僕のマラソン練習法は「脱自己流」

プロフィール

30歳で走った初フルマラソンは「サブ4」だった。以降、34歳で「サブ3.5」、36歳で「サブ3」を達成。最終目標の「サブ2.5」に向けて、試行錯誤を繰り返しながら進化し続ける僕のマラソン練習法を紹介する。

とも

基本的にはプロのマラソンコーチが考案した練習メニューを愚直にこなすスタイルですが、トレーニング理論の勉強は有益なので続けています。

購入ガイド

アドバンスト・マラソントレーニング」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

みんな自己流が大好き

ランニングが他のスポーツと決定的に違うのは、走り方を教わらなくても誰でも走れるということ。

水泳なら泳ぎ方を、テニスならボールの打ち方を、バスケットならドリブルの仕方をまず最初に習うわけだが、ランニングにはそれがない。

ランニングのもうひとつの特徴として、距離や時間、心拍数など比較的少ない変数で数値化でき、体系化しやすい点が挙げられる。

巷に溢れているマラソン練習法は「心拍ゾーンは○○で○○kmを○分間走る」みたいなものが多く、素人でも簡単に再現することができる。

言い方を変えれば、ランニングは自己流でもある程度までは簡単に上達できる余地がある。

そして、自分で自己流で練習メニューを組み立てるのは、ランニングのエキサイティングな部分でもある。

自己流の罠

一方で、自己流には限界がある。

冷静に考えると、運動生理学のど素人が作ったマラソン練習法なんて、テニスのど素人が考えたテニス強化プランと本質的には変わらない。

とはいえ、本人さえ満足していれば、上達する・しないに関わらず、好きなようにやればいいだけだ。

それよりも、自分のキャパシティを超えた負荷を与え続け、怪我や故障に悩まされることが恐ろしい。

レースに向けて気合を入れた練習メニューをこなしていたら故障してレースを欠場した、みたいな話はよく耳にする。

脱自己流のメリット

自己流を脱して、プロのコーチの指導を受けたり、自分の走力にあった練習メニューをこなし始めると、自分の視野が広がる。

新しい練習法を学んだり、自分が想像もしなかった方法で苦手意識が克服できたりする。

そして、不必要に追い込まなくなる反面、追い込みが必要な時にハッパをかけることもできる。

僕は2016年から、自己流の練習をやめて、プロのオンラインコーチが監修するマラソントレーニングを利用している。今のところ大きな故障もせずに、サブ3.5からサブ3へ順調にレベルアップできている。

さらに自己流の体幹・筋力トレーニングから脱するために、2021年からフィットネスクラブでパーソナルトレーナーに付いて指導を受けている。

キプチョゲが教えてくれたこと

ランニング雑誌などで紹介されている練習メニューも、プロのマラソンコーチが監修したものであれば参考になる。

ただし、練習メニューは忠実にこなすのが重要だ。調子が良いから無理をしたり、調子が悪いからサボったり、独断でカスタマイズしていくと、結局ここでも自己流の罠に陥っていく。

その結果、無理が故障につながったり、サボりがパフォーマンスの停滞につながったりする。

マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲは、専属コーチのパトリック・サングから与えられた練習メニューを忠実にこなすことで有名だ。少しでも妥協があると、サングはキプチョゲにすら練習のやり直しを命じる。

準備も練習のうち

練習メニューを忠実にこなすのは、簡単なようで難しい。

ハードな練習になるほど、事前の準備が練習の質を左右する。疲労ケアや睡眠時間の確保、適切なウォーターローディングやカーボローディング、さらには準備運動など。

例えば、長距離走をやる日は数時間前から計画的にカーボローディングしたり、残業とポイント練習が重なる日は前日に長めの睡眠時間を確保したり、できる範囲で工夫している。

そういった「準備」も含めての「練習」だと認識している。

練習法の変遷

と、まあ、偉そうに講釈を垂れているが、僕自身もベストなマラソン練習法を常に模索し続けているし、今もなお試行錯誤を続けている。

最後に、僕のこれまでの練習法の遷移を紹介しておく。

休日だけ走る(2012年〜15年)

この頃は、休日に週1〜2回のペースで走っていた。週間走行距離は0〜40km程度。まったく走らない週もあった。練習は完全に自己流。レースは年に1〜2回しか参加していなかったので、純粋に走ることを楽しんでいた記憶がある。

平日も週1〜2回走る(2016年)

転機が訪れたのは、2016年頃。この頃から2ヶ月に1回はレースに参加するようになり、もっと速く走りたいという欲が出てきた。

練習は休日に1〜2回、平日に1〜2回のペース。平日は帰宅してから、20時頃に走りに出かけていました。週間走行距離はコンスタントに30〜40km程度。まったく走らない週はなくなった。

通勤ランを活用(2017年〜18年)

この頃は、平日の練習内容を充実させるべく、通勤ランを活用するようになった。通勤途中のJR赤羽駅で下車して、自宅最寄駅のJR北浦和駅まで約13kmのコースを走るのを習慣にしていた。

休日は日曜日に20km以上の距離を走り込む。週間走行距離はコンスタントに40〜50km程度。

2018年からは、プロのマラソンコーチが監修した練習メニューにシフトし、自己流から脱却。走る回数は週3回に減ったが、1回あたりの走行距離や強度が高まっているのはこの影響が大きい。

練習にフルコミット(2019年〜)

帰宅ランは時間が効率的に使えて便利だが、練習に100%集中できないデメリットもあった。そこで、2019年からは通勤ランをやめて、平日はどんなに帰りが遅くなっても、帰宅してから走るようにした。

与えられた練習メニューを忠実にこなし、週平均4〜5回は走り、週間走行距離は50〜60kmまで伸びた。

また、2019年後半からは休日のポイント練習を日曜日から土曜日に変更。日曜日は軽いジョギングだけで済ませ、しっかり休養する日にした。すると日曜日は気楽に過ごせて、仕事が始まる月曜日に疲れを持ち越さずに済むメリットに気づいた。

走る以外のトレーニングも導入(2021年〜)

「サブ3」の先を目指すには、体幹や筋力を戦略的に鍛える必要がある。

今までは本や雑誌の筋トレを参考に自己流でトレーニングをしていたが、やはりこちらも限界を感じてプロのトレーナーに指導を受けることにした。

脚のそれぞれの筋肉の特徴と鍛え方、疲れにくい呼吸法、上半身の正しい使い方など、自己流では分かり得なかったことを日々学んでいる。

とも

基本的にはプロのマラソンコーチが考案した練習メニューを愚直にこなすスタイルですが、トレーニング理論の勉強は有益なので続けています。

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

アドバンスト・マラソントレーニング」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

簡単なプロフィールを入力するだけで、自分の走力と目標タイムに適したマラソントレーニングが利用できる。練習メニューをスマホでチェックして、淡々とこなすだけ。僕はこれでフルマラソンで「サブ3」を達成した。ここでは、オンラインで利用できる有料のマラソントレーニングサービスを3つ紹介する。

#プロフィール

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。