【ともらん】読めば走りたくなるマラソンブログ

【tomo.の自己ベスト】フル2時間49分31秒、ハーフ1時間20分42秒

【tomo.の自己ベスト】フル2時間49分31秒、ハーフ1時間20分42秒

マラソンブロガーのtomo.です。当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自分の意思で自費購入し、忖度なしでレビューしています。

走ることは全般的に好きですが、自分が最も情熱を注いでいるのはフルマラソン。42.195kmの距離と真剣に向き合うことで、ランナーとして、そして人間としての成長を実感しています。ここでは、フル・ハーフ・10km・5000mの自己ベストと、フルマラソンの完走歴を紹介します。

更新 作成

目次と内容

自己ベスト

ランナーの自己紹介に欠かせないのが自己ベスト。2023年11月時点の自己最高記録(ネットタイム)は次のとおり。

フル
2時間49分31秒(金沢2023)
ハーフ
1時間20分42秒(上尾シティ2023)
10km
34分16秒(秋葉ダム2002)
5000m
17分47秒(META:Time:Trials2022)

フルマラソンは2019年に3時間切りの「サブ3」、2023年に2時間50分切りの「サブエガ」を達成。ハーフマラソンは2023年に5年ぶりに自己ベストを更新しました。10kmは20代前半の記録を未だに超えられません。

主戦場はフルマラソン

毎年、10〜13本のレースに参加しています。内訳は、フルマラソンが5〜6本、ハーフ・10kmが4〜5本、その他が1〜2本。ほとんどがロードランニングですが、夏場はトレイルランニングに出場することもあります。

主戦場はフルマラソン。自分にとって42.195kmは、ランナーとしての自分の能力を最大限に生かせる、長すぎず、短すぎないちょうど良い距離なんです。

とはいえ、実際に走っているときは「長すぎるよな…」と感じます。フルマラソンで最も苦しい区間と言われるラスト10kmは特に。でもこのラスト10kmにこそ、フルマラソンの醍醐味が凝縮されています。

フルマラソンよりも長いウルトラマラソンにはあまり興味ありません。逆にフルマラソンよりも短いハーフや10kmは、フルマラソンに必要なスピード持久力を養う目的で走っています。

フルマラソン完走歴

これまでに完走したフルマラソンは以下のとおり。自己ベスト更新は「PB」と表記しています。バーチャルレースは含みません。なお、レースレポートはリザルトから確認できます。

1. 富士山マラソン2013

2. 静岡マラソン2014

3. 北海道マラソン2014

4. 板橋シティマラソン2015

5. さいたま国際マラソン2015

6. 千歳JAL国際マラソン2015

7. 北海道マラソン2016

8. シドニーマラソン2016

9. さいたま国際マラソン2016

10. 黒部名水マラソン2017

11. オホーツク網走マラソン2017

12. シカゴマラソン2017

13. 東京マラソン2018

14. 長野マラソン2018

15. ベルリンマラソン2018

16. 勝田全国マラソン2019

17. 東京マラソン2019

18. 日本最北端わっかない平和マラソン2019

19. ニューヨークシティマラソン2019

20. さいたま国際マラソン2019

21. 別府大分毎日マラソン2020

22. 富士山マラソン2021

23. 伊豆大島マラソン2021

24. かすみがうらマラソン2022

25. かすみがうらマラソン2022

26. 北海道マラソン2022

27. 新潟シティマラソン2022

28. 富山マラソン2022

29. 青島太平洋マラソン2022

30. いぶすき菜の花マラソン2023

31. 熊本城マラソン2023

32. ボストンマラソン2023

33. 函館マラソン2023

34. 金沢マラソン2023

35. 奈良マラソン2023

4つのターニングポイント

2013年のフルマラソンデビュー以来、時間はかかっていますが順調に自己ベストを更新できています。その過程で4つのターニングポイントがあったので参考までに紹介します。

レース専用シューズを買う

走り始めた頃はランニングシューズに無頓着でした。初めてレース専用のランニングシューズを購入したのは2017年。アシックスの「ターサージール」を履いて「黒部名水マラソン2017」に挑み、自己ベストを10分以上短縮してサブ3.5を達成しました。もちろん、勝因はシューズだけではありませんが、シューズ選びの大切さを学びました。

距離を踏む

きっかけは「オホーツク網走マラソン2017」で撃沈したこと。距離を踏む練習を十分に行わなかったために、レースでは「30kmの壁」に苦みました。以降、周1回は練習で20km以上の長距離走を走るようになり、30kmの壁に悩まされることがなくなりました。

自己流トレーニングを止める

サブ3.5までは本や雑誌で得た知識をベースに、自己流でトレーニングを行っていました。しかし2017年にオンラインのマラソントレーニングと出会い、以降はプロのマラソンコーチが作成した練習メニューを実践しています。自己流トレーニングを止めたことで不調や故障が減り、タイムがぐんぐん伸びていきました。

スピード持久力を養う

マラソントレーニングを通して、スピード持久力の大切さに気づきました。特に、1000m〜2000mのインターバル走と、10〜20kmのペース走はスピード持久走を効率的に鍛えられます。スピード持久走を鍛える練習を取り入れてから約1年間を経て、サブ3を達成することができました。

最も感動したレース

これまで走ったフルマラソンの中で最も感動したレースは「オホーツク網走マラソン」でした。

前半はオーバーペースで、後半は歩く・走るの繰り返し、結果は自分史上最遅のタイム。ボロボロになってゴール会場にたどり着くと、100万本のひまわりが出迎えてくれました。この時の感動は一生忘れないでしょう。

史上最悪レースが史上最高のレースでもあるというのは矛盾しているようですが、マラソンの本質を表していると思います。

まとめ

今後もフルマラソンをメインに走り続け、最終目標である2時間半切り「サブ2.5」を目指します。

最後になりますが、自分がこれまで読んだマラソン関連書籍の中で最も参考になった一冊を紹介します。高岡尚司さんの『ゼロベースランニング 走りの常識を変える!フォームをリセットする!』です。

この本はタイトルのとおり、自分の走り方をゼロベースで考えるヒントを与えてくれました。特にランニングフォームの考え方に大きな影響を及ぼし、サブ3達成に不可欠な視点を得ることができました。

購入ガイド

最新の価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。