tomo.run

【ボストンマラソン2024エントリー】基準タイムと申込方法を解説

【ボストンマラソン2024エントリー】基準タイムと申込方法を解説

2024年4月15日(月)に開催される「ボストンマラソン2024」のエントリー方法について解説します。エントリー期間は2023年9月11日〜9月15日。エントリーするには、年代・性別毎に設けられた基準タイム(Qualifying Time)をクリアする必要があります。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

ボストンマラソン2024の日程

ボストンマラソン(Boston Marathon)は、毎年4月の第3月曜日にアメリカのマサチューセッツ州で開催される世界有数のマラソン大会。世界最高峰のマラソンシリーズ「ワールドマラソンメジャーズ」の一員でもあります。

1897年に第1回大会が開催され、2024年大会で第128回目の開催。

2020年は新型コロナウィルスの影響により9月に延期された後に中止となりましたが、2021年は規模を縮小して10月11日に開催されました。

次の2024年大会は、2024年4月15日(月)に開催を予定しています。

ボストンマラソン2024のエントリー情報

開催日2024年4月15日(月)
参加費米国在住者は230米ドル、それ以外は235米ドル
エントリー資格基準タイム(Qualifying Time)をクリアしていること
エントリー期間2023年9月11日(月)〜2023年9月15日(金)
公式サイトエントリーページ

基準タイム

基準タイム(Qualifying Time)は以下のとおり。

年代男性女性
18-343hrs 00min 00sec3hrs 30min 00sec
35-393hrs 05min 00sec3hrs 35min 00sec
40-443hrs 10min 00sec3hrs 40min 00sec
45-493hrs 20min 00sec3hrs 50min 00sec
50-543hrs 25min 00sec3hrs 55min 00sec
55-593hrs 35min 00sec4hrs 05min 00sec
60-643hrs 50min 00sec4hrs 20min 00sec
65-694hrs 05min 00sec4hrs 35min 00sec
70-744hrs 20min 00sec4hrs 50min 00sec
75-794hrs 35min 00sec5hrs 05min 00sec
80+4hrs 50min 00sec5hrs 20min 00sec

標準タイムは年代・性別のカテゴリ毎に設けられており、年によって変動します。例えば2020年大会は2013〜2019年よりも5分間速くなりました。2024年大会は前年から変更ありません。

自分の場合、2024年大会では40〜44歳・男性のカテゴリに入るため、標準タイムは3時間10分となります。

基準タイムに関する留意点

留意点は以下のとおり。

  • 申告するフルマラソンの完走タイムはネットタイム
  • 2022年9月1日以降に開催されたレースが対象
  • 年齢は「ボストンマラソン2024」当日の年齢

基準タイムをクリアしていれば出走権が確約されるわけではありません。年代・性別毎に設けられた定員数よりも応募者が多い場合は、申告タイムの速い順番で出走権が割り当てられます。

以下は2012年〜2021年大会のエントリー実績をまとめたデータだですが、エントリー数は定員数よりも1〜2割多くなっています。

例えば2020年大会は31,500人がエントリして3,161人が足切り、つまり出走権を得られませんでした。その際に、基準タイム・マイナス・4分52秒が実質的な足切りラインです。

2021年大会は定員を絞り、足切りラインが基準タイム・マイナス・7分47秒。逆に2022年大会はエントリー数が少なく、標準タイムをクリアした全員に出走権が与えられました。

対象のフルマラソン

原則、USA Track and Field(全米陸上競技連盟)またはAIMS(国際マラソン・ディスタンスレース協会)が認定したフルマラソンが対象となります。

認定されていないフルマラソンで基準タイムをクリアしても、エントリー資格はありません。

ただし2023年大会から「USATF、AIMS、またはそれに相当する諸外国の認定レース」に規約が変更されました。

We accept qualifying times from USATF, AIMS, or foreign equivalent certified courses.

AIMS以外のレースでも認定された人もおり、日本陸連公認コースで標準タイムをクリアしていれば、認めてもらえる可能性はあります。

日本のAIMS認定レースはこちら

自分の場合、過去3年間に完走したAIMS認定レースは以下のとおりです。

  • 「富士山マラソン2021」 3時間4分34秒
  • 「北海道マラソン2022」 3時間5分45秒
  • 「富山マラソン2022」 2時間54分52秒

2023年大会の標準タイムの対象となるのは「富士山マラソン2021」と「北海道マラソン2022」。いずれも完走記録が標準タイムの3時間10分をよりも速いのでエントリー資格はあります。

エントリー方法

ここからは、ボストンマラソンの公式サイトからのエントリー方法を詳しく解説します。

エントリー期間

エントリー期間は米国東部標準時間(ET)の2023年9月11日(月)から9月15日(金)まで。以前は完走記録の速いランナーから段階的にエントリー出来る仕組みでしたが、今年は一斉にエントリーします。ただし先着順ではありません。

エントリーの流れ

まずは、ボストンマラソンの公式プラットフォーム「Athlete Village」にてアカウントを作ります。

ログインすると、エントリー期間中に「CLICK HERE TO REGISTER」のボタンが表示されるので、そちらをクリックするとエントリー画面に遷移します。

個人情報を入力します。

基準タイムをクリアした大会と完走タイムを入力。2023年大会にエントリーした際、検索窓に「Fuji」を入力したら「2021 Mt. Fuji Marathon」が表示されてちょっと感動しました。

検索で該当しない場合は「Select this checkbox」にチェックを入れると、大会情報を手入力できます。

該当したとしても、データのマッチングの精度が高くないのか「富士山マラソン2021」の結果を照合できなかったと表示されました。その場合は、大会情報を入力し、記録証のファイルを添付します。

ちなみに「富士山マラソン2021」の記録証には氏名の英語表記がありません。確認が必要となれば事務局から連絡があるとのこと。

最後に「キャンセル保険」なるものが登場。参加費に加えて19.98米ドルを支払うと、コロナ感染、レイオフ、悪天候、事故や病気などで不参加になった場合に参加費の返金が保証されるという内容です。

まだ先行きが見えないので、とりあえず保険に加入しておいきました。

エントリーが完了すると「Reference ID Number」が発行されます。登録したメールアドレスにも届くのでしっかり確認しましょう。

結果の連絡

「ボストンマラソン2020」の時は、エントリーしてから2日後に内定のメールが届きました。ただし、新型コロナの影響でバーチャルレースでの開催となりました。

「ボストンマラソン2022」の時は、エントリーしてから2週間ほどで連絡が届きました。ただしこの回はエントリー数が少なく、足切りはゼロでした。

「ボストンマラソン2023」の時は、エントリーしてから3週間ほどでメールが届きました。前年同様、標準タイムをクリアしていれば全員足切りなしでした。

おまけ

「ボストンマラソン2024」は世界中からマラソンランナーが一堂に集結するため、レース前後はボストンの宿泊施設が争奪戦になります。

出走権を獲得してから予約するのは遅すぎるので、エントリーするのが決まっていれば1年前から予約を入れておくのが無難です。

「とも」は1年前に予約して部屋を割安で確保できました。

関連記事

2023年4月17日にアメリカ・マサシューセッツ州で開催された「ボストンマラソン(Boston Marathon)」に参加しました。 ボストンマラソンは世界最古のマラソン大会であり、世界中の市民ランナーにとって憧れの存在。 自分も「いつかはボストンを走りたい」という夢を持ち続