読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ソフトフラスク (2020)レビュー:携帯しやすい給水ボトル

▶︎ #ランニング補給#Salomon#給水

暑い夏のランニングを快適に楽しむために、サロモンの「ソフトフラスク 150ml」を購入した。ソフトフラスクは、柔らかくて折りたたみ可能な給水ボトル。飲んだ分だけ容量が圧縮されるので、ランニング中でも水がジャバジャバしない。

サロモン ソフトフラスク 150ml

サロモンのソフトフラスク・シリーズはランニングやトレッキングのお供に便利。容量は、150mlモデル250mlモデル500mlモデルから選べる。

この記事の目次

携帯しやすい給水ボトル

今回紹介するサロモンの「ソフトフラスク 150ml」の主な特徴は以下のとおり。

  • 柔らかくて耐久性に優れた素材を使用
  • コンパクトに折りたたみ可能
  • 開閉不要で簡単に飲める
  • 容量は150ml、目盛り付き
  • 水だけでなく、ジェルにも使える

最大の特徴は、ランニングに携帯のしやすいこと。

まず、通常の給水ボトルやペットボトルに比べて胴長なので、片手でしっかり握ることができる。手持ちはもちろん、ランニングポーチに入れたり、ランニングパンツのポケットに差し込んだりすることも可能。

次に、ソフトフラスクの中に空気が入らない設計なので、飲んだ分だけ容器が圧縮されてランニング中でも水がジャバジャバしない。

そして、素材が柔らかいので、使わない時は丸めてコンパクトに折りたためる。特に飲み終えた後に邪魔にならないのが良い。

それでは、「ソフトフラスク 150ml」を詳しく紹介していきます。

旧モデルと違い

2020年春に、サロモンのソフトフラスクのシリーズがリニューアルしている。ソフトフラスクが持ちやすい形状にアップデートされ、飲み口のバルブも改良された。

以下は、今回購入した新作モデルの150mlタイプ(左)と旧モデルの250mlタイプ(右)の比較。

旧モデルのソフトフラスクは一直線になっているのに対し、新作モデルは手のひらに馴染む形をしている。

バルブも大きくリニューアルされましたが、飲み心地や性能に大きな差は感じられなかった。

ソフトフラスクの口は同じ大きさです。お互いのバルブを交換しても使えた。

2020年モデルは3サイズ

2020年にリニューアルしたモデルは、以下の3つのサイズがある。

ここからは、今回購入した「ソフトフラスク 150ml」を詳しく見ていく。基本的なスペックは3サイズとも同じで容量が異なる。

ブルーのソフトフラスクは、名前の通りソフトな(柔らかい)素材が使われており、空の状態だとペラペラ。正面にはサロモンのロゴが入っている。

裏面には、10ml/50ml/100ml/150ml刻みの目盛りが付いている。内容量を正確に測りたい時に便利だ。

バルブと呼ばれる飲み口はビニールで包まれているので、使用前に開封する。これが結構固くて、ハサミで千切るようにこじ開けた。その際にバルブ本体を傷つけないように注意が必要。

こちらがバルブです。口にくわえて、軽く噛みながら吸い込むと、中身が飲める仕組み。

バルブは着脱可能。ソフトフラスクの口は親指がすっぽり入る大きさ。

蛇口から水を入れたり、ペットボトルから移し替えたりするのに便利。でも、冷凍庫で作った氷は大きすぎて入らなかった。

重さは、実測値で23g。

サロモン ソフトフラスクの評価

ここからは実際に「ソフトフラスク 150ml」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

手のひらにぴたりとフィットする

水で満タンなった状態です。大きすぎず、小さすぎず、手で握るのにちょうど良い大きさ。事前に冷蔵庫で冷やしておくと、手のひらが冷えるので、暑い夏はちょっとした熱中症予防にもなる。

飲んだ分だけ圧縮される

ソフトフラスクの良いところは、水分消費に合わせ容量が圧縮されること基本的に空気が入らないので、ランニング中に水がジャバジャバせず、飲めば飲むほどコンパクトになる。

飲み終わったら、クシャクシャっと丸めて手で握ったり、ポケットに丸め込んだりすることができる。

手ぶらでもOK

150mlタイプはスリムでコンパクトなので、ランニングパンツのポケットにも収納できる。これ1本で夏なら30分、秋〜春なら1時間は持つ。

ジェルにも使える

ソフトフラスク 150ml」は真水やソフトドリンクだけでなく、エナジージェルの容器としても使える。例えば「ピットイン エナジージェル」なら2本分、「マグオン エナジージェル」なら3袋分をまとめて収納でき、都度袋を開封する手間が省ける。

使ったら水で洗う

ソフトフラスクは持ち運びが便利な反面、清潔な状態で使い続けるために、洗い方に工夫が必要だ。

まず、使い終わったらすぐに水洗いすることをおすすめする。

ソフトフラスクを真水で満タンにしてバルブを装着し、バルブを指で軽く押しながら水を全部出し切る。これでバルブの内部の汚れを洗い落とせる。

ソフトフラスクの中は、水で何度かジャバジャバしてきれいにする。

そして肝心なのが乾燥のしかたです。ソフトフラスクは濡れた状態だと内側がくっついてしまう。風を受ける鯉のぼりのように、ソフトフラスクを少し膨らました状態で乾燥させるのがコツ。

定期的に分解して洗浄すべし

なお、長期間使い続けると、バルブやソフトフラスクの内側に黒カビが発生する。そうなる前に、定期的に洗浄することをおすすめする。少し手間だが、バルブは分解して細部まで洗浄できる。

この記事で紹介したモノ

サロモン ソフトフラスク 150ml

サロモンのソフトフラスク・シリーズはランニングやトレッキングのお供に便利。容量は、150mlモデル250mlモデル500mlモデルから選べる。

関連記事

Nathan Quickshot Plusレビュー:片手に装着できるハンドボトル

ソフトフラスクの洗い方と乾かし方:見えない黒カビに要注意!

OUTLINE HZ MIDレビュー:サロモンの暖か軽量ミッドレイヤー

SENSE PRO 5レビュー:サロモンの羽織る5Lバックパック

XA Sun Shieldレビュー:サロモンの後付けネックシェード

XA 7 inch SHORTレビュー:サロモンの収納力抜群のハーフパンツ

DISCOVERY FZレビュー:裏起毛で真冬でも暖かいウェア

AGILE 2レビュー:サブ3にも使える快適バックパック

#Salomon#給水

ピックアップ

モルテン Drink Mix 320 レビュー:キプチョゲ御用達のスポーツドリンク

瀬戸内しまなみ海道の走り方:全長80km、今治〜尾道の旅ラン全記録

グンゼ ウエストウォーマー レビュー:冬ランに必須のランニング腹巻

東急スポーツオアシス リセットポール レビュー:絶妙な弾力性

【2022年最新】ランニング日誌:ランナーズ・クリールの付録を徹底比較

2021年に買ったランニングシューズ10足:おすすめは「METASPEED SKY」

最新記事

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画