【エントリー】ボストンマラソン 2021の申込方法まとめ

第125回ボストンマラソン(Boston Marathon)は、2021年10月11日に開催される。公式サイト(英語)から自力でエントリーしたいランナーのために、エントリー方法や標準タイムについてわかりやすく解説する。

「ボストンマラソン2021」のエントリー概要は以下のとおり。

この記事の目次

標準タイム

ボストンマラソン2021年の標準タイムは以下の通り。

年齢 男性 女性
18-34 3hrs 00min 00sec 3hrs 30min 00sec
35-39 3hrs 05min 00sec 3hrs 35min 00sec
40-44 3hrs 10min 00sec 3hrs 40min 00sec
45-49 3hrs 20min 00sec 3hrs 50min 00sec
50-54 3hrs 25min 00sec 3hrs 55min 00sec
55-59 3hrs 35min 00sec 4hrs 05min 00sec
60-64 3hrs 50min 00sec 4hrs 20min 00sec
65-69 4hrs 05min 00sec 4hrs 35min 00sec
70-74 4hrs 20min 00sec 4hrs 50min 00sec
75-79 4hrs 35min 00sec 5hrs 05min 00sec
80+ 4hrs 50min 00sec 5hrs 20min 00sec

標準タイムは年齢・性別のカテゴリ毎に設けられており、毎年見直される。2021年の標準タイムは2020年から変更無し。ちなみに2020年は、2013〜2019年よりも5分間速くなっていた。

留意点は以下のとおり。

例えば僕は35〜39歳・男性のカテゴリに該当するので、標準タイムは3時間5分だ。

対象のフルマラソン

原則、USA Track and Field(全米陸上競技連盟)またはAIMS(国際マラソン・ディスタンスレース協会)が認定したフルマラソンが対象となる。認定されていないフルマラソンで基準タイムをクリアしても、エントリー資格はない。

日本のAIMS認定レースはこちら

僕の場合、以下のレースが標準タイムの対象となる。

いずれも完走記録が標準タイムの3時間5分をよりも速いのでエントリー資格がある。完走記録の速い順に足切りされるので、最も速い「さいたま国際マラソン」の完走記録で申請するのが有利となる。

エントリーの流れ

エントリー期間は米国東部標準時間(ET)の2020年4月20日から4月23日まで。以前は完走記録の速いランナーから段階的にエントリー出来る仕組みだったが、今年は一斉にエントリー出来る。ただし先着順ではない。

エントリーに必要な情報

エントリーの際に必要となる情報は以下の通り。

実際にエントリーしてみた!

ボストンマラソン2021

後日、アップデート予定

ボストンマラソン2020

エントリー期間中は、「REGISTER NOW」のボタンが表示される。

まずは個人情報を入力。

標準タイムをクリアした大会名を英語で入力します。「Tokyo」と入力したら、プルダウンの選択肢に「東京マラソン」が表示された。

完走記録は、スタート通過からゴール通過までのネットタイムを入力。

ここでちょっと問題が…。本来ならばオンラインで自動照合できるはずだが、上手くいかなかったとのこと。

ただ、良くあることらしいので、追加で必要な情報を入力していく。記録証のPDFもアップロードしておいた。

エントリーの手続きが完了すると、「Reference ID」が発行される。

この後、エントリー資格を満たしていることが確認できれば、メールで連絡がある。

2日後に内定の連絡が届いた!晴れて、ボストンマラソン2020に参加できる!

走ることについて語るときに僕の語ること

ボストンマラソンnといえば、村上春樹さんの『走ることについて語るときに僕の語ること』。これを読んで「いつかはボストンを走ってみたい!」と思ったランナーは少なくないはず。僕もそのひとり。