旅ランニング|サンフランシスコ:おすすめはベイトレイル

アメリカ

2017年8月にアメリカ西海岸の都市「サンフランシスコ」を旅ランしてきました。特におすすめしたいのが「ベイトレイル」と呼ばれるランニングコース。観光客に人気のフィッシャーマンズワーフとゴールデンゲートブリッジを結び、海岸沿いの美しい風景を見ながら走れます。

目次と内容

アクセス

サンフランシスコ(San Francisco)はアメリカ西海岸の大都市。

日本からは直行便でサンフランシスコ国際空港まで約10時間でアクセスできます。

今回は出張でシリコンバレーを訪れた際に、サンフランシスコを経由しました。ちょうど週末だったため、サンフランシコ市内で一泊することに。

フィッシャーマンズワーフやゴールデンゲートブリッジなどを観光しながら旅ランしてきました。

ベイ・トレイル

ベイ・トレイル(Bay Trail)は、サンフランシスコ湾沿いに整備された全長約800kmの散策路です。800mではなく、800kmというのがアメリカらしいですね。

詳しいルートマップは公式サイト(英語)が参考になります。

サンフランシスコ中心街の近くだと、フィッシャーマンズ・ワーフからゴールデンゲートブリッジまでの区間が走りやすく、見どころが多いのでおすすめです。

今回はフィッシャーマンズ・ワーフで軽めのランチを食べてから、ベイ・トレイルを東へ向かって走り、ゴールデンゲートブリッジを目指しました。

フィッシャーマンズ・ワーフ

こちらが観光客に人気のフィッシャーマンズ・ワーフ。観光客よりも、修学旅行の学生の方が多い印象です。

小腹を満たしたいけど、これから走るのでガッツリは食べたくない……。そんな時におすすめなのが、サンフランシスコ名物のロブスター・ロールです。

こちらのお店でクラブサンド(ロブスター・ロール)と大海老のボイルを注文しました。合計32ドル。

早速、近くのイートインスペースで食べ始めると、カモメやスズメが寄ってきました。舌が肥えているのか、地面に落ちているパンは見向きもせず、カニやロブスターの食べ残しを貪っています。

こちらがロブスター・ロール。

ロブスターの身のマヨネーズ和えがギュウギュウに詰め込まれています。最高に美味しいのですが、さすがにこのボリュームは飽きてきます。ハーフ&ハーフにすれば良かったです。

こちらは大エビのボイル。真ん中のチリソースがピリッと辛くて絶品でした

空腹が満たされたところでフィッシャーマンズ・ワーフを後にして走り始めます。

サンフランシスコ海事国立史跡公園

フィッシャーマンズ・ワーフの東側にはサンフランシスコ海事国立史跡公園があります。港町として栄えてきたサンフランシスコの「海運」に関する歴史的建造物や博物館などがあり、昔ながらの船造りや船乗り体験ができる一種のテーマパークですね。

昔の蒸気船のパーツがどどーんと展示されていたり、蒸気船の内部を探索したりできます。

こちら公園のビーチ。左手の白い建物が海洋博物館です。

公園の東の端から秘密(?)の階段を上って行きます。

階段の先に広がる芝生のエリアはグレート・メドー・パーク・アット・フォート・メイソンと呼ばれる公園の一部。

ヨットハーバー

再び海岸沿いの道に出るとヨットハーバーの横を走ります。

ベイ・トレイルは歩行者よりも自転車の方が多い印象です。レンタルサイクルで自転車を借りて、ゴールデンゲートブリッジまで往復するのが人気らしいですね。

散策路は「歩行者に譲ろう」の意味の「YIELD TO PEDS」の標識があり、あくまでも歩行者優先です。

クリッシー・フィールド

ヨットハーバーを通り抜けると、クリッシー・フィールドと呼ばれる砂浜に出ます。ゴールデンゲートブリッジを眺めながら、泳いだり、サーフィンしたりする人たちで賑わっていました。

ゴールデンゲートブリッジ

さて、ここからゴールデンゲートブリッジを走って往復してきます。

ゴールデンゲートブリッジ(Golden Gate Bridge)は全長2.7kmの吊り橋。そのスケールに圧倒されますが、これが1937年に建てられたと知って二度驚きます。

