ambieワイヤレス イヤカフ レビュー:耳を塞がないワイヤレスイヤホン

耳たぶに挟み、耳を塞がないイヤフォンを世に送り出したambie(アンビー)から、ワイヤレスモデルが発売された。その名はambie wireless earcuff(ワイヤレス イヤカフ)。スマートフォンとBluetoothで接続しながら、周囲の音が拾える。ランニング用イヤホンとして使えそうなので試しに購入してみた。

ambie wireless earcuffs

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

耳を塞がないワイヤレスイヤホン

ambieの「ワイヤレス イヤカフ」の特徴は以下のとおり。

  • Bluetooth接続のワイヤレスイヤフォン
  • 耳たぶに装着し、耳を塞がない
  • 連続再生時間約6時間
  • 重量は27g

最大の特徴は、その装着方法。従来のイヤホンは耳栓のように耳の穴を塞いでしまうが、「ワイヤレス イヤカフ」はクリップのように耳たぶに挟むだけ。耳の穴は開いたままなので、イヤフォンを装着しても周りの音がしっかりと聞こえる。

音を伝達する仕組みは骨伝導とは異なり、イヤフォンの先端の穴から指向性の高い音を発することで、イヤホンを装着した人だけに音が届くという仕組みだ。

カラーバリエーションは5種。今回はライトブルーの「Pop Sky」をAmazonで購入

こちらがイヤホンの全貌。本体はネックバンドのように装着して、両端を耳たぶに挟む。

本体の重量は、実測値で27g。装着していることを忘れるくらいの軽さだ。

充電方式は microUSB。

耳たぶに挟んで装着

ここからは「ワイヤレス イヤカフ」の装着方法と使い方を紹介する。

イヤーカフのように挟む

イヤホンの装着方法は「片手で耳をおさえ、イヤーカフのように挟む」のがポイント。慣れてしまえば、片手だけでも装着できた。クリップのように耳を挟んでいるわけだが、シリコン素材で柔らかく接着面積も広いので、耳たぶが痛く感じることはない。1時間弱装着しても痛みは感じなかった。

ボタンで操作可能

イヤホン本体の左側に音量を操作するボタンがあり、装着したままでも使える。

本体の右側には「電源ボタン」がひとつ、そして」音楽再生・一時停止」兼「電話受信」のボタンがもうひとつある。

ワイヤレス イヤカフの評価

実際に「ワイヤレス イヤカフ」を使ってみて気づいたことをまとめていく。

ワイヤレス接続が簡単

Bluetooth経由でスマートフォンなどの端末と無線で接続できる。設定は簡単で、接続が確立するとイヤホンがブルっとバイブレートする。

夜ランでも安心

夜間のランニングでは、耳を塞ぐイヤホンを怖くて使えない。ただでさえ視界が悪いのに、自動車のクラクションや自転車の音が拾えないとなると恐怖しかない。

その点、「ワイヤレス イヤカフ」は商店街の八百屋さんがシャッターを閉じる音や、保育園帰りの親子の会話が自然と耳に入ってくる。後ろから近づいてくるタクシーや自転車の音もしっかり聞こえる。これなら安心。

音源は自然に聴こえる

イヤホンの音は、10mぐらい離れたスピーカーから流れてくるような距離感を感じる。街中を歩いていると自然に聞こえてくる音楽に近いですね。音量があるので、音はしっかりと聴こえる。

音質は良くない

さすがにこの手のイヤホンに音質を求める人はいないと思うが、音質はMP3音源がギリギリ聴けるレベル。一応「ソニーの音響技術を活かした高感度ドライバーユニット採用」をアピールしているが、音質はシャカシャカしており、音域は非常に狭い。特に高音域が弱い。

バイブレート機能は便利

ランニング中、妻に電話をかけてもらった。着信するとイヤホン本体がブルッとバイブレートするので、ランニング中でも必ず気づく。本体の右側にある通話ボタンを押したら、ちゃんと会話ができた。

たまに音切れがする

公式サイトにはペアリング済み機器との通信距離は最大約10mとしていますが、ペアリングしたスマホを腰のポケットに入れて走ったら、40分間のランニングで 5回ほど音切れした。

防水仕様ではないのが心配

本体はシリコン素材を使っているため水を弾くが、防水・防滴仕様ではない。ランニングやサイクリングなど、汗で濡れるスポーツで使用する場合は心配だ。特に、充電口の部分はキャップも何もないので錆びないか心配。

関連情報

ambie wireless earcuffs