【ソーラーブースト レビュー】初フルにベストなシューズ

この記事では、2018年5月に発売された、Adidas(アディダス)のランニングシューズ「Solar Boost(ソーラーブースト)」の特徴・評価・耐久性について解説します。

Adidasの最新テクノロジーが惜しげものなく詰め込まれており、安定感とフィット感が抜群のランニングシューズに仕上がっています。

初めてフルマラソン完走を目指すランナーにおすすめの1足です!

Solar Boostを選ぶ理由

今回紹介する「Solar Boost(ソーラーブースト)」の特徴は以下のとおり。

コンセプトは「初マラソン挑戦者たちへ捧げる、新たなランニングシューズ。

Solar Boostは、Adidasの最新テクノロジーを駆使して作られた、マラソン初心者向けのランニングシューズです。

クッション性と反発性を両立した革新的ミッドソールテクノロジー「Boost」を継承しつつも「テーラードファイバープレースメント」と呼ばれる新製法を取り入れ、これまでにない絶妙なホールド感を実現しています。

マラソン初心者でなくても、普段から長距離走を走るランナーならジョギング用に持っておきたいシューズです。

外観と仕様

それでは、「Solar Boost(ソーラーブースト)」を詳しく見ていきましょう!

箱を開けて ADIDAS Solar Boostとご対面。実を言うと、これが人生初のアディダスのシューズ。緊張してドキドキします!

上から見ると、横に分厚いです。パッと見ると「サッカーシューズ?」と錯覚します。

シューズのアッパー部分にはテーラードファイバープレースメントと呼ばれる新製法が使われています。NIKE Epic React Flyknitの薄いニット製法とは異なり、何重にもレイヤードされた特殊構造のため、かなりボテっとした仕上がりになっています。

靴底のアウターソールには、グリップ性の高い CONTINENTAL(コンチネンタル)のラバーが使われています。

アウターソールとミッドソールの間には、ピンク色のプラスチック素材が入っています。これは TORSION SYSTEM(トルションシステム)と呼ばれるテクノロジーで、中足部のねじれ運動をコントロールし、足の安定性を向上させます。

ミッドソールには、上級者向けレースシューズ「adizero takumi sen boost」にも使われている「BOOST」を採用。発泡スチロールのツブツブをギュッと固めたような素材感が特徴です。

シューズの内側の写真

シューズの外側の写真。

シューズの後側の写真。

重さ

公式サイトによると、24.0cmで270g、27.0cmで305g。ぼくが購入したメンズ25.5cmの実測値は266gでした。

ドロップ

シューズの傾斜を表すドロップは10mm。ヒールが高さ32mm、前足部が高さ22mm。

履いてみた感想

実際に「Solar Boost(ソーラーブースト)」を履いてみた感想です。

ファーストインプレッション

ひと言でいうと、硬めのシューズ。クッション性よりも反発性の方が強いと感じます。

Solar Boostを履いてまず驚くのが足全体が包み込まれるようなホールド感覚。下から BOOST、上からテーラードファイバープレースメント、後からはヒールカウンターが程よい圧迫感で足を固定してくれるので、足がねじれる心配はありません。

200g前後の軽量シューズに履き慣れていると、Solar Boostはやや重く感じます。はき心地も硬めなので、実測値よりもさらに重く感じます。

幸手市さくらマラソン

10マイル(16km)のレースで履いてみました。平均ペース4’00/kmでも快適に走れます。

よくある質問

サイズ感はどうですか?

通常は25.5cmを履いていますが、25.5cmでちょうどよく感じます。

Adidas Solar Boost