tomo.run

2023年1月の走行距離は283km。習い事の待ち時間に走る

2023年1月の走行距離は283km。習い事の待ち時間に走る

2023年が始まったと思ったら、あっという間に1ヶ月が過ぎ去りました。

年始の三連休に「いぶすき菜の花マラソン」を走ったのが大昔のように感じます。あれは難コースでしたね、本当に辛かった……。

11〜12月はオフシーズンという位置付けでゆる〜く走っていましたが、1月に入ってから練習にフルコミットしています。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

走行距離は283km

というわけで、まずは月間走行距離のご報告から。

300kmは惜しくも未達でしたが、過去3ヶ月間が

  • 2022年10月 228km
  • 2022年11月 177km
  • 2022年12月 216km

でしたので、まあ悪くない結果と言えます。

1月8日走った「いぶすき菜の花マラソン」は苦戦しましたが、ガチランではなかったため、疲労度を最小限に抑えることができました。

通常フルマラソンの後は1週間ランオフするのですが、今回は2日間だけ休んで練習を再開しました。

1年前も同じくらい走っていた

ふと、1年前の今頃はどうだったかな?と思い、調べてみると2022年1月は281km走っていました。

当時はコロナ禍の真っ只中でメジャーなレースは開催を控えていました。

とはいえレースに出ないとメリハリがなくなるので、地元の彩湖で「UP RUN彩湖マラソン大会」でハーフを走っていましたね。

ちなみに2022年1〜3月にエントリーしていたその他のレースは全滅でした。

そういえば「きさらぎマラソン in 国営昭和記念公園」なんてレースにもエントリーしていました。

その後開催中止となり、出走権が1年後に繰り越されることに。そのことをすっかり忘れており、先日参加案内のお便りが届いてびっくりしました。

鹿児島旅行へ

1月7日〜9日の三連休は家族を連れて鹿児島へ行ってきました。連休中日の「いぶすき菜の花マラソン」に参加するためです。

もともと以下の日程で独りで向かう予定でした。

  • 1月7日:埼玉→鹿児島市内
  • 1月8日:鹿児島市内→指宿(レース)→鹿児島市内
  • 1月9日:鹿児島市内→埼玉

しかし2月(熊本城マラソン)と3月(びわ湖マラソン)も1人旅なので、さすがに申し訳ないな…と思い、下記の日程で家族旅行に組み直しました。

  • 1月6日:埼玉→鹿児島桜島
  • 1月7日:桜島→指宿
  • 1月8日:指宿(レース)
  • 1月9日:指宿→埼玉

初日は午後から有給をいただき、夕方の便で鹿児島に向かいました。鹿児島空港でレンタカーを借りて、大隅半島経由で桜島へ。

翌朝は桜島の「溶岩なぎさ遊歩道」を走ってきました。

その後、フェリーで鹿児島市内へ渡り「城山」エリアを散策してから指宿へ向かいました。

いぶすき菜の花マラソンはキツかった

指宿では「白水館」という温泉旅館に泊まりました。

鹿児島湾を一望できる露天風呂や砂蒸し風呂が有名です。

何よりも「いぶすき菜の花マラソン」の会場から近いのが良かったですね。スタート地点まではわずか200m。

ただ、宿泊予約は大会スポンサーのJTBが仕切っていたため、かなり割高なレートで予約せざるを得ませんでした。

ホテルのフロントで「来年も泊まりたいのだけど、なんでJTB以外で予約できないの!?」と苦言を呈しているランナーがいたので、不満に感じているのは自分だけじゃないんだと思いました。

肝心のレースの方は、想像していたよりも苦しい展開になりました。

まずコースがキツかった。37kmまで緩やかなアップダウンが続き、じわじわとダメージを受けます。

それから11月〜12月はゆる〜く走っていたので、準備ができていなかったのでしょうね。

それでも3時間10分を切るタイムで完走することができました。

興味があれば、レースレポートを読んでいただけると嬉しいです。

次の本命レースは「びわ湖」

「いぶすき菜の花マラソン」の後は、淡々と練習に励んでいた感じですね。

今後出走が確定しているレースは以下のとおりです。

  • 2023年02月19日:熊本城マラソン(フル)
  • 2022年03月12日:びわ湖マラソン大会(フル)
  • 2022年04月17日:ボストンマラソン(フル)

本命レースは3月の「びわ湖マラソン大会」です。

今の自分の課題は3:45/kmのペースを楽に走れること。そのためにインターバル走、ペース走、タイムトライアルに積極的に取り組んでいます。

1月22日には地元さいたま市で開催された「さいたまランフェス」の10kmの部を走ってきました。

練習スタイルの変化

マラソンのトレーニングは相変わらず「running.COACH」を利用しています。

目標タイムや練習の頻度などをインプットすると、自分に合った練習メニューを作ってくれるサービスです。

Garminに転送すれば、ワークアウト機能を使って手元で指示してくれます。

練習メニューはプロのマラソンコーチが監修しています。マラソン女子の元世界記録保持者のポーラ・ラドクリフも監修者のひとり。

有料ですが、3年ほど使い続けています。去年はこのおかげでフルマラソンの自己ベストを5分間も短縮することができました。

こういうサービスを利用する最大のメリットって、自己流の罠に陥らないことだと思います。

自分で練習メニューを組み立てるのは楽しいんですけどね。ただオーバートレーニングのリスクもあったりするので、プロが作った練習メニューを忠実にこなすようにしています。

そういえば1月に入ってから、娘たちの習い事の送迎が週2から週5に増えました。

なので練習時間を送迎時間に合わせるようにしています。教室へ送った後に走り始め、お迎えの時間に合わせて走り終える感じ。

しばらくこの練習スタイルが続きそうです。

おまけ

最後に、1月に買って良かったランニングアイテムを紹介しますね。

Hybrid Thermal Versa Grid Hoodie

埼玉とはいえ尋常じゃないくらい寒い日が続くので、ランニング用の防寒ウェアを新調しました。

ザノースフェイスの「Hybrid Thermal Versa Grid Hoodie」というジャケットなのですが、薄いのに暖かく、通気性にも優れた逸品です。

秘密は内側に配置されたグリッドフリース。これ1枚羽織っておけば真冬でも寒さを感じません。

ウエーブリベリオン フラッシュ

ミズノの新作ランニングシューズ「ウエーブリベリオン フラッシュ」を発売日当日に注文しました。

同時期に発売された上位モデルの「ウエーブリベリオン プロ」と悩みましたが、より汎用性が高そうな中位モデルの「ウエーブリベリオン フラッシュ」をあえて選びました。

サブ3ランナー向けモデルということもあり、ペース走やインターバル走で早速活躍しています。

実際に走ってみると、4:00/km前後までペースアップしないとナイロンプレートの反発力は実感できないですね。

スピード練習には最高の1足ですが、ジョギングには向いてなさそう。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。