自費レビュー|アシックス ゲルカヤノ29

アシックスシューズ

2022年8月に発売されたアシックスの「ゲルカヤノ29」を紹介する。前モデルからミッドソールの厚みが増し、クッショニングが「FF BLAST Plus」にアップデート。その履き心地には感動した。

購入ガイド

アシックス ゲルカヤノ 29」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

ゲルカヤノとは?

ゲルカヤノ(GEL-KAYANO)は、アシックスのランニングシューズのロングセラーモデル。走行安定性とクッション性に定評があり、ランニング初級者を中心に長年支持されている。

ゲルカヤノ29

2022年8月にはシリーズ29代目となる「ゲルカヤノ29」が発売された。特徴は以下のとおり。

  • ミッドソールには「FF BLAST+」クッショニングを採用
  • ねじれ防止効果のある「LITETRUSS」を中足部から内側にかけて配置
  • アッパーには通気性に優れたエンジニアードメッシュを使用
  • ワイド版・ナロー版の展開もあり
  • 定価は税込17,600円

前作との違い

「ゲルカヤノ29」は、前作「ゲルカヤノ28」のマイナーアップデートという位置づけだ。主な改良点としては、ミッドソール上部のクッションが「FLYTEFOAM BLAST」から「FLYTEFOAM BLAST Plus」にアップデートされている。また、ねじれ防止用に配置された「DYNAMIC DUOMAX」は「LITETRUSS」に置き換えられた。

GT-2000との違い

ランニング初級者がアシックスのランニングシューズを選ぶ際に「ゲルカヤノ」と「GT-2000」が有力候補として挙がる。両者の最新モデルの比較は以下のとおり。

ゲルカヤノ28GT-2000 10
発売日2022年8月2022年2月
価格17,600円14,080円
ミッドソールFF BLAST Plus+LITETRUSS+GELFLYTEFOAM PROPEL+LITETRUSS+GEL
アッパーエンジニアードニットエンジニアードメッシュ
アウトソールフラット構造のラバー「AHAR+」フラット構造のラバー

僕は「GT-2000 10」も所有しているが、「ゲルカヤノ29」の方がクッション性能が高く、長距離走に適している。「GT-2000 10」は反発力に優れた「FLYTEFOAM PROPEL」を採用することで、クッション性能に加えてスピードも出しやすい履き心地に仕上げている。

左が「ゲルカヤノ29」、右が「GT-2000 10」。並べると、ミッドソールの厚みの違いは一目瞭然だ。

デザインとスペック

それでは「ゲルカヤノ29」を詳しく見ていこう。今回僕が選んだのは、メンズ・エキストラワイドの25.5cmサイズ。カラーはオールブラックの「Black/Black」。

FF Blast+ Plus

まずは側面から。ミッドソールは前作よりも厚みを持たせ、上層部に「FF BLAST Plus」を採用。

エンジニアードニット

アッパーは継ぎ目のないエンジニアードニットを使用し、フィット感を向上させている。シューレースの穴の周りまでシームレスで継ぎ目がない。そこそこ厚みがあり、上部から足をギュッと抑え込むような構造になっている。

アンクルパッド

足首は全方位的に分厚いアンクルパッドで包まれる。素材がマシュマロのように柔らかく、ストレスフリーな履き心地がクセになる。

ヒール周り

ヒールカップは堅牢で厚みがあり、カカトから足をしっかりとホールドする。カカト下には「GEL」を配置し、着地時の衝撃を和らげてくれる。

アウトソール

靴底には凹凸のあるラバー素材「AHAR」をフォアフットからカカトにかけて配置している。見た目はボコボコしているが、シューズを履いて直立するとフラットなのは意外だった。

写真だと分かりづらいが「GEL」と「AHAR+」のロゴがさりげなく入っている。

重さ

メンズ・エキストラワイドの25.5cmサイズの重さは実測値で296gだった。

サイズ感

「ゲルカヤノ29」にのサイズ展開は以下のとおり。

  • メンズ:24.5cm〜29.0cm、30.0cm、31.0cm、32.0cm
  • レディース:22.5cm〜26.5cm

さらに通常タイプに加えて、メンズには幅広の「エキストラワイド」、レディースには幅広の「ワイド」と幅狭の「ナロー」タイプがある。さすが人気のロングセラーモデルだけあって、バリエーションが豊富だ。

僕はランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで悩むことが多い。今回は幅広の「エキストラワイド」の25.5cmを選んで正解だった。つま先周りはスペースにかなり余裕が感じられる。

耐久性

耐久性については、後日、情報をアップデートしたい。

履いてみた感想

ここからは実際に「ゲルカヤノ29」を履いてみた感想を紹介する。

クッションが「神」

クッションの心地良さには感動した。初めてホカ(Hoka)のマシュマロ・クッションと出会った時の感動に近い。足裏全体を均等に包み込み、耐圧分散が秀逸。硬すぎず、柔らかすぎず、全てが絶妙。

足首周りがストレスフリー

こちらも履き心地に感動した。アンクルパッドが足首を優しく包み込み、締め付けや摩擦によるストレスはゼロ。一方で、堅牢なヒールカップがカカトをしっかり固定するのでホールド感にも妥協がない。これなら長時間走り続けても疲労感も少ないだろう。

アッパーの通気性は微妙

エンジニアードニットは通気性の高さをウリにしているものの、メッシュに比べると通気性は良くない。特に気温35℃を超える夏場は、シューズの中が結構蒸れる。逆に冬場は温かく感じるだろう。

日常生活でも使いたくなる

今回あえてオールブラックを選んだ理由は、日常生活でも使いたかったから。派手なカラーだとデニムやチノパンに合わせづらいが、黒ならどんなスタイルにも合わせやすい。

しかもオールブラックなら職場に履いて行ってもギリギリセーフ。これなら片道1時間の通勤の移動が快適になる。

まとめ

以上、アシックスの新作シューズ「ゲルカヤノ29」を紹介した。

「GT-1000」シリーズと並び、「ゲルカヤノ」シリーズはランニング初心者に支持されている人気モデル。これ1足で練習からフルマラソン完走まで対応できる。

一方で、初級者向けだからといって中〜上級者が手を出さないのはもったいない。シューズを履き分けするなら、ジョギング、特に長距離ジョグにおすすめしたい。

僕が持っているランニングシューズの中で「ゲルカヤノ29」の履き心地に最も近いは、ブルックスの「ゴースト14」。こちらも足首周りのサポートが充実している。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

アシックス ゲルカヤノ 29」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

アシックスの定番ジョギングシューズ「GT-2000」の最新作。2022年2月発売。走行安定性が極めて高く、初めてアシックスのシューズを履くランナーにおすすめ。

ASICS GT-2000 10」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

2021年9月に発売されたGHOST 14(ゴースト 14)は、ブルックスのランニングシューズのフラグシップモデル。シリーズ14代目となる最新モデルはミッドソールに衝撃吸収素材「DNA LOFT」を100%使用することで、足圧分散の優れた履き心地を実現している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

ブルックス ゴースト 14」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#アシックス#シューズ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。