プロ監修のマラソントレーニング3選!自分仕様の練習メニューが作れる

>

マラソンブロガーのともです。

簡単なプロフィールを入力するだけで、自分の走力と目標タイムに適したマラソントレーニングが利用できます。練習メニューをスマホでチェックして、淡々とこなすだけ。僕はこれでフルマラソンで「サブ3」を達成しました!

この記事では、オンラインで利用できるマラソントレーニングを3つ紹介します。

プロ監修のマラソントレーニング

オンライン英会話ってありますよね。スカイプなどを通じて、場所を選ばず気軽に英会話レッスンを受けられるサービスです。

実はマラソンにも、それと似たようなサービスがあることをご存知ですか?スマートフォンさえあれば、いつでもどこでも、プロが監修したマラソントレーニングを利用できるサービスです。

簡単なプロフィールを入力するだけで、自分の今の走力や次のレースの目標タイムに基づき、自分にぴったりの練習メニューを提案してくれます以下は、一例ですが、いつ、どんな練習をすべきか、具体的に教えてくれます。

実際に行った練習は、ランニングウォッチで記録したデータを自動的に連携することも可能です。

僕がこれまでに利用したマラソントレーニングは以下の3つです。言語は英語のみ対応。

Strava Training Plan RUNtrix Virtual Trainer running.COACH
目標 5km、10km、ハーフ、フル ハーフ、フル 自由
監修 McMillan Running New York Road Runnersのコーチ陣 ポーラ・ラドクリフ、フランク・ショーター等
連携 1ヶ月/208円〜※Strava Summitの登録が必要 10週間/29.99米ドル〜 3ヶ月/10ユーロ〜
料金 Strava Strava Garmin、Suunto、Strava、Polar、Tomtom、fitbit、runkeeper
URL strava.com virtualtrainer.nyrr.org runningcoach.me

いずれもフルマラソンに向けて12週間以上の練習メニューを実践し、僕の場合は自己ベストを更新することができました。その意味で、個人的にはこれらのマラソントレーニングは効果が合ったと思います。

次に、それぞれの特徴を紹介します。

Strava Training Plan

Strava Training Planは、アスリートのためのソーシャルサービスとして人気のStrava(ストラバ)の有料サービス。日本語版は正式にリリースされていませんが、日本からでも英語版は利用できます。

練習メニューは、「5kmのタイムトライアルのペースで1分間走り、それを10回繰り返す」という具合に、練習の負荷は相対的な指標を使っています。毎日の練習内容をメールで送ることも可能です。

RUNtrix Virtual Trainer

RUNtrix Virtual Trainerは、米Runtrix社が提供するサービスで、「ニューヨークシティマラソン」の公式マラソントレーニングにも採用されています。

練習メニューは、「4’50/km〜5’00/kmのペースで10km」という感じで、具体的な距離とペースを教えてくれます。

また、練習の進捗によって、練習メニューや目標ペースが自動的に更新されるのが特徴です。毎日の練習内容をメールで送ることも可能です。

running.COACH

running.COACHは、マラソン女子の世界記録保持者であったポーラ・ラドクリフが監修しているマラソントレーニングです。

こちらも練習メニューは、「4’50/km〜5’00/kmのペースで10km」という内容で、具体的な距離とペースを教えてくれます。

まとめ

以上、オンラインで利用できるマラソントレーニングを3つ紹介しました。

簡単なプロフィールを入力するだけで、自分の走力と目標タイムに適したマラソントレーニングが利用できます。練習メニューをスマホでチェックして、淡々とこなすだけ。僕はこれでフルマラソンで「サブ3」を達成しました!