徹底解説|ドイツのスポーツドリンク4種:Marathonがおすすめ

ドイツ給水

ドイツ・ベルリン滞在中に現地のコンビニ・スーパーで見つけたスポーツドリンクを4つ紹介する。環境先進国のドイツでは、飲み終えたペットボトルを返却するとお金がもらえる。

購入ガイド

モルテンドリンク」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

POWERADE

最初に手にとったスポーツドリンクがPOWERADE(パワーレード)。アメリカのブランドなので「え?パワーレードか…」とちょっとガッカリした。ドイツらしいものを期待していたので。

相変わらず派手な色だ。化学薬品を混ぜたようなブルー。でも、ブルーベリーの味がかすかにして飲みやすい。今回飲み比べた中では一番まともなスポーツドリンクだった。

Marathon

次は「Marathon Isotonic Fitnessdrink」。これはマラソンランナー向けのスポーツドリンクなのかと思ったら、炭酸が入っているので違うらしい。味は、甘さ控えめの薄めのレモネード、といった感じ。炭酸がなければランニング中にも飲めそう。

Mountain Dew

「Mountain Dew」というブランドは地元スーパーでよく見かけた。毒々しい色をしているが、パッケージが蛍光色なだけであって中身は炭酸レモネード。「Marathon」よりは味がはっきりしているので好みが分かれそう。僕は好みではない。

BULLIT

「BULLIT」も地元スーパーでよく見かけた。こちらはスポーツドリンクというよりエナジードリンクに近い。カフェインとタウリンを含み、味は日本の「オロナミンC」に似ている。

まとめ

以上、ドイツ・ベルリン滞在中に僕が現地のコンビニ・スーパーで見つけたスポーツドリンクを4つ紹介した。個人的には「Marathon」がおすすめ。

番外編

今回は「ベルリンマラソン2018」に参加するためにドイツを訪れたのだが、ベルリンマラソンのフィニッシュエリアでは謎のスポーツドリンクが配布されていた。オフィシャルスポンサーの「ultra sports」が提供していたのがこちらのドリンク。

色はオレンジ。乳酸飲料のような質感。。見ためはちょっと不気味ですよね。隣にいたランナーも怪しみながら「これ何?」と聞いていた。恐る恐る飲んでみると、ジュースとラッシーを混ぜ合わせたような味だった。

また、ドイツで人気の飲み物「アップルサイダー」も紹介しておく。こちらは炭酸入りのアップルジュース、いわゆるアップルサイダー。ドイツでは一般的な飲み物で、レストランやスーパーで良く見かける。飲み味がスッキリしていて、案外スポーツドリンクとしても飲めなくもない。

最後に、ドイツでは空のペットボトルをお店に返却すると、ペットボトル代金を返金してもらえる。資源保護を目的として、スーパーに以下のような回収用の機械が設置されていた。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

モルテンドリンク」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

「モルテンドリンク(Maurten Drink)」はフルマラソンの世界記録保持者エリウド・キプチョゲが愛用しているスポーツドリンク。ハイドロゲル(hydrogel)というゲル化技術により、炭水化物を通常のスポーツドリンクの約3倍の高濃度で摂取することができる。日本でも市販されており、マラソンやサッカーなど持久系スポーツで威力を発揮する。実勢価格は1袋1000円と高価だが、僕はフルマラソンのレース前には欠かさずに飲んでいる。

モルテンドリンク Drink Mix 320」の最新価格を今すぐチェック!

#ドイツ#給水

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。