自費レビュー|アディゼロ アディオス プロ 3

アディダスシューズ

2022年6月に発売されたアディダスの最速級マラソンシューズ「アディゼロ アディオス プロ 3」を紹介する。自慢の反発力や謳い文句の「爆発的推進力」はそこまで感じられず、代わりにクッション性能の高さとゆとりあるホールド感を実感した。

購入ガイド

アディゼロ アディオス プロ 3」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

アディオス プロとは?

アディゼロ アディオス プロ(Adizero Adios Pro)は、アディダスの最速級マラソンシューズ。2020年6月に初代「アディオス プロ」が発売され、2021年6月に「アディオス プロ2」、2022年6月に「アディオス プロ3」の後続モデルが続く。

ミッドソールにアディダス独自の高反発クッション「LIGHTSTRIKE」と5本骨状カーボンバーを内蔵し、長距離レースで記録更新が狙いやすいのが特徴。公式サイトによれば、2021年には世界の主要マラソン大会の優勝者の6割が「アディオス プロ2」を着用していたという。

プロ3とプロ2の比較

今回僕が購入したのはシリーズ第3代目となる「アディオス プロ3」。前作「アディオス プロ2」との違いは以下のとおり。

アディオス プロ3アディオス プロ2
発売日2022年6月2021年6月
定価26,400円26,000円
重さ(27.0cm)215g210g
ドロップ6.5mm10.0mm
ミッドソールENERGY RODS 2、LIGHTSTRIKE PROENERGY RODS、LIGHTSTRIKE PRO
アウターソールCONTINENTAL RUBBER、LIGHTWEIGHT TEXTILE RUBBERCONTINENTAL RUBBER、LIGHTWEIGHT TEXTILE RUBBER
アッパーNEW SUPERLIGHT MESH、HEEL SLINGSHOTCELERMESH 2.0

基本設計は変わっていないが、5本骨状カーボンバーが「ENERGY RODS」から「ENERGY RODS 2」にアップグレードされたり、アッパーに「NEW SUPERLIGHT MESH」と「HEEL SLINGSHOT」を採用するなど、部分的な改良が見られる。

その他、ヒールと前足部の差を表すドロップが10.0mmから6.5mmに変わり、傾斜がより小さくなっている。

デザインとスペック

それでは「アディオス プロ3」を詳しく見ていこう。今回は予約開始直後に公式サイトで注文し、7月2日に自宅に届いた。サイズは26.0cmを選んだ。

LIGHTSTRIKE PRO

ミッドソールにはアディダス独自の高反発クッション「LIGHTSTRIKE PRO」。見た目も触った感じも発泡スチロールのように軽い。

厚さ39.5mm

ワールドアスレチックス(世界陸連)のルールでは、ロードレースで使用するシューズの厚さは40.0mm以下と定めている。「アディオス プロ3」は最も厚い部分が39.5mmとギリギリまで攻めている。そしてソールには「39mm」をさりげなくプリントしている。

ENERGY RODS 2

アディオス プロの最大の特徴とも言える5本骨状カーボンバー。まるで足の骨のように5本に枝分かれしたファイバーが内蔵されている。内側の3本は部分的に外からも見える。

靴底

アウターソールにはCONTINENTAL RUBBERとLIGHTWEIGHT TEXTILE RUBBERを採用。接地面積の半分以上が滑り止め加工されたラバーで覆われている。

NEW SUPERLIGHT MESH

アッパーには軽量性と通気性に優れた「NEW SUPERLIGHT MESH」を採用。

特にくるぶしのあたりは中が透けて見えるほど薄くて通気性が良い。

シュータン

タンはペラペラに薄く、足の形状にピタリとフィットする。随所に小さな穴を開けて通気性を高めている。

HEEL SLINGSHOT

ヒール周りにはクッション材を多めに配置し、足首のホールド感を高めている。

プルタブ

シューズを履く際に便利なプルタブは折り畳み可能。立てておくとアキレス腱と干渉するので、折り畳み式は意外と便利。

重さ

重さは、26.0cmの実測値で208g。レースシューズの中では軽い部類に入る。

サイズ感

ランニングシューズ選びでは、いつも25.5cmか26.0cmで迷う。今回はやや大きめの26.0cmを選んだが、前足部のスペースにかなり余裕を感じる。幅広の僕の足でも余裕。25.5cmでも良かったかもしれない。

足首周りも窮屈さを感じない。「HEEL SLINGSHOT」は構造上、足首を締め付けるのではなく、クッション材で押し付けているので、ホールド感は高いが締め付け感はない。

耐久性

耐久性については今後アップデートする。

履いてみた感想

ここからは実際に「アディオス プロ3」を履いてみた感想を紹介する。

最強のグリップ性能

個人的に「アディオス プロ3」のお気に入りポイントはこれ。アウターソールのほぼ全面に配置されたCONTINENTAL RUBBERとLIGHTWEIGHT TEXTILE RUBBERは薄くて軽いが、グリップ性能はピカイチ。

手で触れるとザラザラしており、近くで見ると縦に溝が入っているのが分かる。ハイスピードで走っていても、路面をしっかり捉えてくれる。そしてコーナリングでも高い安定感を保つ。

ゆとりあるサイズ感

同じ26.0cmでも「アディオス プロ3」はサイズ的にゆとりを感じる。前足部のスペースも余裕があり、幅広の足もストレスフリー。足首を締め付けないことが余裕を感じさせる最大の要因だろう。

抜群のクッション

アディダス独自の高反発クッション「LIGHTSTRIKE PRO」と5本骨状カーボンバー「ENERGY RODS 2」のコンビが生み出す履き心地は、なんだかフワフワして気持ちが悪い。最初はそう感じたが、ペースアップすると落ち着いてくる。

ハイスピードで走っていると、反発力はそこまで感じなかった。謳い文句の「爆発的推進力」も直感がない。むしろクッション性の高さが感じられ、長時間走り続けても疲れにくい印象。

まとめ

以上、アディダスの最速級マラソンシューズ「アディオス プロ3」を紹介した。

2022年6月は各社のフラグシップモデルが発売され、僕は以下のモデルを購入した。

  • アシックス メタスピード スカイ+
  • アシックス メタスピード エッジ+
  • ブルックス ハイペリオンエリート3
  • アディダス アディオス プロ3

4足を履き比べると「アディオス プロ3」は独自路線を進んでいる印象を受ける。今や最速級モデルに厚底とカーボンは必須だが、他社がカーボンプレートを内蔵しているのに対し「アディオス プロ3」は5本骨状のカーボンバーを搭載。

そのためか反発性や推進力よりも、クッション性能の高さを実感する。ハーフマラソン〜フルマラソンで履いてみたいと思えるシューズだ。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

アディゼロ アディオス プロ 3」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

#アディダス#シューズ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。