自費レビュー|ブルックス ハイペリオンエリート3

シューズブルックス

2022年6月に発売されたブルックスの最速級マラソンシューズ「ハイペリオンエリート3」を紹介する。走行安定性が極めて高く、ハーフ・フルマラソンで自己ベストを狙いたいランナーにおすすめの1足。

購入ガイド

ハイペリオンエリート3」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

ハイペリオンエリートとは?

ブルックスの最速マラソンシューズ

ブルックス(Brooks)は日本では知名度が低いが、本国アメリカではランニングシューズのメジャーブランドのひとつ。100年以上の歴史を持ち、「ハイペリオンテンポ」や「ゴースト」などのランニングシューズが人気。ちなみに僕は「ゴースト14」をジョギングで愛用している。

ハイペリオンエリート(Hyperion Elite)は、ブルックスが同社のフラグシップモデルに位置付ける最速級のマラソンシューズ。アシックスの「メタスピード」、ナイキの「アルファフライ」と互角に戦えるモデルだ。

「ハイペリオンエリート3」の特徴

2022年6月にはシリーズ3代目となる「ハイペリオンエリート3」が発売された。特徴は以下のとおり。今回は発売当日にユニセックスタイプの26.0cmを注文した。

  • ミッドソール素材「DNA FLASH」を採用
  • 可変式カーボンプレートを内蔵
  • アッパーには通気性に優れたメッシュ素材を採用
  • オフセットは8mm
  • 重要は230g(27.0cm)
  • 定価は税込29,700円

魅力:安定感が高い

最大の魅力は、走行時の安定感の高さ。ミッドソールは軽量性・クッション性・反発性のバランスが良く、ハイスピードで驚くほどの安定性を維持する。

欠点:価格

フラグシップモデルとはいえ、ランニングシューズで1足3万円は高すぎる……。

デザインとスペック

それでは「ハイペリオンエリート3」を詳しく見ていこう。

厚底&カーボンプレート

各社の最速級マラソンシューズと同様に、厚底のミッドソールにカーボンプレートを内蔵している。カーボンプレートは安定性と反発力を合わせ持つ可変式で接地と蹴り出しの安定感を高めている。

DNA FLASH

ブルックスの自慢のミッドソール素材「DNA FLASH」を採用。液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡・成型しており、軽量性・クッション性・反発性をバランスよく兼ね備えているのが特徴だ。

接地面積の広い靴底

オフセット(前足部とカカトの高低差)が8mmあるが、靴底はフラットで接地面積が大きく取られているため安定感が非常に高い。つま先からカカトにかけて溝が掘ってある。アウターソールはつま先〜前足部とカカトの部分にのみ配置。

通気性に優れたメッシュアッパー

アッパーには通気性に優れたメッシュ素材を採用。

解けにくいシューレース

シューレース(紐)は、ギザギザのパターンが施されており、走行時でも解けにくい。釣り餌の「ジャリメ」に似た構造は、アシックスの「メタスピード」の第2世代モデルにも採用されている。

カカトを包み込む設計

個人的に感動したのは、カカト周りのサポート。ヒールカップの内側には両側面に2つ、背面に1つクッションを配置し、カカト周りのホールド感を高めている。プルタブ付きなので、シューズの着脱も簡単だ。

サイズ感

「ハイペリオンエリート3」のサイズ展開は、ユニセックスモデルで23.5〜29.0cm(0.5cm刻み)。

僕はランニングシューズのサイズはいつも25.5cmか26.0cmで迷うが、幅広タイプの僕の足には26.0cmがジャストに感じる。ちなみにワイドタイプはない。

耐久性

こちらは後日、更新する。

履いてみた感想

ここからは実際に「ハイペリオンエリート3」を履いてみた感想を紹介する。

クッションは硬め

「DNA FLASH」のクッションはやや硬めの印象。見たの厚さからは想像できないほど軽く、足運びは軽やか。

ミッドソールは一枚板のようにほとんど曲がらず、カーボンプレートの推進力はあまり実感しない。重心を前にするとロッキングチェアのように転がり、自然と足が前に出る。

僕が持っているランニングシューズだと、履き心地はアシックスの「メタスピードエッジ+」やホカの「カーボン X2」に近い。

安定感が非常に高い

ジョギングからハイスピードまで、あらゆるペースにおいて安定感が高い。靴底がフラットで接地面積が大きいのが理由だろう。また、靴底の真ん中に掘ってある溝のおかげで左右のブレが軽減される。

走行時の安定感が高いと、ケガや故障のリスクが軽減できる。さらには無駄なエネルギーとロスが防げるので、長距離走の後半〜終盤でも疲れにくい。

「ボストンマラソン2018」のチャンピオンのであるデジレ・リンデン選手は、これを履いて50kmの世界記録を更新している。

まとめ

以上、ブルックスの最速マラソンシューズの「ハイペリオンエリート3」を紹介した。

軽量性・クッション性・反発性のバランスを兼ね備えたミッドソール素材にカーボンプレートを内蔵し、あらゆるペースで非常に高い安定感を保つ。

ハーフマラソン〜フルマラソンで自己ベストを狙いたい人におすすめの1足だと思う。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

ハイペリオンエリート3」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

2022年6月に発売されたメタスピードエッジ+(プラス)を紹介する。クッションは硬め。足が自然と前に出る設計で、フォアフット走法に適している。個人的には5〜10kmの中距離メインで使うことになりそう。

アシックス メタスピードエッジ+」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

2021年1月に発売されたCARBON X 2(カーボン X 2)は、ホカオネオネのロード用ランニングシューズ。初代「CARBON X」を全面リニューアルし、カーボンファイバープレートが生み出す驚異的な推進力をさらに進化させている。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

ホカ カーボン X2」の最新価格を今すぐチェック!

ホカ公式オンラインストアなら、11,000円以上の注文で送料無料。ニュースレターに新規登録すると10%OFFクーポンがもらえる。

無料で登録してクーポンを獲得

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

2021年9月に発売されたGHOST 14(ゴースト 14)は、ブルックスのランニングシューズのフラグシップモデル。シリーズ14代目となる最新モデルはミッドソールに衝撃吸収素材「DNA LOFT」を100%使用することで、足圧分散の優れた履き心地を実現している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

ブルックス ゴースト 14」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#シューズ#ブルックス

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。