【ともらん】読めば走りたくなるマラソンブログ

Mizuno「ウエーブリベリオン フラッシュ」レビュー:耐久性に難あり Mizuno「ウエーブリベリオン フラッシュ」レビュー:耐久性に難あり Mizuno「ウエーブリベリオン フラッシュ」レビュー:耐久性に難あり Mizuno「ウエーブリベリオン フラッシュ」レビュー:耐久性に難あり

Mizuno「ウエーブリベリオン フラッシュ」レビュー:耐久性に難あり

マラソンブロガーのtomo.です。当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自分の意思で自費購入し、忖度なしでレビューしています。

Mizunoからサブ2.5〜3.5向けのランニングシューズ「ウエーブリベリオン」シリーズが一挙発売され、サブ3向けでワイドモデルも選べる「ウエーブリベリオン フラッシュ」を購入しました。ハイスピードでの安定性が素晴らしいのですが、耐久性に難ありでした。

更新 作成

目次と内容

主な特徴

ウエーブリベリオン フラッシュは、ナイロンプレートを搭載したサブ3ランナー向けのランニングシューズです。基本スペックは次のとおり。

ソール
グラスファイバー強化ナイロンプレート、G3ソールラバー
アッパー
エンジニアードメッシュ
重さ
230g(メンズ27.0cm)
定価
17,600円
発売
2023年1月

アッパー

アッパーにはメッシュ素材を採用。他社で言うところのエンジニアードメッシュ仕様。通気性に優れているだけでなく、耐久性も見るからに高そう。シュータンは薄型。足の形にピタリとフィットするタイプです。シューレース(紐)システムは、アッパーと一体化することでフィット感を高めています。足首周りを包み込むアンクルパッドは、高さと厚さが控えめです。

ミッドソール

ミッドソールは二層構造。トップミッドソールにはクッション性、反発性、軽量性に優れた「ENERGYとMIZUNO ENERGY LITE」を搭載し、ボトムミッドソールには「ENERGYとMIZUNO ENERGY」を使用。2つのソールの間にはグラスファイバー強化ナイロンプレートが挟み込まれています。ミズノのランニングシューズの特徴であるのウエーブプレート状(波状)にすることで、走行時の安定性を高めます。

アウトソール

靴底全面に、耐久性とグリップ力に優れた「G3」ソールを採用。カカトの真ん中の部分だけ、空洞になっており、ナイロンプレートが見えます。

重さ

公式値はメンズ27.0cmが230g。メンズ25.5cmのワイドタイプの実測値は215gでした。レースシューズ並みの軽さですね。

サイズ感

男女別のサイズ展開は次のとおり。メンズだけ幅広のワイドタイプが選べます。

メンズ
24.5-29.0cm
メンズワイド
24.5-29.0cm
レディース
22.5-25.5cm

自分はメンズ25.5cmのワイドを選びました。

普段、ランニングシューズ選びでは標準モデルなら26.0cm、幅広モデルなら25.5cmがジャストフィットになることが多いですが、ウエーブリベリオン フラッシュは25.5cmのワイドモデルでちょうど良いサイズ感でした。つま先周りが余裕ある作りになっており、窮屈さをまったく感じずに履きこなすことができます。

ハイスピードで化ける

ミッドソールに内蔵されているナイロンプレートはかなり強度が高く、シューズ自体がほとんど曲がりません。履き心地も「ちょっと硬すぎないかな…」という印象でした。ゆったりとしたペースのジョギングだと、ぎこちないというか、シューズの特性を活かし切れない感じがします。

ところが4:00/km前後までペースアップすると、ナイロンプレートの反発力を実感します。ミズノのウエーブプレート特有の走行安定性も健在です。ペースによって、こんなにも履き心地が変わるものかと驚きました。そういう意味では融通の効かないシューズと言えますが、最適ペースにハマると、スイスイ走れます。

抜群の安定感

高速ペースでもグラつきません単にナイロンプレートを内蔵するだけでなく、ミズノウエーブ仕様に仕上げることで、クッション性と反発性だけでなく、安定性を高めています。体幹が弱いとハイペースでランニングフォームが崩れがちですが、そのような方でもウエーブリベリオン フラッシュを履けばある程度安定すると思います。

真価はアッパーにあり

公式サイトではまったくフォーカスされていませんが「ウエーブリベリオン フラッシュ」は、アッパーが良く出来ています。エンジニアードメッシュ仕様の素材は軽くて通気性に優れています。シューレースシステムがアッパーと一体化したことで、フィット感も抜群。特に素晴らしいのが、着脱しやすいこと。履き口が大きく開閉できるため、足がスッと走ります。地味に嬉しいポイントです。

ただし耐久性に難あり

以下は100km走った後の状態。自分の走り方のクセもあると思いますが、ミッドソールの側面がえぐれ、アウターソールの一部が欠けてしまいました。

ウエーブリベリオンの選び方

ウエーブリベリオンは「プロ」「フラッシュ」「ソニック」の3種あり、それぞれフルマラソンのサブ2.5、サブ3.0、サブ3.5を想定したモデルとなっています。基本スペックは次のとおり。

ウエーブリベリオン プロウエーブリベリオン フラッシュウエーブリベリオン ソニック
対象ランナー(目安)サブ2.5サブ3.0サブ3.5
ミッドソール素材MIZUNO ENERGY LITEとMIZUNO ENERGY LITE+の二層構造、MIZUNO ENERGYとMIZUNO ENERGY LITEの二層構造MIZUNO ENERGY
ミズノウエーブの仕様カーボン入りナイロンプレートグラスファイバー強化ナイロンプレートウエーブプレート
ソールの厚み(最大値)39.0mm37.5mm32.0mm
アウターソールG3ソールG3ソールX10ラバー
価格24,200円17,600円13,750円
重さ(メンズ27cm)215g230g260g
ワイドタイプ(3E)なしありあり

今回は「プロ」か「フラッシュ」かで迷いましたが、「プロ」は走る人を選びそう(特にランニングフォーム)だったのと、自分はワイドタイプがフィットするため、最終的に「フラッシュ」を購入しました。

評価まとめ

ウエーブリベリオン フラッシュを購入してそこそこ満足しています。

ミズノウエーブが生み出す抜群の安定感とナイロンプレートが生み出す爆発的な推進力が組み合わさり、レースやスピード練習に耐えうるスピードシューズに仕上がっています。

一方で、ジョギングペースだと履き心地がぎこちなく、また耐久性に不安を感じます。

こんな人におすすめ

類似のシューズ

ウエーブリベリオン フラッシュに似ているランニングシューズは、Asicsの「マジックスピード 3」です。厚底カーボンシューズなのに価格帯はほぼ同じ。ジョギングペースも快適で耐久性にも優れており、ウエーブリベリオン フラッシュの弱点も克服しています。

購入ガイド

最新の価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

2024年レギュラー入り

【マジックスピード 3】レビュー:メタスピードの弟分。コスパ最高