【ベルリンマラソン2018】エントリー開始!公式サイトから応募する方法まとめ

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

今日から「ベルリンマラソン2018」の一般エントリーが始まりました!世界6大マラソン制覇を目指すからには、ベルリンマラソンは避けては通れません。早速、公式サイトからエントリーしましたので、詳しく紹介したいと思います。

エントリーは2017年11月8日まで。興味がある方はお早めに!

ベルリンマラソンとは?

ベルリンマラソンは世界6大マラソン(ワールドマラソンメジャーズ)のひとつ。毎年9月、フルマラソンの世界記録を塗り替えようと世界の超一流選手がベルリンに集結します。今年はエリウド・キプチョゲ、ケネニサ・ベケレ、ウィルソン・キプサング等が競い合い、リオ五輪の金メダリストでもあるキプチョゲが見事優勝しました。

ベルリンマラソンのコースは世界記録が出やすい「高速フラットコース」として有名であり、2014年大会にケニア出身のデニス・キメットがマークした世界記録2時間2分57秒は今でも破られていません。

一般エントリー枠

解説はこれぐらいにして、早速エントリーしましょう。ちなみに今回は、ベルリンマラソンの公式サイトから自分で「一般エントリー枠」に応募しました。東京マラソンと同様に、人気の高いマラソン大会なので抽選制となっています。

言語はドイツ語と英語の2ヶ国語。ドイツ語はちんぷんかんぷんなので英語を選びます。

現在、ベルリンマラソンの公式サイトには2018年大会のエントリーページが開設されています。

デザインがかっこいいですよね。東西ドイツの象徴であり、ベルリンマラソンのゴール地点でもある「ブランデンブルグ門」のシルエットです。左から、6つのエントリー枠が用意されています。

  1. エリートランナー
  2. 旅行代理店・チャリティー
  3. 一般エントリー枠(抽選)
  4. グループエントリー枠(抽選)
  5. ローラーブレード・障害者・車椅子
  6. ジュビリークラブ(10回以上参加)

ぼくは一般エントリー枠である「Entry Drawing Single Runners」を選びました。

健康診断

すると、いきなり健康に関するアンケートに答えろと言われました。そもそもフルマラソンを走れる身体なのか事前にチェックするわけですね。どこも悪いとこがなければ基本的に「No」と回答します。

エントリーフォームへ

アンケートが終了すると健康的に問題ないと診断され、エントリーページへと誘導されました。しかし、エントリー開始から間もないため、サーバーが混雑してしばらく待機状態に。。

1分ほどしてエントリーページへ進みました。氏名、生年月日、国籍など基本情報を入力していきます。

フルマラソンの自己最高記録を聞かれたので、今年6月に「黒部名水マラソン2017」でマークした3時間21分41秒を記入しておきました。英語名は「Carter Memorial Kurobe Meisui Marathon」と長いですね。

関連記事【黒部名水マラソン2017】大会レポート:富山の大自然を満喫できるコースを徹底解説!

追加オプション

これで終わりかな、と思ったら、まだまだありました。なんと追加オプションについて細々と聞かれました。

まずは「計測チップ」から。6ユーロでレンタルできるとのこと。え!?有料なの?と思わず声をあげてしまいました。さらに、所定の時間内に返却をしないと25ユーロがエントリー時に登録したクレジットカードに課金される仕組みになっています。BMWのロゴ入りなので所有欲を掻き立てられます。。

課金の仕方が巧妙というか、精巧というか、ドイツらしい(?)です。

次は無料なんですが、「ポンチョ」か「荷物の預け入れ」のどちらかを選ぶように言われました。ポンチョは買えばいいので「荷物の預け入れ」を選択。

それから記念・完走Tシャツ関連。え!?これも有料なの?と驚きました。ぜーんぶカネを取るんですね。。無料でもらえる完走メダルさえも、有料の印字オプションが用意されています。

  • Adidas Event Shirt – 記念Tシャツ(30ユーロ)
  • Adidas Finisher-Shirt – 完走Tシャツ(30ユーロ)
  • Adidas Event Jacket – 記念ジャケット(75ユーロ)
  • Medal Engraving – 完走後、完走メダルに氏名と記録を印字(9ユーロ)
  • Special Package – 記念Tシャツ、メダルの印字、20分のマッサージのセット(54ユーロ)
  • MySports HD Race Video – コース上20ヶ所で撮影されたビデオ(4.99ユーロ)
  • それから細々した質問がいくつか。

  • Pastalounge – パスタビュッフェとソフトドリンクの券(20ユーロ)
  • Privacy Setting – 記録の公開設定(無料)
  • Runtastic App – アクティビティー管理アプリ「Runtastic」のプレミアムプラン1ヶ月無料体験
  • 支払いはクレジットカードのみ。アメックス、VISA、マスターカードの3つから選べます。

    こちらが明細。合計234.84ユーロ(約3万2千円)と結構高くつきました。。。

    • 参加費:108ユーロ
    • 計測チップのレンタル:6ユーロ
    • 完走Tシャツ:30ユーロ
    • 記念ジャケット:75ユーロ
    • メダル印字:9ユーロ
    • カード手数料:6.84ユーロ

    さすがに完走Tシャツがないのは寂しいですからね。記念ジャケットは高いので迷いましたが、先日、東京マラソンの練習会で2017年大会の記念ジャケットを着ている人がいて、これは絶対欲しいと思いました。メダル印字も、一生に一度のことだから。。

    関連記事:東京マラソンのチャリティーラン練習会:荒川土手で60分ジョグ+100メートルダッシュ

    終わりに

    以上でエントリーが完了です。追って完了メールが送られてくるのでちゃんと確認しましょう。抽選結果の発表は11月30日を予定しているので、結果が出たらまたレポートします。

    ベルリンマラソン2018年のエントリーは2017年11月8日まで。エントリーページはこちら

    B!

    同じカテゴリの記事

    【シカゴマラソン】大会レポート:フラットコースだが、寒暖の差が激しいので要注意

    【シカゴマラソン】レースを120%楽しむための専用アプリが秀逸!

    世界6大マラソンへの挑戦」の記事一覧へ ▶︎