こちらはベイ・トレイルからゴールデンゲートブリッジに向かう途中で見た景色。少し離れた場所からの方が美しく見えますね。

フォーカル・ポイント

橋の近くにはフォーカル・ポイントと呼ばれる展望台がありました。

サイドウォーク

それではゴールデンゲートブリッジへと進みます。車道が片側4車線もあります。

歩行者と自転車は、橋の両側にあるサイドウォーク(Side Walk)を通行できます。ただしこの日は観光客が多かったためか、こちら側が歩行者専用、反対側が自転車専用になっていました。

入口付近は観光客で混雑していますが、300mほど進むと人通りが少なくなります。

こちらはゴールデンゲートブリッジの主塔。まるでレゴ・ブロックで造ったかのようにゴツいです。

巨橋を支える主塔だけあって、ものすごく太いですね。主塔の一部には、ゴールデンゲートブリッジの建設に関わった人たちの名前が刻まれていました。

しばらく走り続けるとゴールデンゲートブリッジの中間地点に到達します。

振り返ると、ゴールデンゲート海峡とその先にサンフランシスコの街並みが一望できました。

こちらはゴールデンゲートブリッジを支える、1組4本の鉄製ハンガーロープ。グラグラするのかなと触ってみましたが、、微動だにせず。

中間地点から緩やかな下り坂になっています。スピードオーバーになりやすいのか、自転車用の速度計測器が設置してありました。

ちなみに歩道以外の部分に勝手に立ち入ると、罰金1万ドルの罰金が課せられます。余談ですが、ゴールデンゲートブリッジは世界有数の自殺の名所(suicide bridge)でもあり、過去80年間に約1,600人の方が命を絶っているそうです。

ゴールデンゲート海峡の対岸まで渡り、再びフォーカル・ポイントに戻ってきました。

売店など

日本と違って自販機をほとんど見かけないので、水分補給には苦労します。フォーカル・ポイントの近くに「ラウンド・カフェ」があったので、とりあえず入ってみることに。

名前の通り建物が円形です。店内でオーガニック・オレンジジュースを購入。

フォーカル・ポイントには「Welcome Center」いう観光案内所兼売店もありました。橋のボルトのレプリカで作ったペーパーウェイト(重し)が気になりましたが、これから走ってホテルまで戻ることを考えて、購入を断念しました。

こちらはゴールデン・ゲート・ブリッジの設計者ジョゼフ・シュトラウス(Joseph Strauss)の銅像です。

ロンバード・ストリート

ゴールデンゲートブリッジを後にして、プレシディオと呼ばれる緑地を通り抜け、ロンバード・ストリート(Lombard Street)を目指します。ロンバード・ストリートは、サンフランシスコの東西一直線に伸びる道路です。

近年、この道路の一部が「世界で最もねじれた坂道(crookedest street)」としてソーシャルメディアで話題になり、今やサンフランシスコの人気観光スポットになっています。

全長4kmほどの直線コースなので、行先がかすんで見えます。

こちらがロンバード・ストリートの坂。後ほどストラバで確認したら高低差が50mほどありました。

坂を上り始めてすぐに息苦しくなり、足首にも負担がかかります。この傾斜は半端ないですね。

道路沿いに住民の車が並んでいるが、ドミノ倒しにならないか心配になります。

上に行くほど傾斜がキツくなり、もはや罰ゲームに近いですね。

こちらはカメラを垂直にして撮影した写真。

自動車もキツそうでした。

こちらが頂上からの眺め。遠方に見える緑地が先ほど走ってきたプレシディオです。

ロンバード・ストリートの最高地点でちょうどハイド・ストリート(Hyde Street)と交差します。

この交差点から東へ降りていく道が「世界一ねじれた坂道」なので、この辺りだけ異様に混雑しています。ハイド・ストリートからロンバード・ストリートへ、途切れなく自動車が進入してきます。

こんな感じで「S字」カーブが続き、どの車も慎重に運転しています。歩行者は両脇の階段を通行します。

両脇の建物には普通に住民が住んでおり、坂の途中に駐車スペースがありました。こういう感じで車を停めるのですね……。それにしてもこれだけ観光客が押し寄せると迷惑でしょうね。

坂の下から見た様子。ちょうどアジサイの花が見ごろを迎えていました。

ロンバード・ストリートはまだまだ続きます。それにしてもサンフランシスコは急勾配の坂が多く、坂道トレーニングするには絶好のロケーションだと思いました。

おまけ

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

#アメリカ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。