徹底解説|InBodyの測定結果:4ヶ月で体脂率が16.2%→15.9%に

診断

InBody(インボディ)の自分の体成分を分析してもらった結果、体水分がやや少なめで、上半身強度が弱いことが分かった。ランニングのパフォーマンス向上に活かしたい。

購入ガイド

アミノバリューBCAA 500ml」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

InBodyとは?

InBody(インボディ)は、株式会社インボディ・ジャパンが提供する体成分計測サービス。大型の体重計のような装置に乗るだけで、自分のカラダの体成分や骨格筋、脂肪の状態が測定できる。

他にも、筋肉と脂肪の割合や筋力バランスなど、運動時のパフォーマンスに関わる情報を数値化・可視化してくれる。

今回、パーソナルトレーニングで通っているフィットネスクラブで「InBody」を利用する機会があった。

まずは計測器の上に立ち、身長を手入力でインプットする。次に両手で電流を通すハンドルを握り、20秒ほど静止すると分析結果がプリントされる。計測結果がすぐに分かるのは有難い。

計測結果

今回は計測結果がA4の紙1枚にまとめてあった。各項目を詳しく見ていこう。

体成分、筋肉・脂肪

体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪はいずれも標準値以内だったが、相対的に見ると体水分が最も低い。

体重・骨格筋量・体脂肪量・体脂肪率はいずれも標準値内だったが、相対的に見ると骨格筋量が少なめ。

筋肉のバランス

ここからのデータは興味深い。まず、右腕・左腕の筋肉は標準の83〜85%しかなく、体幹は93%。上半身強度は「弱い」の判定。

一方で、右足・左足の筋肉は標準の103〜104%で、下半身強度は「標準」の判定。

適正体重

そしてここが最も重要なポイント。分析に結果に基づき、何をすべきかを教えてくれる。

まず、適正体重は63.6kg。今回の測定では60.1kgだったので、あと3.5kg増えるのが理想的。ただし脂肪量を-0.2kgを減らし、筋肉量を+3.7kg増やすべきとのこと。

課題は2つ

運動はランニングひと筋なので、下半身が強く、上半身が弱いという計測結果はハラオチする。結果を見ながらトレーナーと以下の2つの課題を確認した。

上半身の筋肉量を増やす

理想的な体に近づくためには、上半身の筋肉量を増やすことが最大の課題となる。

ランナーとしても上半身をうまく使えるようになると、より高いパフォーマンスでの走りができる。

その意味では、2021年10月から体幹を鍛えるパーソナルトレーニングに通い始めたのは正しい選択だったと、今回の分析結果を見て改めて感じた。

日常的に水分を摂る

あと気になったのは「体水分」がやや少なめなこと。1日にコーヒーや紅茶を4〜5杯飲んでいるが、それ以外の水分補給は特にない。

水や白湯は無味乾燥で苦手なので、代わりに「アミノバリューBCAA」を箱買いして飲み始めた。

4ヶ月後の経過観察

初回の測定から4ヶ月後に再び「InBody」で測定してもらった。すると、前回に比べて体脂肪が約200g減り、筋肉のバランスが下記のとおり改善していた。

  • 体脂肪:9.7kg → 9.5kg
  • 体脂率:16.2% → 15.9%
  • 骨格筋量:9.5kg → 9.5kg
  • 右腕:2.44kg → 2.44kg
  • 左腕:2.38kg → 2.45kg
  • 体幹:21.3kg → 21.5kg
  • 右脚:8.31kg → 8.41kg
  • 左脚:8.20kg → 8.33kg

体重に対して200gと聞くと少なく感じるが、スーパーの肉売り場で脂身200gを手に取るとその質量が実感できる。体脂肪が減ったにも関わらず、骨格筋量が減っていないのは良い傾向とのこと。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

アミノバリューBCAA 500ml」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#診断

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。