徹底解説|ベルリンマラソン2023エントリー:申込方法のまとめ

ドイツワールドマラソンメジャーズ

2023年9月24日(日)に開催される「ベルリンマラソン2023」のエントリー方法について解説します。抽選枠(lottery)のエントリー期間は2022年9月30日〜11月17日です。

購入ガイド

モルテンドリンク Drink Mix 320」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

ベルリンマラソン2022の日程

目次と内容

ベルリンマラソン2023の日程

ベルリンマラソン(Berlin Marathon)は、毎年9月にドイツの首都ベルリンで開催される世界有数のマラソン大会。世界最高峰のマラソンシリーズ「ワールドマラソンメジャーズ」の一員でもあります。

世界記録が出やすい高速フラットコースとして知られ、2018年大会ではエリウド・キプチョゲがマラソン男子世界新記録を更新、2022年大会にも4年ぶりに世界記録を塗り替えました。

1974年に第1回大会が開催され、2020年大会は新型コロナウィルスの影響により中止、2021年大会より再開しています。

そして次の2023年大会は、2023年9月24日(日)に開催を予定。

ベルリンマラソン2022のエントリー情報

開催日2023年9月24日(日)
制限時間6時間15分
参加費163ユーロ
エントリー期間2022年9月29日(水)〜2021年11月17日(木)
公式サイトエントリーページ

出走権を獲得する方法

日本在住の市民ランナーがベルリンマラソンの出走権を得る方法は主に以下の3種です。

  1. 抽選枠(lottery)
  2. 基準タイム枠(fast runner)
  3. 公認マラソンツアー(tour operators)

抽選枠

抽選枠が最もエントリーしやすく、倍率もワールドマラソンメジャーズの大会の中では低い方です。

ちなみに僕は、2017年大会は落選、2018年大会は当選しました。

基準タイム枠

男女年代別に大会が設定する基準タイムをクリアしていれば、出走権が確保されている基準タイム枠でエントリーできます。

エントリーには、過去3年間に参加したUSATF(全米陸上競技連盟)またはAIMS(国際マラソン・ディスタンスレース協会)が認定した大会の記録証と、年齢を証明できる公的書類(例:パスポート)が必要です。

日本からでも基準タイム枠にエントリーできますが、市民ランナーにはハードルが高すぎます。さすが世界最速マラソン。

年齢 男子 女子
– 44 2:45:00 3:00:00
45 – 59 2:55:00 3:20:00
60 – 3:25:00 4:10:00

公認マラソンツアー

日本の旅行代理店は毎年「HIS」がベルリンマラソンの公認ツアーを募集しています(2021年大会は中止)。

抽選枠(ballot)の申込方法

ここからは「ベルリンマラソン2022」の抽選枠の申込方法について詳しく解説します。

締切と結果発表

抽選枠(ballot)の申込の流れは以下のとおりです。

  • 2022年9月30日(水) 受付開始
  • 2022年11月17日(木) 受付終了
  • 2023年1月頃 当選・落選をメールでお知らせ

公式サイトから申込

まずはベルリンマラソンの公式サイトにアクセス。抽選枠は「Single Runners」から申し込みます。

申込みにはエントリーシステム「SCC EVENTS」のアカウントが必要。ない場合はプロフィールを入力して作成します。

「SCC EVENTS」にログインし、「BMM BERLIN MARATHON」を選択。

種目は「Run」を選択。

ここで抽選枠(lottery)か基準タイム枠(fast runner)が再度選択可能になります。

自己ベストを記入。3時間15分以内の場合は記録証のアップロード、または記録が確認できる公式サイトのURLが必要です。

完走記念Tシャツや公式ジャケットなどオプションが追加できます。エリウド・キプチョゲをはじめ世界トップクラスのマラソン選手が愛用する「モルテンドリンク」も選べました。

最後に申込み内容を確認し、クレジットカード情報を入力して手続き完了。

抽選結果の通知方法

当選・落選のお知らせは、2023年1月頃にメールで届きます。

参考までに、以下は2018年大会の当選メールです。

基準タイム枠(fast runner)の申込方法

申込みの流れは抽選枠とほとんど同じだが、記録証に加えて年齢を証明する公的書類のコピーをアップロードする必要があります。

おまけ

ドイツの首都ベルリンは、ヨーロッパの中心に位置し、電車で周辺都市にアクセスしやすいのが特徴です。

ベルリン市内も観光する場所がたくさんありますが、周辺都市もおすすめです。

「とも」は、2018年にベルリンマラソンを走りましたが、ベルリン観光の他に、ポツダムを訪れました。

日本だと「ポツダム宣言」の戦争の暗いイメージがありますが、ポツダムという街はドイツ有数のリゾート地で、世界遺産の宮殿などもあります。

ベルリンマラソン(Berlin Marathon)は、毎年9月にドイツの首都ベルリンで開催される世界有数のマラソン大会。世界最高峰のマラソンシリーズ「ワールドマラソンメジャーズ」の一員でもある。

