【ともらん】読めば走りたくなるマラソンブログ

【ニューヨークシティマラソン2023エントリー】申込方法を解説

【ニューヨークシティマラソン2023エントリー】申込方法を解説

マラソンブロガーのtomo.です。当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自分の意思で自費購入し、忖度なしでレビューしています。

2023年11月5日(日)に開催される「ニューヨークシティマラソン2023」のエントリー方法について解説します。抽選枠(non-guaranteed)のエントリー期間は2023年2月8日〜2月22日です。

更新 作成

目次と内容

ニューヨークシティマラソン2023の日程

ニューヨークシティマラソン(New York City Marathon)は、毎年11月にアメリカのニューヨークで開催される世界有数のマラソン大会。世界最高峰のマラソンシリーズ「ワールドマラソンメジャーズ」の一員でもあります。

参加者数が世界で最も多いマラソン大会でもあり、2019年は141カ国から約5万3千人のランナーが完走しています。

ニューヨークシティ2023のエントリー情報

開催日2023年11月5日(日)
制限時間6時間15分
参加費295米ドル〜
エントリー期間2023年2月8日(水)〜2023年2月22日(水)
公式サイトエントリーページ

出走権を獲得する方法

日本在住の市民ランナーがニューヨークシティマラソンの出走権を得る方法は主に以下の3種です。

  1. 抽選枠(lottery)
  2. 基準タイム枠(fast runner)
  3. 公認マラソンツアー(tour operators)

抽選枠

英語では「non-guaranteed」と呼ばれる枠。抽選枠の倍率は、その年の応募者数と基準タイム枠の定員数によって変動します。

参考までに2018年大会の時は、16,211人の抽選枠に対して、94,247人が応募。当選倍率は16.5%で抽選倍率は約6倍の計算になります。

また居住地によって枠が決まっており、16,211人のうち、ニューヨーク市民は5,145人、米国在住者は6,748人、海外在住者は4,318人が出走権を得ています。

基準タイム枠

英語では「Time Qualifiers」と呼ばれる枠。男女年代別に大会が設定する基準タイムをクリアし、大会事務局に承認してもらえば出走権が得られます。

基準タイムは以下のとおり。2019年1月1日から2022年3月8日までの期間に完走したタイムが対象となります。

男子の基準タイム

年代フルマラソンハーフマラソン
18-342:53:001:21:00
35-392:55:001:23:00
40-442:58:001:25:00
45-493:05:001:28:00
50-543:14:001:32:00
55-593:23:001:36:00
60-643:34:001:41:00
65-693:45:001:46:00
70-744:10:001:57:00
75-794:30:002:07:00
80+4:55:002:15:00

女子の基準タイム

年代フルマラソンハーフマラソン
18-343:13:001:32:00
35-393:15:001:34:00
40-443:26:001:37:00
45-493:38:001:42:00
50-543:51:001:49:00
55-594:10:001:54:00
60-644:27:002:02:00
65-694:50:002:12:00
70-745:30:002:27:00
75-796:00:002:40:00
80+6:35:002:50:00

公認マラソンツアー

日本発のツアーは、以下の旅行代理店が担当しています。

抽選枠(non-guaranteed)の申込方法

ここからは「ニューヨークシティマラソン2023」の抽選枠の申込方法について詳しく解説します。

締切と結果発表

抽選枠(ballot)の申込の流れは以下のとおりです。

公式サイトから申込

まずはニューヨークシティマラソンの公式サイトにアクセス。「Apply」ボタンをクリックして、エントリー用のアカウントを作成します。

個人情報を入力した後、再度「Apply」ボタンをクリック。基準タイム枠でエントリーする場合は「Apply as a time qualifier」をクリックします。

クレジットカード情報を入力。エントリーの時点ではカードには課金されず、当選した場合にのみ、参加費が課金されます。

最後に完走予想タイムやTシャツのサイズなどを記入します。

基準タイム枠(time qualifier)の申込方法

申込みの流れは抽選枠とほとんど同じですが、記録証に加えて年齢を証明する公的書類のコピーをアップロードします。

僕は2019年大会を基準タイム枠でエントリーし、無事に出走権を勝ち取ることができました。ただし提出した記録証が日本語の記載しかない「上尾シティハーフマラソン」だったため、ひと手間加える必要がありました。

2019年大会のエントリーでやったこと

男子35〜39歳の基準タイムは、以下のとおり。

僕の場合、2018年11月に参加した「上尾シティハーフマラソン」で基準タイムをクリアできていたので、参加資格は満たしています。

記録証が日本語の場合

しかし、上の写真を見て分かるとおり記録証がすべて日本語で書かれています。基準タイムをクリアしていることを証明するには記録証を提出すればいいのですが、大会事務局の方が日本語が読めるとは思えず、どうしたら良いものかと……。

というわけで、New York Road Runnersにメールで問い合わせてみました。

Hello, I am a runner living in Japan. I would like to apply to NYC Marathon 2019 as Time Qualifier, as my recent (Nov 2018) half marathon time meets the standard. I have a question on time qualify verification. What will be required on your end to verify my time? I do have a time certificate but it is all written in Japanese language. What else could I do to help you verify my time? Thanks very much for your support in advance! Tomo Kuwahara

