ULTRABOOST 21レビュー:サイズ25.5cm、重さ323g

2021年2月に発売されたULTRABOOST 21(ウルトラブースト 21)は、アディダスのランニングシューズのフラグシップモデル。新技術「ADIDAS LEP」をアウトソールに搭載し、従来の耐久性・クッション性に加えて、反発力とエナジーリターンをさらに高めている。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

ADIDAS ULTRABOOST 21

メンズ 23.0〜31.0cm、レディース 22.0〜26.5cm

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

屈曲剛性を高めたモデル

ULTRABOOST 21」の特徴は以下のとおり。

  • ジョギングからスピード走まで幅広いシーンで活躍するシューズ
  • クッション性・耐久性に優れた「BOOSTフォーム」をミッドソールに採用。前モデルより6%増量
  • 前足部の屈曲剛性を高め、反発力を生み出す新技術「ADIDAS LEP」をアウトソールに搭載
  • 重さは340g(メンズ27.0cm)
  • ドロップは10mm
  • 定価は税込24,200円

最大の特徴は、アウトソールの中央部に配置された「ADIDAS LEP」。LEPは、リニア・エナジー・プッシュ(Linear Energy Push)の略語。シューズのねじれを防止する従来の「トルションシステム」に代わり、ADIDAS LEPは安定性を高めるだけでなく、前足部の屈曲剛性を向上させている。

屈曲剛性が高まるということは、反発力が増し、より高いエナジーリターンが得られるということだ。ジョギングだけでなく、ある程度のスピードにも耐えられる。実際に履いてみた感じでは、4’00/kmまでなら余裕でペースアップできた。ジョギングからペース走まで守備範囲が広い。

前モデル「20」との違い

ULTRABOOST 21」のスペックは以下のとおり。前モデルの「ULTRABOOST 20」と比較する。

ULTRABOOST 21ULTRABOOST 20
発売2021年2月2019年12月
重さ(27.0cm)340g310g
ドロップ10mm10mm
ミッドソールBOOSTフォーム(前モデルより6%アップ)BOOSTフォーム(前モデルより20%アップ)
アッパーPRIMEKNIT+、PRIMEBLUEPRIMEKNIT、テーラードファイバープレースメント(TFP)
アウトソールContinental™ラバーアウトソール、ADIDAS LEPContinental™ラバーアウトソール、トルションシステム

前モデルからメジャーアップデート

スペックを比較すると、前モデルから大幅にアップデートしていることがわかる。まずミッドソールはボリュームが重量が増量しただけでなく、厚さも全体で8mmほど増している(ドロップは両者ともに同じ)。アッパーの構造は似ているものの、「ULTRABOOST 21」は今流行りのリサイクル素材を採用。

決定的な違いはアウトソールにある。グリップの素材は両者ともに「Continental™ラバーアウトソール」を採用しているが、「ウルトラブースト 21」ではさらに新開発の「ADIDAS LEP」を配置しているのが特徴。

重量

メンズ25.5cmの実測値は323gだった。数値だけ見ると重い部類に走るが、実際に履いてみるとそうは感じない。

デザイン

それでは「ULTRABOOST 21」の外観を詳しく見ていこう。

ミッドソール

まず目を引くのが、発泡スチロールのような質感のミッドソール。一見すると脆そうに見えるが、こちらはクッション性と耐久性に優れた「BOOSTフォーム」を採用。前モデルから6%増量し、快適性とクッショニングの質を高めている。前足部(高さ20.5mm)からヒール(高さ30.5mm)にかけて厚みが増し、ドロップは10mmとやや前傾気味。ヒールは後方に突き出している。

外側ヒール部分には「ULTRABOOST」のロゴがさりげなく入っている。

アウトソール

アウトソールは2つの異なる素材で構成されている。ひとつは、縁の部分を囲むように配置された「Continental™ラバーアウトソール」。あらゆる天候・環境で優れたグリップ力を発揮し、耐久性にも優れている。もうひとつは、内側に配置された新素材「ADIDAS LEP」。前足部の屈曲剛性を15%向上させ、反発力を高めている。

ヒールの中央部に窪みを設けてアーチ構造にすることでクッション性を高めている。ここにも「BOOST」のロゴが入っている。ちなみにミッドソールの側面は真っ黒なのに、裏側は真っ白なのは意外だった。こちらも真っ黒ならお洒落なんだけどな。。

アッパー

アッパーは「PRIMEKNIT+」と呼ばれる継ぎ目の少ないニット素材で構成されている。そして一際目を引くのが、アディダスのロゴをあしらった両サイドのプラスチック素材。海洋プラスチックのリサイクル素材で作られた「PRIMEBLUE」と呼ばれるユニットだ。シューレースを締めると、上部からの心地よい圧力でシューズと足が一体化する。

タンの部分は継ぎ目がなく、足の形にぴたりとフィットする設計。

アキレス腱に沿ってピンと立ったプルタブは、シューズの着脱しやすくしてくれる。

爪先

こんなところにもアディダスのロゴが入っている。

サイズ感

ULTRABOOST 21」のサイズ展開は以下のとおり。

  • メンズ:23.0〜31.0cm
  • レディース:22.0〜26.5cm

普段のランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷うが、「ウルトラブースト 21」は比較的幅広なので、25.5cmでちょうどよかった。

耐久性

耐久性に関するレポートは後日、アップデートする。

ULTRABOOST 21の評価

ULTRABOOST 21」を実際に履いてみて気づいたことをまとめていく。

BOOSTフォームに守られている感がある

ミッドソールが最大で30.5mmと分厚く、クッション性に優れているため、まるで地面の上に立っている感じがしない。これなら硬いアスファルトの上で走ってもダメージを最小限に抑えられそうだ。

まるでカーボンファイバープレートのように硬い

自慢の「ADIDAS LEP」が生み出す前足部の屈曲剛性は想像以上だった。まず両手で曲げようとしても難しい。まるでカーボンファイバープレートを内蔵したシューズのように硬い。

フォアフット走法には向いていない

一方で、爪先の部分だけは力を加えると曲がる。爪先で着地すると「グニャッ」となるので、フォアフット走法で長時間走ったら足を痛めてしまいそうだ。「ウルトラブースト 21」のポテンシャルを最大限引き出すのであれば、ミッドフット走法・ヒールストライク双方がおすすめだと思う。

着脱がしやすい

最後に忘れずに言っておくと、「ULTRABOOST 21」は着脱がしやすい。アッパーはニット素材で伸縮性に優れ、プルタブをギュッと握れば足がスッと出し入れできる。シューレース(紐)を解いたり、締めたりする必要はなし。

ウォーキング・日常生活でも履きたい

今回、オールブラックのカラーを選んだ理由は、普段履きとしても使いたかったから。以前アディダスの「SOLARBOOST」を購入した際に、ウォーキングや日常生活で使ってみたら非常に快適だった。超絶快適な「BOOSTフォーム」をランニングだけで使うのはもったいない。

デニムとの相性も良い。これなら今の職場に履いていってもまったく違和感がない。

関連情報

ADIDAS ULTRABOOST 21

メンズ 23.0〜31.0cm、レディース 22.0〜26.5cm