読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ボストンマラソン2020【エントリー】基準タイムが5分短縮

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

ボストンマラソン2020のエントリーに関する情報が発表されました。 公式サイトの情報をもとに、エントリー方法や基準タイムについてわかりやすく紹介します。

第124回目、ボストンマラソン2020は、2020年4月20日(月)に開催されます。

エントリー期間はアメリカ時間の2019年9月9日から10月27日まで。エントリーするには、2018年9月15日以降に対象のフルマラソンで基準タイム(qualifying standard)をクリアしていることが条件となります。

基準タイム

ボストンマラソン2020年の基準タイムは以下の通り。

年齢 男性 女性
18-34 3hrs 00min 00sec 3hrs 30min 00sec
35-39 3hrs 05min 00sec 3hrs 35min 00sec
40-44 3hrs 10min 00sec 3hrs 40min 00sec
45-49 3hrs 20min 00sec 3hrs 50min 00sec
50-54 3hrs 25min 00sec 3hrs 55min 00sec
55-59 3hrs 35min 00sec 4hrs 05min 00sec
60-64 3hrs 50min 00sec 4hrs 20min 00sec
65-69 4hrs 05min 00sec 4hrs 35min 00sec
70-74 4hrs 20min 00sec 4hrs 50min 00sec
75-79 4hrs 35min 00sec 5hrs 05min 00sec
80+ 4hrs 50min 00sec 5hrs 20min 00sec

基準タイムは年齢・性別のカテゴリ毎に設けられており、毎年見直されます。2020の基準タイムは、2013〜2019よりも5分間速くなっているそうです。

留意点は以下のとおり。

  • 申告するフルマラソンの完走タイムはネットタイム
  • 2018年9月15日以降に開催されたレースが対象
  • 年齢はボストンマラソン2020当日の年齢

例えば僕は35〜39歳・男性のカテゴリに該当しますが、基準タイムは3時間5分です。

僕の東京マラソン2019でのネットタイムは2時間58分48秒(ネット)。基準タイムよりも6分以上速いので、エントリーする資格はあります。

対象のフルマラソン

原則、USA Track and Field(全米陸上競技連盟)またはAIMS(国際マラソン・ディスタンスレース協会)が認定したフルマラソンが対象となります。

認定されていないフルマラソンで基準タイムをクリアしても、エントリー資格はありません。

日本のAIMS認定レースはこちら

エントリーの流れ

エントリー期間はアメリカ時間の2019年9月9日から10月27日まで。完走タイムが速い人から段階的にエントリーが解放される仕組みとなっています。

詳しくは公式サイトをご確認ください
https://www.baa.org/races/boston-marathon/enter/boston-marathon-registration

2019年9月9日〜14日

エントリー開始のタイミングは以下の通りです。原則、年齢・性別カテゴリ内でタイムの速い人(fastest qualifiers by gender and age group)から枠が埋まっていきます。

  • 2019年9月9日〜 基準タイムより20分以上速い人
  • 2019年9月11日〜 基準タイムより10分以上速い人
  • 2019年9月13日〜 基準タイムより5分以上速い人

僕の場合は、基準タイムよりも5分以上速いので、エントリー開始日は9月13日です。

2019年9月16日〜18日

2019年9月9日〜14日に枠が埋まらなかった場合、2019年9月16日〜18日に基準タイムをクリアしている人全員にエントリーが解放されます。

ただし、こちらも原則、年齢・性別カテゴリ内でタイムの速い人から枠が埋まっていきます。

2019年9月23日〜10月27日

2019年9月16日〜18日に枠が埋まらなかった場合、2019年9月23日〜10月27日にもう一度エントリーするチャンスがあります。

こちらは先着順(first-come, first-served basis)で枠が埋まっていき、定員に達した時点でエントリー期間が終了します。

エントリーに必要な情報

エントリーの際に必要となる情報は以下の通りです。詳しくは公式サイトをご確認ください。

  • 氏名・生年月日
  • 住所・電話番号
  • メールアドレス
  • 自分のタイムに関する情報(大会名・日付・ネットタイム)
  • 緊急連絡先を2つ
  • クレジットカード(VisaかMasterCard)

実際にエントリーしてみた!

エントリー期間中は、「REGISTER NOW」のボタンが表示されます。

まずは個人情報を入力していきます。

基準タイムをクリアした大会名を英語で入力します。「Tokyo」と入力したら、プルダウンの選択肢に「東京マラソン」が表示されました。

完走タイムは、スタート通過からゴール通過までのネットタイムを入力します。

ここでちょっと問題が…。本来ならばオンラインで自動照合できるはずなんですが、上手くいきませんでしたとのこと。

ただ、良くあることらしいので、追加で必要な情報を入力していきます。記録証のPDFもアップロードしておきました。

エントリーの手続きが完了すると、「Reference ID」が発行されます。

この後、エントリー資格を満たしていることが確認できれば、メールで合否連絡があります。

2日後に内定の連絡がありました!晴れて、ボストンマラソン2020に参加することが決まりました!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