自費レビュー|ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ

キャップミズノ

日常にも冬ランにも使えるミズノのニット帽。ブレスサーモの防寒仕様でポッカポカ。

購入ガイド

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

発熱するニット帽

冬ランの防寒対策にミズノの「ダブルニットキャップ ブレスサーモ」を購入した。

これまで頭の防寒対策はランニングキャップに頼ってきたが、歳を重ねるごとに寒さへの耐性が弱まり、ついに完全防寒仕様のニット帽が必要になった。

ダブルニットキャップ ブレスサーモ」の主な特徴は以下のとおり。

  • シンプルな編地の折り返しニット帽
  • 発熱素材「ブレスサーモ」を使用
  • 定価は税込4,620円

発熱するニット帽

最大の特徴は、生地にミズノの吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使用していること。

ブレスサーモは、ユニクロの「ヒートテック」のようなもの。アウターやインナー、手袋やソックスなど、ミズノの防寒スポーツウェア全般に幅広く使われている。

人体から発生する水分を吸収して発熱効果をもたらすため、頭部に汗をかくとニット帽の中がポッカポカになる。

Go to by Mizuno

ミズノは「遊べる大人の、トラベルウエア。」をコンセプトにした「Go to by Mizuno」というブランドを展開している。ガチなスポーツ仕様ではなく、スポーツにも日常生活にも馴染むデザインが特徴だ。

今回購入した「ダブルニットキャップ ブレスサーモ」もそのひとつ。シンプルなデザインなので、ランニングに限らず、アウトドアスポーツ全般から日常使いまで幅広いシーンで使える。

デザインとスペック

それでは「ダブルニットキャップ ブレスサーモ」を詳しく見ていこう。

素材は、アクリル75%、ナイロン13%、毛8%、ポリエステステル2%、合成繊維(ブレスサーモ)1%、ポリウレタン1%を使用。

ユニセックス仕様で、フリーサイズ頭周り:55~59cm。

デザインは至ってシンプルで「Go to by Mizuno」の白いタグがアクセントになっている。

生地は厚めで防寒性能が高い。しかも耳の部分は折り返しのダブルニットなので防寒対策もバッチリだ。

ダブルニットキャップの評価

実際に「ダブルニットキャップ ブレスサーモ」を着用して気づいた点をまとめる。

耳がポッカポカ

まず驚いたのが、着用した途端に耳がポッカポカに暖かいこと。さすがダブルニットの威力は半端ない。着用してすぐに暖かさを感じると、寒い日でも走りに出かけるハードルがグッと下がる。

締め付け感はある

僕は頭が大きい方だ。フリーサイズのゆえ、若干だが締め付け感がある。まあ隙間なくフィットしたほうが防寒性能が高まるので、暖かさとのトレードオフか。標準的な頭のサイズの人なら問題ないだろう。

小顔効果?

キュッと締め付けるので、頭が小さく見える(気がする)。いわゆる小顔効果のおかげで、目が大きく見える。防寒対策の観点からはどうでもいいことだが。

スキー場でも大活躍

ランニング以外でも、先日スキー場を訪れた時に「ダブルニットキャップ ブレスサーモ」を着用した。厚手の生地によって頭が守られている感じがする。もちろん雪上でも暖かい。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#キャップ#ミズノ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。