GHOST 14レビュー:サイズ25.5cm Wide、重さ258g

2021年9月に発売されたGHOST 14(ゴースト 14)は、ブルックスのランニングシューズのフラグシップモデル。シリーズ14代目となる最新モデルはミッドソールが衝撃吸収素材「DNA LOFT」100%で構成されており、足圧分散の優れた履き心地を実現している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

BROOKS GHOST 14

メンズ 25.0~30.0cm、レディース 22.0~26.0㎝、幅広のワイドもあり

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

柔らかくないソフトクッション

ブルックス(Brooks)は100年以上の歴史を持つアメリカのシューズメーカー。1914年に創業し、バス(海水浴)やバレエ用のシューズに始まり、野球、ローラースケート、フットボールへ展開。1972年頃からランニングシューズに特化している。

実はブルックのランニングシューズを買うのは今回が初めて。デビューシューズに選んだのはクッション重視タイプのGHOST(ゴースト)シリーズ。2021年9月に発売された最新モデルはシリーズ14代目となる。

今回紹介する「GHOST 14」の特徴は以下のとおり。

  • ブルックス初のカーボンニュートラルシューズ
  • ミッドソールに衝撃吸収素材「DNA LOFT」を100%使用
  • アッパーに3D Fit Printのエンジニアードメッシュを採用
  • 重さは281g(メンズ27.0cm)
  • ドロップは12mm
  • 定価は税込14,300円

最大の特徴は、クッション性に優れた衝撃吸収素材「DNA LOFT」だけでミッドソールが構成されていること。複数パーツの組み合わせで作られるシューズが多い中、単一素材をフルレングスで使うことで、滑らかな履き心地を実現している。

「DNA LOFT」はブルックスで最もソフトなクッションと言われる。しかし実際に履いてみた感触としては、足圧が均等に分散され、足裏全体を「面」として受け止めてくれる。つま先やかかとなど、特定の部分が沈み込むことはない。つまり、ソフトクッションなのに柔らかく感じないのだ。

これはミッドソールが「DNA LOFT」だけで作られているのが大きいと思う。

前モデル「13」との違い

GHOSTシリーズは「GHOST 14」で14代目のモデル。以下は「GHOST 14」と、前モデルの「GHOST 13」のスペックをまとめたもの。

GHOST 14GHOST 13
発売2021年9月2020年8月
重さ281g(27.0cm)287g(27.0cm)
ドロップ12mm12mm
ミッドソールDNA LOFT 100%DNA LOFT+BioMoGoDNA
アッパー2層に編み込まれたシームレスなエンジニアードメッシュ2層に編み込まれたシームレスなエンジニアードメッシュ
アウトソールセグメントされたクラッシュパッドセグメントされたクラッシュパッド

重さとドロップはほぼ変わりがない。アッパーもアウトソールも基本的な構造は同じ。

GHOST 14」で大きく進化したポイントはミッドソールだ。前モデル「13」はDNA LOFTとBioMoGoDNAを組み合わせているのに対し、「14」はDNA LOFT1本で勝負している。

GHOST 14」のメンズ25.5cm(ワイド)の重さは、実測値で258gだった。

デザイン

それでは「GHOST 14」を詳しく見ていこう!

パッケージが魅力的

開封する前からワクワク感が止まらなかった。箱のデザインが素敵すぎて、インテリアとして飾っておきたいレベル。

ブルックス初のカーボンニュートラルシューズということで左上に「CARBON NEUTRAL」のシールが貼ってある。環境に配慮しているのは素晴らしいことだが、マラソンブロガーとしては履き心地重視なので、そこにあまりバリューを感じない(スミマセン)。

そしてまた箱の内側が秀逸。ブルックスのランニングシューズのこだわりを手書き風アートで伝えている。「WE RUN ON SCIENCE」。いいね〜。

ミッドソール

横から見るとシュッとした印象を受ける。ドロップが12mmもあり、つま先にかけて細くなっているからだろう。ミッドソールの上の方に「GHOST」のロゴがさりげなく入っている。

素材はクッション性に優れた「DNA LOFT」のみで構成。内側見ると一目瞭然だ。

アッパー

2層に編み込まれたシームレスのエンジニアードメッシュは、通気性と伸縮性に優れている。継ぎ目のないシームレスな構造なのでフィット感も抜群。

足首周りのアンクルパッドは後方に厚みがあり、アキレス腱を優しく包みながら足首をガッチリとホールドする。

タンは結構分厚い。シューレースは幅広で解けにくいタイプ。

アウトソール

同色のブラックで見分けにくいが、アウトソールには厚みのあるクラッシュパッドをほぼ全面に配置している。

かかとの内側には「14」の数字がさりげなく入っている。

サイズ感

GHOST 14」のサイズ展開は以下のとおり。

幅広(ワイド)タイプは、メンズは「Wide」と「Super Wide」、レディースは「Wide」が用意されている。

ランニングシューズ選びでは25.5cmと26.0cmで悩むが、「GHOST 14」はメンズ25.5cmの「Wide」を選んだ。足指周りのスペースに余裕があり、ちょうど良いサイズ感に満足している。

耐久性

後日「GHOST 14」の消耗具合を定点観測的にレポートしていく。

デビューラン 10km

まずはデビューラン後の状態。ほぼ無傷。アウトソールのクラッシュパッドがめっちゃゴツいので耐久性は高そうだ。

GHOST 14の評価

ここからは実際に「GHOST 14」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

柔らかくないソフトクッション

「DNA LOFT」はブルックスの中で最もソフトなクッションのはずだが、実際に履いてみると柔らかく感じない。なぜなら着地の際に沈み込まないからだ。足圧が均一に分散されるため、着地の衝撃を足裏全体で受けて止めているようなイメージ。

感覚的にはホカオネオネのマキシマムクッションに近いが、マキシマムクッションは足裏全体がギュッと沈み込むのに対し、DNA LOFTは表面張力によって浮いているような感じがする。

フカフカしたクッションが苦手な人はきっとハマるだろう。

最適ペースは5:30〜6:30/km

目安としては、初マラソン〜サブ5、あるいはシリアスランナーのジョギング〜LSDに最適だと思う。実際に走ってみた感触としては、5:30〜6:30/kmのペースレンジが最もしっくり来た。

ただし、クッションが柔らかすぎないので、4:30/kmくらいまでは問題なく走れそう。

普段履きとしても快適

今回は落ち着いた印象のブラックを選んだので、普段履きとしても違和感なく使えそうだ。ただし運動靴っぽさが抜けきれず、野暮ったい感じは否めない。職場に履いていくのはちょいハードルが高い。

でも足圧分散が優れているので、通勤電車で長時間立ちっぱなしでも疲れなさそう。見た目よりも機能重視、というとこだろうか。

関連情報

BROOKS GHOST 14

メンズ 25.0~30.0cm、レディース 22.0~26.0㎝、幅広のワイドもあり