僕のフルマラソン完走歴:自己ベストは2時間57分34秒

走ることは全般的に好きだが、僕が最も情熱を注いでいるのはフルマラソンだ。42.195kmの距離と真剣に向き合うことで、ランナーとして、そして人間としての成長を実感している。ここでは、僕がこれまでに完走した国内外のフルマラソンを紹介したい。

ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

なぜフルマラソンなのか?

僕にとって42.195kmは、ランナーとしての自分の能力を最大限に生かせる、長すぎず、短すぎないちょうど良い距離。

とはいえ、実際に走っているときは「長すぎるよな…」と感じる。特にフルマラソンで最も苦しい区間と言われるラスト10km。でもこのラスト10kmにこそ、フルマラソンの醍醐味が凝縮されている。

自己ベストは2時間57分34秒

そんな僕がフルマラソンに初めて参加したのは30歳になった2013年のこと。デビュー戦は山梨県の河口湖で開催された「富士山マラソン2013」だった。ネットタイムは3時間47分12秒。

その後、36歳の時に参加した「東京マラソン2019」でフルマラソン3時間切り(サブ3)を達成。現在の自己ベストは「さいたま国際マラソン2019」で更新した2時間57分34秒。

フルマラソン完走歴

これまでに完走したフルマラソンは以下のとおり。バーチャルレースは含んでいない。なお、自己ベスト更新は「PB」と表記している。

開催日大会名タイム(グロス)
2013/11/24 富士山マラソン 3時間47分12秒 PB (3時間48分1秒)
2014/3/2 静岡マラソン 3時間36分29秒 PB (3時間37分52秒)
2014/8/31 北海道マラソン 3時間42分15秒 (3時間43分31秒)
2015/3/22 板橋シティマラソン 3時間36分10秒 PB (3時間40分25秒)
2015/11/15 さいたま国際マラソン 3時間38分1秒 (3時間40分13秒)
2016/6/5 千歳JAL国際マラソン 3時間48分13秒 (3時間46分33秒)
2016/8/28 北海道マラソン 3時間40分56秒 (3時間42分9秒)
2016/9/18 シドニーマラソン 3時間38分9秒 (3時間38分40秒)
2016/11/13 さいたま国際マラソン 3時間32分41秒 PB (3時間35分3秒)
2017/6/4 黒部名水マラソン 3時間21分21秒 PB (3時間21分41秒)
2017/9/24 オホーツク網走マラソン 3時間47分56秒 (3時間48分23秒)
2017/10/8 シカゴマラソン 3時間28分38秒 (?)
2018/2/25 東京マラソン 3時間17分47秒 PB (3時間18分20秒)
2018/4/15 長野マラソン 3時間10分12秒 PB (3時間10分40秒)
2018/9/16 ベルリンマラソン 3時間7分36秒 PB (3時間17分44秒)
2019/1/27 勝田全国マラソン 3時間5分0秒 PB (3時間6分27秒)
2019/3/3 東京マラソン 2時間58分46 PB (2時間59分22秒)
2019/9/1 日本最北端わっかない平和マラソン 3時間7分56秒 (3時間8分1秒)
2019/11/3 ニューヨークシティマラソン 3時間4分46秒 (-)
2019/12/8 さいたま国際マラソン 2時間57分34秒 PB (2時間58分5秒)
2020/2/2 別府大分毎日マラソン 2時間58分4秒 (2時間59分6秒)

4つのターニングポイント

これまでの完走タイムの推移を振り返ると、初フルマラソから6年で約50分間短縮したことになる。その過程の中で、4つのターニングポイントがあったので参考までに紹介する。

1. レース専用シューズを買う

走り始めた頃はランニングシューズに無頓着だった。初めてレース専用のランニングシューズを購入したのは2017年。アシックスの「ターサージール」を履いて「黒部名水マラソン2017」に挑み、自己ベストを10分以上短縮してサブ3.5を達成した。

もちろん、勝因はシューズだけではないが、シューズ選びの大切さを学んだ。

2. 距離を踏む

きっかけは「オホーツク網走マラソン2017」で撃沈したこと。距離を踏む練習を十分に行わなかったために、レースでは「30kmの壁」に苦んだ。

以降、周1回は練習で20km以上の長距離走を走るようになり、30kmの壁に悩まされることがなくなった。

3. 自己流トレーニングを止める

サブ3.5までは本や雑誌で得た知識をベースに、自己流でマラソンのトレーニングを行っていた。しかし2017年にオンラインのマラソントレーニングと出会い、以降はプロのマラソンコーチが作成した練習メニューを実践している。

自己流トレーニングを止めたことで不調や故障が減り、タイムがぐんぐん伸びていった。

4. スピード持久力を養う

マラソントレーニングを通して、スピード持久力の大切さに気づいた。特に、1000m〜2000mのインターバル走と、10〜20kmのペース走はスピード持久走を効率的に鍛えられる。約1年間の練習を経て、サブ3を達成することができた。

不調や故障に悩んだり、自己ベストが停滞している人は、自己流からの脱却を試してみると道が開けるかもしれない。

最後に、高岡尚司さんの『ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!』を紹介したい。

この本はタイトルのとおり、僕の走り方をゼロベースで考えるヒントを与えてくれた。特にランニングフォームの考え方に大きな影響を及ぼし、サブ3達成に貢献してくれたので、一読をおすすめしたい。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >