Nathan Quickshot Plusレビュー:片手に装着できるハンドボトル

Nathan(ネイサン)はアメリカを代表するランニングギアのブランド。Quickshot Plus(クイックショットプラス)は手のひらにぴたりとフィットする300mlの給水用ハンドボトル。片手に装着できて、鍵や小銭、クレジットカードなどの小物が入る収納ケース付き。

ネイサン クイックショットプラス

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

片手に装着できるハンドボトル

ランニング中に給水したいけれど、ボトルをウエストポーチに入れて持ち運ぶのが面倒くさい。そんな方におすすめなのが、手にボトルを装着できるハンドボトル。

ハンドボトル(Hand Bottle)とは、言葉どおり、手(Hand)に持って運ぶボトル(Bottle)のこと。極論を言えば、ペットボトルも一種のハンドボトル。ぼくも旅先ではペットボトルを持って走るが、難点は持ちにくいこと。

ペットボトルよりも持ちやすい給水ボトルを使っていた時期もあった。ちょうど手のひらに収まり、飲みやすいのが特徴。でもギュッと握りしめていないと落としてしまう。

持ちにくい、落としやすい、という問題を同時に解決してくれたのが、今回紹介するネイサンの「クイックショット プラス」だ。主な特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、ハンドボトルを収納するバンドが付いており、手のひらに装着できること。なので、ハンドボトルを握る必要はなく、落とす心配もない。

日本だとネイサン(Nathan)はあまり馴染みのないブランドだが、アメリカでは言わずと知れたランニングギアのメーカー。ハイドレーション(水分補給)を得意とし、バックパックやハンドボトルが人気がある。日本語の公式サイトもある。

小物が入る収納ケース付き

それではネイサンの「クイックショット プラス」を詳しく見ていこう。

ハンドボトルの容量は300ml。紙コップ2〜3杯ぐらいなので、1時間〜1時間半のランニングならこれ一本でも足りる。

ハンドボトルはそのまま手持ちしても良いが、付属のハンドベルトに収納すると、手のひらに装着できる。ギュッと握らなくてもしっかりと固定されたまま。

キャップには特殊なフィルターが搭載されており、ボトルに圧力を与えた時だけ中身が出る構造になっている。キャップを開け閉めせずに、吸引するだけで飲めるので便利だ。

ハンドベルトにはジッパー式収納ケースが付いており、家の鍵や小銭などの小物入れとして使える。高さはクレジットカードがギリギリ収まるサイズ。

内側にはポケットもある。

底の部分は伸縮するので、収納ケースよりもサイズが大きいものも無理すれば入らなくもない。

Quickshot Plusの評価

ここからは実際にネイサンの「クイックショット プラス」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

飲みやすい

吸引式のキャップは、大きすぎず、小さすぎないサイズ。キャップの開け閉めも必要ないので、走りながらでも飲みやすい。

30〜60分のランニングにちょうど良い

容量が300mlあるので、夏場でも1時間くらいのランニングまでならこれ1本で水分補給が賄える。

洗いやすい

構造がシンプルなので使った後に水洗いがしやすいし、カビが生えにくい。この点はサロモンの「ソフトフラスク」よりも扱いやすい。

片腕が疲れる

片手で300g相当の水を持って走るわけなので、30分ぐらいすると片腕が疲れる。それに長時間同じ手に装着しているとバランスが良くない気がする。なので僕は15分おきに左右で交代するように工夫している。あるいは、2個買って両手に着用する方法も考えられる。

大きめのポケットにも入る

ハンドボトルは使い勝手が良いので、パンツのポケットに入れて走るという選択肢もある。

ネイサン クイックショットプラス