自費レビュー|ウエーブリベリオン フラッシュ:プロじゃないほう

シューズミズノ

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

2023年1月に発売されたミズノのランニングシューズ「ウエーブリベリオン フラッシュ」を紹介します。

サブ3.0ランナーをターゲットにしており、主な特徴は以下のとおりです。

  • ソールはMIZUNO ENERGYとMIZUNO ENERGY LITEの二層構造
  • グラスファイバー強化ナイロンプレートを内蔵
  • ワイドタイプ(3E)あり
  • 価格は17,600円

同時期に発売された「プロ」と「フラッシュ」のどちらを買うか迷いましたが、最終的に「フラッシュ」を選びました。

その辺りも含めて、詳しく紹介していきたいと思います。

購入ガイド

ミズノ ウエーブリベリオン フラッシュ」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

ウエーブリベリオンとは?

ウエーブリベリオン(WAVE REBELLION)は、マラソンランナー向けのミズノのランニングシューズです。

2023年1月に以下のサブ2.5〜3.5向けのモデルが発売されました。

  • ウエーブリベリオン プロ(サブ2.5向け)
  • ウエーブリベリオン フラッシュ(サブ3向け)
  • ウエーブリベリオン ソニック(サブ3.5向け)

いずれも長距離陸上界で主流の高反発ソールを採用しています。

発売前から注目を集めたのが、最上位モデルの「プロ」。カーボン入りナイロンプレートを内蔵し、カカトのない独特なフォルムに仕上がっています。

フルマラソン2時間半切りを目指すエリートランナーに標準を合わせたミズノの最速マラソンシューズです。

「フラッシュ」はフルマラソン3時間切り、「ソニック」はフルマラソン3時間切りを目指すランナーを対象とし、幅広のワイドタイプも選べます。

プロとフラッシュの違い

今回は「プロ」か「フラッシュ」かで迷いましたが、「プロ」は走る人を選びそう(特にランニングフォーム)だったのと、自分はワイドタイプがフィットするため、最終的に「フラッシュ」を購入しました。

それぞれの特徴を表にまとめました。

ウエーブリベリオン プロウエーブリベリオン フラッシュウエーブリベリオン ソニック
対象ランナー(目安)サブ2.5サブ3.0サブ3.5
ミッドソール素材MIZUNO ENERGY LITEとMIZUNO ENERGY LITE+の二層構造、MIZUNO ENERGYとMIZUNO ENERGY LITEの二層構造MIZUNO ENERGY
ミズノウエーブの仕様カーボン入りナイロンプレートグラスファイバー強化ナイロンプレートウエーブプレート
ソールの厚み(最大値)39.0mm37.5mm32.0mm
アウターソールG3ソールG3ソールX10ラバー
価格24,200円17,600円13,750円
重さ(メンズ27cm)215g230g260g
ワイドタイプ(3E)なしありあり

タイムだけで見ると、自分のフルマラソン自己ベストは「新潟シティマラソン2022」の2時間52分台なので、「フラッシュ」が相応のモデルとなります。

とはいえ、タイムに関係なく最上位モデルに惹かれますよね。しかも「プロ」はミズノ初のカーボンプレートを搭載したモデル。欲しくないと言ったら嘘になります。

とはいえ、カカトのない独特なフォルムを持つ「プロ」は、フォアフット走法に適しているため、走り方を選ぶシューズだなとも思いました。

さらに「プロ」にはワイドタイプがないため、幅広の自分の足には窮屈に感じる可能性があります。

一方で「フラッシュ」は自分が長年愛用している「ウエーブライダー」とフォルムが似ていますし、ワイドタイプも選べます。

「フラッシュ」はカーボンプレートではありませんが、グラスファイバー強化ナイロンプレートを内蔵しており、スピード走行にも対応しています。

価格の方も「プロ」に比べて6,600円安いのでお財布にも優しい。というわけで、今回は「フラッシュ」を選びました。

デザインとスペック

それでは「ウエーブリベリオン フラッシュ」を詳しく見ていきましょう。

まずは1分間動画をどうぞ。

ミッドソールは二層構造。トップミッドソールにはクッション性、反発性、軽量性に優れた「ENERGYとMIZUNO ENERGY LITE」を搭載し、ボトムミッドソールには「ENERGYとMIZUNO ENERGY」を使用しています。

2つのソールの間にはグラスファイバー強化ナイロンプレートが挟み込まれています。ミズノのランニングシューズの特徴であるのウエーブプレート状(波状)にすることで、走行時の安定性を高めます。

