"/>

tomo.run

「メタスピード スカイ プラス(+)」レビュー

「メタスピード スカイ プラス(+)」レビュー

2022年6月に発売されたメタスピードスカイ+(プラス)を紹介します。

前作の第1世代と履き比べると、第2世代はレスポンスとフィット感が向上し、アシックスの最速マラソンシューズとしての完成度が高まりました。主な特徴は以下のとおりです。

  • ミッドソールには軽量性と反発性に優れた「FF BLAST TURBO」を採用。第1世代よりも4%増量
  • カーボンプレート内蔵。第1世代から形状が変更
  • アッパーには軽量性と通気性に優れた「モーションアップラッパー」を採用
  • アウターソールには雨でも滑りにくい「ASICS GRIP」を採用
  • 重さは205g(27.0cm)
  • 価格は税込27,500円

「とも」は発売日当日に注文しました。早速履いてみたので詳しくレビューしたいと思います。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

メタスピードスカイ+とは?

アシックスの最速マラソンシューズ

メタスピード(METASPEED)はアシックスの最速級マラソンシューズです。同社のフラグシップモデルであり、世界トップ選手の自己ベスト更新に貢献しています。

ちなみに「とも」は、メタスピードを履いて約2年半ぶりにフル自己ベストを更新することができました。

ストライド型の「スカイ」とピッチ型の「エッジ」

2021年4月に発売された第1世代は、ストライド型のランナーに適した「メタスピード スカイ」とピッチ型のランナーに適した「メタスピード エッジ」の2種類が選べました。

後継モデルは+(プラス)

2022年6月に待望の第2世代モデルが発売。「メタスピード スカイ」は「メタスピード スカイ+」、「メタスピード エッジ」は「メタスピード エッジ+」としてアップデートされました。

マイナーアップデート

第2世代の「メタスピード スカイ+」の特徴は以下のとおり。第1世代からマイナーアップデートという位置づけです。

  • ミッドソールには軽量性と反発性に優れた「FF BLAST TURBO」を採用。第1世代よりも4%増量
  • カーボンプレート内蔵。第1世代から形状が変わっている
  • アッパーには軽量性と通気性に優れた「モーションアップラッパー」を採用
  • アウターソールには雨でも滑りにくい「ASICS GRIP」を採用
  • 重さは205g(27.0cm)
  • 価格は税込27,500円

今回は、発売日の当日に公式サイトでユニセックスモデルの26.0cmを注文しました。

アシックスの株主優待券を使ったので定価の25%割引で購入。新商品・予約商品にも使えるのが嬉しいですね。

デザインとスペック

それでは「メタスピード スカイ+」を詳しく見ていきましょう。

メインカラーは緑色・黄色

第1世代は赤色・オレンジ色でカラーが統一されていましたが、第2世代は緑色・黄色を基調にしたカラーが目立ちます。

ナイキは昔からカラーを統一して、マラソン大会での存在感を高めてきましたが、アシックスもそれに追随しているのでしょう。

FF BLASTとカーボンプレート

前作に続きミッドソールには軽量性と反発性に優れた「FF BLAST TURBO」を採用し、さらに4%増量しています。

ひと目見て、中足部の厚みが増しているのが分かります。またミッドソールの上部にカーボンプレートを内蔵することで、爆発的な推進力を生み出します。

靴底

靴底は前足部と両脇にアシックスグリップを採用。それ以外はミッドソールが剥き出しになった状態ですが、中央部分が窪んでいるため、地面に接触する面積は大きくありません。

アシックスグリップ

優れたグリップ性能と耐久性を持つ「アシックスグリップ」は、濡れた路面でも高い走行安定性を発揮します。このおかげで雨天のレースでも安心して足を任せられます。

モーションラップアッパー

アッパーは「モーションラップアッパー」を採用。通気性・通水性に優れたメッシュ素材で、前足部に遊びを持たせているのが特徴です。

シューレース

第1世代の「メタスピード スカイ」で唯一残念だったのが、シューレース(靴紐)がチープで粗悪だったこと。

ネット上でも評判が良くないようでしたが、第2世代の「メタスピード スカイ+」では改良されました。見た目は釣り餌の「ジャリメ」を連想させ、結び目が解けにくい構造にアップデートされました。

