史上最強のマラソン練習法。ザトペックはなぜ 400mインターバル走を 100本も走れたのか?

史上最強のマラソン練習法。ザトペックはなぜ 400mインターバル走を 100本も走れたのか?|ともらん


作成| 更新

長距離陸上の”レジェンド” 21名との単独インタビュー取材を収録した、Michael Sandrock著『Running with the Legends』を読みました。20年以上前に出版された古い本ですが、ビル・ロジャーズやフランク・ショーター、瀬古利彦など、マラソン史に金字塔を打ち立てたレジェンドのランニング哲学やトレーニング方法を垣間見ることができる良書です。

レジェンドたちの中でも別格の扱いを受けているのが、東欧チェコ出身の陸上選手で「人間機関車」の異名を持つエミール・ザトペック(Emil Zátopek、1922-2000)。もともと靴工場の作業員だったザトペックは職場の運動会をきっかけに走り始め、当時はまだ画期的だった「インターバル走」を練習に取り入れて世界の頂点に上り詰めます。その練習メニューは、400m×100本のインターバル走を 2週間続けるという過酷なものでした。

400mインターバル走を100本って、想像すらできない世界ですよね…。それをやってのけたザトペックの精神力は「神レベル」としか言いようがありません。普通の人がそんな過酷なトレーニングを繰り返していたら絶対に故障しますよね。それでは、なぜザトペックは故障せずに続けられたのか?これはぼくがずっと疑問に感じていたことでしたが、その答えが『Running with the Legends』に書いてありました。

ザトペックの強さの秘密は、過酷なインターバル走というよりも、そのインターバル走を行う場所選びにありました。

ザトペック神話

ザトペックを語る上で欠かせないのが、1952年にフィンランドで開催されたヘルシンキ五輪。ザトペックは5000m、10000m、マラソンに出場し、長距離走三種目ですべて優勝するという前人未到の三冠を果たします。しかも 5000mと 10000mは五輪記録を樹立、10000mは1948年のロンドン五輪に続き2度目の金メダル。

マラソンは初出場にも関わらず世界記録を樹立。マラソン未経験のザトペックはレース中、当時の世界記録保持者だったジム・ピーターズに張り付いていくことにしますが、15km地点を過ぎたあたりで「異変」に気づきます。

ザトペック:ねえピーターズ、今のペース速すぎない?
ピータース:いいやザトペック、むしろ遅すぎるぐらいだよ。

ピーターズは英国人特有の皮肉を言ったつもりが、ザトペックは真に受けてしまい、そこから急にペースアップ。そのまま2位を2分半も引き離してゴールします。

余談ですが、ザトペックの奥さんも陸上選手でヘルシンキ五輪では槍投げで金メダルを獲得しています。当時は「金メダル夫婦」として注目を集めたそうです。

400m×100本のインターバル走

ザトペックは「インターバル走の父」と呼ばれることがありますが、厳密にはインターバル走の産み親ではありません。インターバル走は1920年代に当時のマラソン強国だったフィンランドで生まれ、ザトペックが尊敬していたマラソン選手バーボ・ヌルミの練習方法からヒントを得たと言われています。

ザトペックは 3000mの選手だった頃から100mの全力疾走とジョギングを繰り返すインターバル走に取り組んでいました。今でこそインターバル走はスピード持久走の向上に欠かせませんが、当時はまだトレーニング方法として確立していません。ザトペックは当時チームメイトに「お前は短距離選手になるつもりか?」とツッコまれますが、「100mを 30回走れば 3kmになるよね」と返したといいます(本書より拙訳)。

ザトペックが確立した史上最強の練習メニューは、400m×100本のインターバル走を 2週間続けるというもの。

ぼくは毎日400mを100本走った。間に150mの休憩を挟んでね。午前中に50本走り、午後に50本。これを毎日、2週間続けるんだ。それは大変だったよ(本書より拙訳)

ザトペックが行った超人的なインターバル走は、ヘルシンキ五輪での偉業とともに、今でもザトペック伝説として語り継がれています。ザトペックによってインターバル走は世に広まり、長距離走のトレーニング方法として地位を確立します。

故障しない仕組みづくり

ザトペック伝説では「400m×100本」という数字だけが一人歩きしていますが、なぜこんな過酷なトレーニングを行っても故障しないのか、ぼくはずっと疑問に感じていました。

一流のアスリートであれば 1日に400m×100本は走れなくはないでしょう。でも、それを毎日、2週間も続けるのは至難の技です。続けられたとしても、身体がボロボロになるはず。

ザトペックもそれを危惧していました。だからこそ彼はインターバル走を行う「場所」を慎重に選びました。

ぼくは毎日400mを100本走ったよ。400mを森の中でね。(本書より拙訳)

森の中なら地面がフカフカして柔らかく、脚への負担も大幅に軽減できますね。

もともとザトペックは走る場所に人一倍慎重だったようです。ヘルシンキ五輪で初めてマラソンを走った時も、一番の心配事はライバルのジム・ピータースや 42.195kmの距離ではなく、ロードを走ることによる脚への負担でした。それまでは陸上トラックでしか走っていませんからね。

つまりザトペックの強さの秘密は、過酷なインターバル走というよりも、過酷なインターバル走を故障せずに続けられる工夫(=場所選び)だったと言えます。これで長年の疑問が解けました!

ワンポイントアドバイス

Michael Sandrock著『Running with the Legends』の日本語訳は出ていないようです。20年前に書かれた本ですが、長距離陸上の”レジェンド”からインスピレーションを得られる古くて新しい1冊です。

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。