アッパーにはメッシュ素材を採用。他社で言うところのエンジニアードメッシュ仕様。通気性に優れているだけでなく、耐久性も見るからに高そう。

シュータンは薄型。足の形にピタリとフィットするタイプです。

シューレース(紐)システムは、アッパーと一体化することでフィット感を高めています。

足首周りを包み込むアンクルパッドは、高さと厚さが控えめです。

アウターソールは靴底全面に、耐久性とグリップ力に優れた「G3」ソールを採用。カカトの真ん中の部分だけ、空洞になっており、ナイロンプレートが見えます。

25.5cmのワイドタイプの重さは、実測値で215gでした。

サイズ感

「ウエーブリベリオン フラッシュ」のサイズ展開は以下のとおりです。

  • メンズ:24.5-29.0cm
  • メンズワイド:24.5-29.0cm
  • レディース:22.5-25.5cm

自分の足は幅広なので、今回は迷わずワイドタイプを選びました。「プロ」ではなく「フラッシュ」を選んだ理由のひとつでもあります。

ランニングシューズのサイズ選びでは25.5cmか26.0cmでいつも悩みます。

今回はワイドタイプなので25.5cmを選びましたが、つま先周りが余裕ある作りになっており、窮屈さをまったく感じずに履きこなすことができます。

履いてみた感想

実際に「ウエーブリベリオン フラッシュ」を履いてみて感じたことを忖度なしにまとめていきます。

履き心地は硬い

ミッドソールに内蔵されているナイロンプレートはかなり強度が高く、シューズ自体がほとんど曲がりません。履き心地も「ちょっと硬すぎないかな…」という印象でした。

ゆったりとしたペースのジョギングだと、ぎこちないというか、シューズの特性を活かし切れない感じがします。

スピード走行におすすめ

ところが4:00/km前後までペースアップすると、ナイロンプレートの反発力を実感します。ミズノのウエーブプレート特有の走行安定性も健在です。

ペースによって、こんなにも履き心地が変わるものかと驚きました。そういう意味では融通の効かないシューズと言えますが、最適ペースにハマると、スイスイ走れます。

抜群の安定感

高速ペースでもグラつきません単にナイロンプレートを内蔵するだけでなく、ミズノウエーブ仕様に仕上げることで、クッション性と反発性だけでなく、安定性を高めています。

体幹が弱いとハイペースでランニングフォームが崩れがちですが、そのような方でも「ウエーブリベリオン フラッシュ」を履けばある程度安定すると思います。

真価はアッパーにあり

公式サイトではまったくフォーカスされていませんが「ウエーブリベリオン フラッシュ」は、アッパーが良く出来ています。

エンジニアードメッシュ仕様の素材は軽くて通気性に優れています。シューレースシステムがアッパーと一体化したことで、フィット感も抜群。

特に素晴らしいのが、着脱しやすいこと。履き口が大きく開閉できるため、足がスッと走ります。地味に嬉しいポイントです。

主にスピード練習

主な用途としては、ペース走やロングインターバル走で活躍しそうです。

もう少し履いてみて問題なさそうなら、フルマラソンのレースにも投入してみます。

耐久性

こちらは追って更新します。

おまけ

今回は、発売日直後にミズノの公式サイトで注文しました。

ミズノは、株主優待の特典を使うと、定価の2割引の株主優待価格で購入することができます。「ウエーブリベリオン フラッシュ」の定価は17,600円でしたので、2割引で3,520円安くなり、14,080円となりました。

「ウエーブリベリオン フラッシュ」は高速ペースに向いているものの、ジョギングだと履き心地がぎこちない印象です。

ジョギングで使用するなら、同じミズノの「ウエーブライダー」シリーズがおすすめです。毎年新作が発売される度に買っているほど惚れ込んでいます。

購入ガイド

ミズノ ウエーブリベリオン フラッシュ」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

ミズノの2022年秋冬新作ランニングシューズ「ウエーブライダー26」の特徴と履き心地をレビューします。

前作から進化した点は以下のとおりです。

  • ミズノエナジーの厚みが2mm増えた
  • ミズノウエーブの波形構造がより大胆になった
  • アッパーが柔らかいエアメッシュに変わった
  • 重さは10g増えた

「とも」が実際に履いてみた感想としては、前作に比べて中足部のサポートが増し、安定感は依然と高いままでグイグイ前進するライド感も感じられるようになりました。

ミズノ ウエーブライダー 26」の最新価格を今すぐチェック!

ミズノやアシックスの新作ランニングシューズをお得に買う方法はないものか?という疑問にお答えします。

発売されたばかりのモデルは基本的に定価でしか買えないですよね。でも、ミズノやアシックスの株主になり、株主優待の割引券をもらうと、2〜4割引でお得に買える裏技があるんです。

「とも」は、この裏技で毎年2〜3万円は得しています。もちろん100%合法ですよ。

#シューズ#ミズノ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。