tomo.run

Nathan 保温性能付き「ソフトフラスク」レビュー:使えない

Nathan 保温性能付き「ソフトフラスク」レビュー:使えない

NATHANのランニングリュックに適合する「インサレーテッド ソフトフラスク」を購入したので紹介します。

ソフトフラスクなのに保温性能があり「冷たさが長持ちする」のがウリですが、実際に効果を実感できるのは最初の30分くらい。

「これで真夏でも冷たいドリンクが飲める!」と期待して購入すると(自分のように)ガッカリすること間違いなし。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

NATHAN(ネイサン)とは?

NATHAN(ネイサン)は、アメリカ生まれのランニングエッセンシャルブランドです。

主にランニング向けのハイドレーションやLEDライド、リュックやポーチなど展開しています。

アメリカでは圧倒的なブランド認知がありますが、日本では無名と言って良いでしょう。

今回「インサレーテッド ソフトフラスク」を購入した理由は、ランニングリュック「トレイルミックス 12L JP」のハイドレーションに必要だったから。

NATHAN純正のソフトフラスクじゃないとフィットしないんですよね…。

ソフトフラスク

ソフトフラスクは、その名の通り柔らかい(soft)容器(flask)です。

コンパクトに折りたためるだけでなく、飲んだ分だけ容器が圧縮されるため、ランニング時に液体がジャバジャバしません。

昔からSALOMON(サロモン)のソフトフラスクを愛用してきましたが、最近はHYDRAPAK(ハイドラパック)の使用頻度が多くなりました。

以下の写真は、左からSALOMON(500ml)、NATHAN(532ml)、HYDRAPAK(600ml)です。

実はSALOMONもNATHANもソフトフラスクはHYDRAPAK社の技術を使っているので、基本的な使い勝手や性能に大差ありません。

冷たさが長持ちする

NATHANの「インサレーテッド ソフトフラスク」の特徴は以下のとおり。

  • 容量は532ml
  • 型崩れ防止用のスパイン入り
  • 冷たさが38%長持ちするインサレーテッド仕様
  • 最大対応温度60℃
  • 定価は5,170円

最大の特徴は、ソフトフラスクに保温性能を持たせていること。

冷たい飲み物を入れた場合、冷たさが約4割長持ちするそうです。60℃までの温かい飲み物にも対応しています。

デザインとスペック

それでは「インサレーテッド ソフトフラスク」を詳しく見ていきましょう。

表面。NATHANのロゴがデカデカと入っています。

背面。内側に薄いスパイン(支柱)が入っており、型崩れするのを防ぎます。ランニングリュックのボトルポケットに入れる際には便利です。

一方で、通常ソフトフラスクは折りたためるのですが、スパイン入りだと曲げられません。

開口部は大きいため、蛇口やペットボトルからドリンクを補充するのに便利です。氷を入れることもできます。

飲み口は定番のバイトバルブ。未使用時は通水せず、哺乳瓶のように優しくわえて吸引すると中のドリンクが飲めます。

ソフトフラスクはHYDRAPAK社製なので、HYDRAPAKの製品と互換性があります。こちらのHYDRAPAKの吸引ノズルも、そもまま「インサレーテッド ソフトフラスク」で使い回しできました。

使ってみた感想

ここからは実際に「インサレーテッド ソフトフラスク」を使ってみた感想をまとめます。

冷たさは長持ちするけど…

肝心の保温性能はあまり期待しすぎない方が良いでしょう。

冷たいドリンクを入れて気温30℃の環境で使用した場合「ひんやりして冷たいな」と感じるのはせいぜい30分まで。60分後には常温に戻ります。

実際に、12.8℃に冷やした水を「インサレーテッド ソフトフラスク」に入れてランニングに出かけました。

1時間後には26℃に戻っていました。

NATHAN専用

当たり前ですが、NATHANの製品との相性は抜群です。

今回もわざわざ「トレイルミックス 12L JP」で使用するために購入しましたが、ボトルポケットにぴたりと収まりました。

SALOMONとの相性は良くない

ただし、自分のようにSALOMONの製品を愛用している者にとっては互換性が乏しく、すでに持っているギアを生かしきれません。

以下はSALOMONの「SENSE PRO BELT」に「インサレーテッド ソフトフラスク」を入れた状態。無理やり入らなくないですが、出し入れしづらいです。

未使用時は結構かさばる

保温力を高めるために容器に厚みがあります。また型崩れ防止用のスパインが入っているため、コンパクトに折りたたむことができません。

おまけ

保温性能は期待はずれ。さらにコンパクトに折りたためない。にも関わらず、価格は通常のソフトフラスクの約2倍。

わざわざ高いお金を払って「インサレーテッド ソフトフラスク」を選ぶ理由が見当たりません…。

NATHANのブランドの縛りがあるなら、スパイン不使用のシンプルなソフトフラスクを選ぶのが良いでしょう。

Nathan 保温性能付き「ソフトフラスク」レビュー:使えない

この記事で紹介した「NATHAN インサレーテッド ソフトフラスク」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

関連記事

ランニングで給水ボトルを持ち運ぶと、キャップの開け閉めが面倒だし、中身がジャバジャバするし…とお悩みの方は、ぜひSalomonのソフトフラスクを試してみてください。ショートランやジェル用に使える150mlタイプから、ランニングリュック・ベスト用の500mlタイプまで、用途に応じて

マラソン大会の遠征先でモルテンドリンクを調合できる給水ボトルが欲しい…。 そんなニッチな要望を叶えるべく、ハイドラパックの「ウルトラフラスクスピード」の600mlタイプを購入したので紹介します。 実際に使ってみると、サロモンのソフトフラスクよりも使い勝手が良い部分もあり、大変

今回紹介するのはネイサンの「トレイルミックス12L JP」というランニングバッグです。13インチノートパソコンやA4書類がスマートに収納でき、通勤ランで使うリュックとして購入したのですが、旅ランやトレランでも同じくらい快適に使えます。片道13kmの通勤ランや3泊4日の旅ランで使用