わずか数時間で返信がありました。

Hi Tomohiko, Thanks for your email and for your inquiry about applying to the 2019 TCS NYC Marathon as a time qualifier.If you are applying with a non-NYRR race you will submit your application during the regular registration window from January 14, 2019 through February 14, 2019, through your My NYRR account. After you submit your application we will verify your time and notify you of your acceptance status within two weeks of the submission. Time qualifiers are accepted on a rolling basis upon receiving the applications, so we encourage you to apply as early as possible. Please note that to be accepted you must have a valid credit card on file in your My NYRR account.In the link below you will find more information about guaranteed entry and our time qualifying standards. We suggest that the results have an English equivalent as if we cannot find your name then we cannot verify the results.: https://tcsnycmarathon.org/plan-your-race/run-in-2019/guaranteed-entry-for-2019 Hope this helps! Sincerely, Nick

要するに「記録の証明は英語で書かれていないと君の名前や基準タイムが確認できないよ」というお返事でした。まあ、当然ですよね。

「上尾シティマラソン」の記録証を、アメリカ人が読めるようにするにはどうしたら良いか?

翻訳会社に英文翻訳を依頼

「とも」が出した結論は、翻訳会社に「上尾シティマラソン」の記録証を英文に翻訳してもらうというもの。

ただ、それだけど怪しまれる可能性があるので翻訳証明書も付けてもらうことにしました。証明書とは、翻訳者が「私が嘘偽りなく翻訳しました」と宣言する書類のこと。

今回は英文翻訳と翻訳証明書をあわせて、5700円で対応いただきました。公式サイトに記録証の写真をアップロードし、正式に依頼してから1日後にはPDF版がメールで届き、2日後に原本がネコポス便で届きました。

書類を提出

ニューヨークシティマラソンの一般抽選枠と参加保証枠のエントリーは、アメリカ時間の2019年1月14日正午から始まります。日本時間の1月15日午前2時。

参加保証枠は先着順のため、わざわざ午前2時に起きてエントリーしました。

エントリーの流れは、抽選枠も基準タイム枠とほぼ同じですが、後者の場合は基準タイムをクリアした大会について情報を入力する項目があります。

僕の場合は、一応「上尾シティマラソン」の公式リザルトのURLを入れておいたが、すべて日本語で書かれているのでアメリカ人には分からない。

これだけだと受理される可能性はゼロに等しいです。公式リザルトのページが英語だったらいいのに。

そこで、エントリー完了後、以下の資料3点を添付して大会事務局にメールしました。

To Whom It May Concern, With regards to my application (name and customer number below) to the guaranteed entry to New York City Marathon 2019, I am sharing supplementary documents to certify my time qualification for the event. Tomo XXXXXX Customer Number : XXXXXXX ***Official record of Ageo City Half Marathon 2018 (in Japanese) http://ageocity-marathon.com/system/wp-content/uploads/2018/11/h_m_rikuren.pdf Bib number XXXX; official time 1h21m57s (half marathon) ***Supplementary documents 1) passport information 2) Ageo City Half Marathon Certificate (Japanese) 3) English translation of 2) above with translation certificate ***My NYRR Account XXXXXXXXX

すると、ご丁寧にも資料を受理した旨をお知らせが届きました。基準タイムをクリアしているかどうかの確認に、2週間ほどかかるとのこと。

Hi Tomohiko, Thanks for applying for the 2019 TCS New York City Marathon. We have received your application and with it the details of your qualifying race.We will be verifying race times over the next two weeks. When your time is verified you will receive an email confirming your entry into the race and your status for the race in your NYRR account will be updated to “Accepted”. In the meantime, please ensure you have a valid credit card on file. Your default credit card will be charged the registration fee upon verification and acceptance.We will reach out to you directly if there are any issues with your application. Thanks for your patience.

とにかくメールでのレスが早く、対応が親切で感心しました。

ちなみに基準タイム枠でエントリーして、出走権が獲得できなかった場合は、自動的に抽選枠へのエントリーに振り分けられます。

めでたく出走権ゲット!

後日、嬉しいお知らせが届きました。

Congratulations! You’ve been accepted to the 2019 TCS New York City Marathon. (拙訳)おめでとうございます!ニューヨークシティマラソン 2019の参加資格が認定されました。

「キターーーーーーーーーッッッ」と、通勤途中にも関わらず、思わずガッツポーズをしてしまった。

基準タイム枠(time qualifier)の申込方法

「とも」は2019年にニューヨークシティマラソンを走りました。

土曜日に出発し、日曜日にマラソンを走って、月曜日の朝の飛行機で日本に向かう日程だったため、ニューヨーク市内を観光する時間がほとんどありませんでした。

せっかくニューヨークへ行くなら2〜3日休みをとって観光することをおすすめします。

「ニューヨークシティマラソン2019」フルを3:04:46で完走。Six Star4個目