どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

ランニング中に給水したいけれど、ボトルをウエストポーチに入れて持ち運ぶのが面倒くさい。そんな方におすすめなのが、ボトルを「手」に装着できるハンドボトル。米国人気ブランドネイサンの「クイックショットプラス」を使ってみました。

毎年5月に入ると気温が急激に高くなり「そろそろランニング中に給水しないとマズイよな」と感じます。暑いだと30分走るだけでも、頭が朦朧としますからね。ちゃんと水分補給をしないと、熱中症のリスクが高まります。

ぼくは1時間半以上走る場合、水飲み場のあるコースを選んだり、SALOMON Skin Pro 10(ハイドレーションパック付)やウエストポーチ(ボトル付)の給水セット持っていったりします。

問題は、30分〜1時間半のランニング。給水セットを持ち運ぶほどでもないけど、ランニング中に給水しないと厳しい。そこで目をつけたのが「ハンドボトル」というソリューションです。

ハンドボトル

ハンドボトル(Hand Bottle)とは、言葉どおり、手(Hand)に持って運ぶボトル(Bottle)のこと。

極論を言えば、ペットボトルも一種のハンドボトル。ぼくも旅先ではペットボトルを持って走ります。でも、ペットボトルは持ちにくく、飲みにくい。

ペットボトルよりも持ちやすい、専用ボトルを使っていた時期もありました。ちょうど手のひらに収まり、飲みやすいのが特徴。でも、ちゃんと握ってないと落としてしまいます。

そして、その進化型がこちら。

NATHAN(ネイサン)ハイドレーションハンドボトル クイックショットプラス

ハンドボトルが手に装着できるので、落とす心配も無くなります!

アメリカで人気のブランド「ネイサン」

「ネイサン」と聞いてもピンとこないかもしれませんが、アメリカでは有名なランニングギアのメーカー。特にハイドレーション(水分補給)関連のプロダクトが人気です。

日本語の公式サイトはこちら

クイックショットプラスの特徴

クイックショットプラスの特徴は大きく3つあります。

1)手にぴったりフィットする

商品画像だけだと想像しにくいのですが、実際に装着してみると案外ぴたっりフィットしました。なのでランニング中もボトルが揺れません。

このように手でギュッと握らなくても大丈夫!

2)そのまま飲めるボトルキャップ

ここがぼくのお気に入りポイント!キャップには特殊なフィルターが施されていて、ボトルに圧力を与えた時だけ中身が出る仕組みになっています。なのでキャップを開け閉めする動作が省けます。

2)小物入れが便利

これもぼくが「クイックショットプラス」を選んだ理由のひとつ。家の鍵や現金、社員証(通勤ランのみ)を入れるのにちょうど良い!と思いました。

サイズは思っていたよりも小さかったです。高さはクレジットカードがちょうど入るくらい。

小物入れには大きめのジッパーが付いていて、出し入れしやすい。内側にはポケットもあります。

鍵や小銭を入れるのにぴったり。

底の部分は伸縮します。ワンサイズ大きなものでも入ります。

クイックショットプラスの仕様

  • ボトルキャップ(飲み口):レースキャップ
  • ジッパー付き大き目ポケット採用
  • サムホール(親指用ホール)で手は常にリラックス
  • 調整可能なストラップでフィット感アップ
  • 軽量で抜群の通気性を持つハンドストラップ

給水ボトルの容量は300ml。紙コップ2〜3杯ぐらいなので、1時間〜1時間半のランニングなら、これ一本でも足りそうです。

給水ボトルは簡単に着脱できます。使った後はきれいに洗いたいですからね。

このタイプのハンドボトルは、種類が多くありません。個人的に物欲をそそられたのは、Nathan以外だとSALOMON S-LAB SENSE HYDRO SETぐらい。最終的に「小物入れ」が決め手で Nathanにしました。

イマイチなところ

まだそれほど使い倒せていませんが、ファーストインプレションで気づいた点を挙げておきます。

1)プラスチック臭

これは給水ボトル自体の問題ですが、買ってすぐに使うとプラスチック特有の臭いがします。スポーツドリンクだと気になりませんが、真水だと臭いがそのまま移って飲めたもんじゃありません。

初めて使う前には、数時間水に浸けておきましょう。これでプラスチック臭がスッキリなくなります。

2)片腕が疲れる

これも給水ボトル自体の特性ですが、片手で300g相当の水を持って走るわけなので、30分ぐらいすると疲れます。それに、身体のバランス的にも良くない気がします。

なので、ぼくは30分おきに左右で交代するようにしています。あるいは、2個買って両手に着用する方法もありますね。

さいごに、余談ですが

これからの季節、給水なしのランニングはキツい、というか危険です。

今年の夏は Nathanの出番が多くなりそう!

NATHAN(ネイサン)ハイドレーションハンドボトル クイックショットプラス

この記事を読んで走りたくなったら

水分補給の新しいカタチ。NATHAN(ネイサン) クイックショットプラス レビュー」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!