tomo.run

Mizuno「ストレッチフリース手袋」レビュー

Mizuno「ストレッチフリース手袋」レビュー

ミズノのランニング手袋「ストレッチフリース手袋」を紹介します。

薄いのに暖く、着脱もしやすく、スマートフォンのタッチパネル操作にも対応しています。冬のランニングにおすすめです。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

薄手なのに暖かいランニング手袋

ミズノの「ストレッチフリース手袋」の特徴は以下のとおり。

  • 伸縮性に優れ、手袋を着脱しやすい
  • 内側にフリース素材を使用しているため、薄手なのに暖かい
  • タッチパネル(スマホ操作)対応
  • 定価は税込3,080円

最大の特徴は、薄手なのに暖かいこと。

通常、暖かさを重視すると生地が分厚くなり、手袋を着用した時にゴワゴワすることが多いですよね。

「ストレッチフリース手袋」は、薄手の生地が手の形にピタリと寄り添うので、10本の指が自由自在に動かせます。

しかし、薄手だからといって、暖かさを犠牲にしているわけではありません。手袋の内側にフリース素材を使うことで空気の層を作り、防寒性・保温性を高めています。そして、肌触りの良いですね。

ブレスサーモ手袋との違い

「ストレッチフリース手袋」のスペックは以下のとおり。発熱・保温効果に定評のある「ブレスサーモ」版のモデルと比較します。

ストレッチフリース手袋ブレスサーモ ストレッチフリース グラブ
型番32JY0608B2JY0505
素材ポリエステル、ポリウレタン表地:本体ポリエステル100%/カフス部:ポリエステル、ポリウレタン、掌部合成皮革/裏地:ポリエステル、合成繊維(ブレスサーモ)
サイズS(21~22cm)、M(23~24cm)S(22cm~24cm)、M(23cm~25cm)、L(24cm~26cm)
カラーブラック、マリンブラック、ネイビー、マゼンダ

肌触りの良いフリース素材

パッと見た感じはスポーツ用の手袋っぽくないですね。高級感のあるデザインで、ビジネスシーンでも全く違和感がないと思います。

手のひらの部分。立体構造で作られているので、親指だけ配置が異ります。これが絶妙なフィット感を生み出しています。

手の甲の部分。袖口のところにミズノのロゴが入っています。

親指と人差し指には、タッチパネル対応の素材が折り込まれており、手袋を着用しながらスマートフォンの操作ができます。指一面ではなく、指先に加工されているのがポイント。

手袋の内側はフリース素材で肌に優しくて暖かいですね。

使ってみた感想

実際に「ストレッチフリース手袋」を使ってみた感想をまとめます。

スマートフォンが操作しやすい

他にもタッチパネル対応の手袋を試してみましたが、一番操作しやすかったのがストレッチフリース手袋でした。

タッチパネルの操作は指先で行うため、指一面に加工が施された他の手袋よりも、指先にのみ加工が施されているストレッチフリース手袋の方が使いやすいです。

薄手なのに暖かい

肝心の防寒性・保温性を確かめるために、氷点下で約1時間半のランニングで使用してみました。結果、手が凍えることはなく、最後まで暖かく感じました。

着脱しやすい

全体的に素材が伸縮性に優れており、袖口も少し大きめに作られているので、手袋を簡単に着けたり外したりできます。着脱のしやすさは、手袋選びで意外と見落とされがちなポイントです。

Mizuno「ストレッチフリース手袋」レビュー

この記事で紹介した「ミズノ ストレッチフリース手袋」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

公式オンラインストアで探す

Mizuno公式オンラインショップならシューズの返品送料が無料。商品到着から2週間以内までなら着払いで返送できるので、自宅で気軽に試着できます。