ともらん

徹底解説|陸連登録:市民ランナーが登録するメリット・デメリット

日本陸連に登録すると公認記録が認定されたり、陸連登録者枠でエントリーできたりするメリットがある。ただし年間登録料1,500〜4,000円がかかる。

陸上競技マガジン」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次

陸連登録とは?

陸連登録とは、日本陸上競技連盟(略して陸連)に陸上選手として登録すること。

エリートランナーしか登録できないと思われがちだが、自己記録に関係なく、誰でも登録することができる。

全国で約40万人が陸上競技連盟に登録しており、公式サイトによると、学生(主に中高生)が32万人、そのほか一般の市民ランナーが8万人という内訳だ。

メリット

陸連に登録すると以下のメリットがある。

  • 陸連公認レースで完走タイムが公認記録として認定される
  • 対象レースで陸連登録者枠にエントリーできる
  • 対象レースで陸連登録者専用の前列ブロックからスタートできる
  • 他にもスペシャルエイドの特典などもある

レベルの高いレースでは、公認記録の提出が出場権になるため、エリートランナーを目指すなら陸連登録は必須。

公認記録が必要ないなら、陸連登録のメリットは対象レースにおいて優先権が得られることぐらい。

例えば、以下は「香川丸亀国際ハーフマラソン」のエントリー画面だが、一般ランナーとは別に陸連登録者用の枠が用意されている。倍率の高い人気レースで一般枠が埋まってしまっても、陸連登録者枠でエントリーできることもある。

他にもレースによっては、スタートラインで陸連登録者用のブロックを前列に設けるところもある。以下は「上尾シティハーフマラソン」のスタートの様子だが、陸連登録者は整列せずに前列ブロックからスタートできる。

その他、陸連登録者だけがスペシャルドリンクが設置できるレースもあった。

デメリット

陸連に登録すると以下のメリットがある。

  • 年間登録料(1,500〜4,000円程度)がかかる
  • 毎年更新が必要
  • その他の制約が課せられる場合がある

陸連登録は毎年更新する必要があり、年間登録料がかかる。上で紹介したメリットに対して、3000〜4000円を支払う価値があるのかを見極める必要がある。

他にも、陸連登録者は仮装を禁止しているレースがある。まあ、仮装したい場合は陸連登録者枠でエントリーしなければいいのだが、陸連登録者枠なら真面目に走らないといけないということか。

Q:仮装して走れますか?
A:日本陸上競技連盟登録競技者は仮装を禁止します。 一般競技者は他の競技者を傷つけたり、転倒させたりする恐れがあるなど、他のランナーに対して危険と思われる服装や携行品を身に着けたり、顔全体を覆うことを除けば良識の範囲内で可能です。 東北みやぎ復興マラソン2018より

登録方法と年間登録料

都道府県別に登録

まず大前提として、都道府県ごとに登録手続きの方法が異なる。公式サイトから居住する都道府県をクリックすると、詳細が確認できる。

登録の種類は次の5つ。成人で団体でなければ「個人登録」を選びます。地域によっては小学生登録もあるようです。

  1. 団体登録(1チーム5人以上)
  2. 個人登録
  3. 中学生登録
  4. 高校生登録
  5. 大学生登録

有効期間は1年間

登録の有効期間は、4月1日から翌年3月1日の1年間。継続する場合は、毎年更新が必要になる。

受付期間は年度によって異なり、2022年度登録は受付期間は2022年3月1日から2023年1月10日18時まで。

登録料は年間1,500円~4,000円

登録料は都道府県によって金額が異なるが、目安として年間1,500円~4,000円が相場だ。

埼玉陸上競技協会に登録

実際に、居住地の埼玉陸上競技協会に登録してみた。以前は郵送での登録だったが、今は公式サイトから登録できる仕様に変わった。

後日、埼玉陸上競技協会から登録会員証が届きました。名刺サイズの厚紙に登録情報が載っている。

お得な「団体登録」がおすすめ

都道府県の陸上競技協会から登録する他に、団体登録する方法がある。

団体といっても、ランニングクラブに入会する必要はない。日本最大級のマラソン大会ポータルサイド「ランネット」経由で登録するのが最も手軽だ。

仕組みとしては、ランネットが「クラブR2」という団体登録を行い、個人登録の受け皿となる。

ランネットの個人情報とも連携できるので、ランネット経由でエントリーする際に陸連登録者情報が自動的に反映される。

陸上競技マガジン」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

「日本陸連」に関する記事一覧