世界記録が出やすい高速フラットコースとして知られ、2018年大会ではエリウド・キプチョゲがマラソン男子世界新記録を更新、2019大会ではケネニサ・ベケレが歴代2位の記録でフィニッシュしている。

1974年に第1回大会が開催され、2020年大会は新型コロナウィルスの影響により中止、2021年大会により再開した。

そして次の2022年大会は、2022年9月25日(日)に開催を予定している。ちょうどロンドンマラソン2022の前週に当たる。

ベルリンマラソン2022のエントリー情報

開催日2022年9月25日(日)
制限時間6時間15分
参加費150ユーロ
エントリー期間2021年9月30日(木)〜2021年12月6日(月)
公式サイトエントリーページ

出走権を獲得する方法

日本在住の市民ランナーがベルリンマラソンの出走権を得る方法は主に以下の3種。

  1. 抽選枠(lottery)
  2. 基準タイム枠(fast runner)
  3. 公認マラソンツアー(tour operators)

抽選枠

抽選枠が最もエントリーしやすく、倍率もワールドマラソンメジャーズの大会の中では低い。

ちなみに僕は、2017年大会は落選、2018年大会は当選した。

基準タイム枠

男女年代別に大会が設定する基準タイムをクリアしていれば基準タイム枠でエントリーできる。

エントリーには、過去3年間に参加したUSATF(全米陸上競技連盟)またはAIMS(国際マラソン・ディスタンスレース協会)が認定した大会の記録証と、年齢を証明できる公的書類(例:パスポート)が必要。

日本からでも基準タイム枠にエントリーできるのは有難いが、市民ランナーにはハードルが高すぎる。

年齢 男子 女子
– 44 2:45:00 3:00:00
45 – 59 2:55:00 3:20:00
60 – 3:25:00 4:10:00

公認マラソンツアー

日本の旅行代理店は毎年「HIS」がベルリンマラソンの公認ツアーを募集している(2021年大会は中止)。

抽選枠(ballot)の申込方法

ここからは「ベルリンマラソン2022」の抽選枠の申込方法について詳しく解説する。

締切と結果発表

抽選枠(ballot)の申込の流れは以下の通り。

  • 2021年9月30日(木) 受付開始
  • 2021年12月6日(月) 受付終了
  • 2022年1月頃 当選・落選をメールでお知らせ

公式サイトから申込

まずはベルリンマラソンの公式サイトにアクセスしよう。

抽選枠は「Single Runners」から申込む。

申込みにはエントリーシステム「SCC EVENTS」のアカウントが必要。ない場合はプロフィールを入力して作成する。

「SCC EVENTS」にログインし、「BMM BERLIN MARATHON」を選択する。

種目は「Run」を選択。

基本情報を入力した後に「PAPS Test」の画面が表示され、健康状態に関する簡単なアンケートを答えていく。

アンケートが完了すると「PAPS Test」の完了IDが表示される。申込み画面に戻り、完了IDをコピペして次へ進む。

ここで抽選枠(lottery)か基準タイム枠(fast runner)が再度選択可能。

自己ベストを記入する。3時間15分以内の場合は記録証のアップロード、または記録が確認できる公式サイトのURLが必要。僕の場合、自己ベストは「さいたま国際マラソン2019」だが記録証が日本語のため、日英併記の「別府大分毎日マラソン」の記録証を提出した。

完走記念Tシャツや公式ジャケットなどオプションが追加できる。エリウド・キプチョゲをはじめ世界トップクラスのマラソン選手が愛用する「モルテンドリンク」も選べる。

最後に申込み内容を確認し、クレジットカード情報を入力して手続き完了。

抽選結果の通知方法

当選・落選のお知らせは、2022年1月頃にメールで送られてくる。

参考までに、以下は2018年大会の当選をお知らせするメール。

基準タイム枠(fast runner)の申込方法

申込みの流れは抽選枠とほとんど同じだが、記録証に加えて年齢を証明する公的書類のコピーをアップロードする。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

モルテンドリンク Drink Mix 320」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

#ドイツ#ワールドマラソンメジャーズ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。