アンクルパッド

第1世代同様にホールド感の鍵を握るのがアンクルパッド。厚めのクッションを配置し、足首を強く優しく包み込みます。前足部に遊びを持たせながら、足首をガッチリとホールドするこの組み合わせはなんとも絶妙です。

シュータン

タンの部分はペラペラに薄く、足の形にぴたりと馴染みます。

重さ

ユニセックスモデルの26.0cmの重さは実測値で191gでした。200gを切ればレースシューズとしては軽い部類に入ります。

前作(第1世代)との違い

前作と比較してみましょう。以下の写真は左が第2世代の「メタスピード スカイ+」、右が第1世代の「メタスピード スカイ」です。

前足部の厚みが増量

超厚底シューズであることに変わりはないですが、第2世代では前足部の厚みが増しているのが分かります。

シューレースが改良

アッパーの構造は大きく変わっていませんが、第2世代ではシューレースが大幅に改良されています。

アシックスグリップの接地面積

靴底の構造も大きな変更なし。ただ第2世代ではアシックスグリップの設置面積が小さくなっていました。

スペック比較まとめ

METASPEED SKY+METASPEED SKY
発売2022年6月2021年4月
重さ(メンズ26.0cm)191g178g
ドロップ5mm5mm
ミッドソールFF BLAST TURBO、カーボンプレートFF BLAST TURBO、カーボンプレート
アッパーモーションラップアッパー100%リサイクルポリエステル素材のエンジニアードメッシュ
アウトソールアシックスグリップアシックスグリップ

サイズ感

サイズはユニセックス(男女兼用)で22.5cm〜29.0cm、30.0cmの展開。

ランニングシューズのサイズ選びはいつも25.5cmか26.0cmで迷います。幅広のワイドモデルがないため、少し大きめの26.0cmを選びました。

足を入れてみると、前足部とつま先周りはスペースにかなり余裕があります。でもアンクルパッドが足首をガッチリ固定するのでホールド感はバッチリ。

耐久性と寿命

耐久性については後日アップデートしますね。

デビュー直後

デビューランは、1kmインターバル走を5本、トータルで13km走りました。

ミッドソールにはすでにシワが入っていますが、アウターソールのダメージは軽微。ただ第1世代の「メタスピード スカイ」は200km超えた辺りから摩耗が目立ち、300km超えでかなり限界に近かったため、練習で使いすぎないようにします。

履いてみた感想

ここからは実際に「メタスピード スカイ+」を履いた感想をまとめます。

キツくて、ユルい

履き心地をひと言で表すと「キツくて、ユルい」。足首周りはアンクルパッドでキュッと締め付けられてシューズと足が一体化します。

一方でアッパーの作りが大きいため、つま先から前足部にかけて足が自由自在に動かせます。これは第1世代の特徴でもありましたが「メタスピード スカイ+」ではさらに進化を感じます。

前足部のレスポンスが向上

第1世代に比べてミッドソールのクッションが4%増量されていますが、その恩恵を最も受けるのが前足部だと思います。

カーボンプレートを内蔵しているため適度なしなやかさを持ち、特にハイスピードでの走行時にレスポンスの高さを実感します。

ヒールカップが安定する

カカトの部分をすっぽり包むような構造のヒールカップも第1世代から改良されたポイントのひとつ。ヒールカップにカカトを固定し、アンクルパッドで足首をガッチリ掴みます。

おかげでハイペースで走行していても、足とシューズのわずかなズレも許さず、エネルギーロスを最小限に抑えてくれます。

おまけ

メタスピードは「スカイ+」と「エッジ+」どちらが良いか?は、マラソンランナーなら誰もが持つ疑問です。

アシックスは「ストライド型ランナーならスカイ」か「ピッチ型ランナーならエッジ」を推奨していますが、「とも」はこの分類の仕方に違和感を感じます。

両者を履き比べた上で1つだけ選べと言われれば「メタスピード スカイ+」を選びます。それは自分がストライド型だからではなく、ハーフ〜フルマラソンの長距離メインで走っているからです。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「アシックス メタスピードスカイ+」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

アシックス メタスピードスカイ+

Amazonで最大8%ポイントアップ「スマイルSALE」開催中(4/22まで)