徹底解説|マラソン大会の計測チップ・タグ4種まとめ

マラソン大会のタイム計測に欠かせないチップ・タグは、大きく4つの種類がある。日本国内で最もメジャーな「RSタグ」をはじめ、それぞれの特徴を詳しく解説する。

#マラソン大会

とも

マラソン大会が近づいてくると、初心者もベテランも緊張するのは同じ。そんな時は中野ジェームズ修一さん『マラソンで絶対にしてはいけない35のこと』を読んで心を落ち着かせよう。

マラソンで絶対にしてはいけない35のこと」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

計測チップ・タグは4種類

マラソン大会のタイム計測は、計測チップ・タグをコース上に設置された受信機で記録して行う。計測チップ・タグにはランナー固有のIDが割り振られており、受信機の通過時間を記録すれば誰がいつ通過したが分かる。

受信機はスタート・フィニッシュの他、マラソンの場合は5km毎の関門に設置されることが多い。よく見かけるのが、以下のブルーのマットの受信機だ。

一方で、計測チップ・タグは以下の4種類が国内外のマラソン大会で使われている。固有IDを自ら発信するアクティブ(能動)タイプと、固有IDを受信機に読み取ってもらうだけのパッシブ(受動)タイプに分類できる。

名称形式大会(例)
RSタグ(ランナーズ・スポータグ)パッシブ東京マラソン
RTタグ(ランナーズ・トルソータグ)アクティブ別府大分毎日マラソン
RCチップ(ランナーズ・チャンピオンチップ)パッシブベルリンマラソン
RFIDパッシブニューヨークシティマラソン

【RSタグ】Runners SporTag

日本のマラソン大会で最も多く見かけるのが「RSタグ」。RSは「Runners SporTag」の頭文字。

RSタグには4つの穴が空いており、付属のビニールタイでランニングシューズのシューレース(靴ひも)に装着する。重さはわずか5g程度なので、ランニングの妨げにならない。

RSタグは再利用できるため、レース終了後は回収されることが多い。一方で、マラソン大会によっては大会限定版のRSタグが配布され、記念として持ち帰ることもできる。

RSタグのテクノロジーは、アメリカのActive Network社が提供する「IPICO」というプラットフォームを採用している。

【RTタグ】Runners TorsoTag

RSタグの次によく見かけるのが「RTタグ」。RTは「Runners TorsoTag」の頭文字。

Torso(トルソー)は英語で「胴体」を意味する。RSタグとは異なり、RTタグは胴体に装着するが、ほとんどの場合はナンバーカードの裏側にテープで貼り付けてあるため、個別に装着する必要はない。

こちらは受信機を通過する際に固有のID番号を発信するアクティブタイプ。電池が内蔵されており、平均寿命は約7年とのこと。こちらも再利用できるため、レース終了後は回収される。

テクノロジーは、日本のマイクロ・トーク・システムズ株式会社が提供する「J-chipスポーツ計測機器」のプラットフォームを採用している。

【RCチップ】Runners Champion

海外のマラソン大会で見かけるのが「RCチップ」。RCは「Runners Champion」の頭文字で「チャンピオンチップとも呼ばれる。

これまでに一度だけ「ベルリンマラソン2018」で使用したことがある。大会公式スポンサーである「BMW」のロゴ入り。ロゴが円形なので、チャンピオンチップの形にピタリとフィットしている。

ランニングシューズのシューレスを通して固定する。

チャンピオンチップも再利用できるため回収されるが、ベルリンマラソンでは追加でお金を払えば持ち帰れるシステムだった。

テクノロジーは、オランダに開発拠点を置くMylaps社の「チャンピオンチップシステム」を採用している。

【RFID】Radio Frequency IDentifier

これまで紹介した計測チップと異なるのが、RFID(radio frequency identifier)技術を活用した計測システム。

「ニューヨークシティマラソン2019」では、ChronoTrack社が提供するRFIDのテクノロジーが使われていた。ナンバーカードに貼り付ける「B-tag」とシューズに巻きつける「D-tag」があり、こちらは「B-tag」だった。

一方で「シカゴマラソン2017」では、チャンピオンチップを提供するMylaps社のRFID技術を活用した計測システムが使われていた。

いずれも低コストで製造できるので、レース後の回収は不要。

#マラソン大会

とも

マラソン大会が近づいてくると、初心者もベテランも緊張するのは同じ。そんな時は中野ジェームズ修一さん『マラソンで絶対にしてはいけない35のこと』を読んで心を落ち着かせよう。

マラソンで絶対にしてはいけない35のこと」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。