向いていないと思いきや、10マイル(16km)のレースで履いてみたら平均ペース4:00/kmでも快適に走れました。

普段履きとしても快適

ランニングはもちろん、履きやすくて快適になので普段履きとしても使っています。特に旅行に履いていくと、これ1足でウォーキングからランニングまで全部カバーできてしまいます。

おまけ

ランニングシューズとしても普段履きシューズとしても使える、一挙両得なシューズを1足持っておくと重宝します。

その場合、オールブラックなど落ち着いたカラーを選ぶと、スマートカジュアルOKな職場にも履いていけますよ。

ランニングシューズにあまりお金をかけられない方は、ぜひ普段履きシューズと兼用できるモデルを選びましょう。

Adidas「ソーラーブースト」レビュー

この記事で紹介した「アディダス ソーラーブースト」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

自宅で無料試着してみる

シューズやウェアのサイズ選びに不安があるなら、Amazonの無料試着サービス「Prime Try Before You Buy」で気になるサイズをまとめて注文。自宅で試着した後、不要なものは無料で返送・返品できます。